読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

PC&WEB Feed

2014年12月23日 (火)

隠れた使用容量

使用しているノートPCの容量(Cドライブ)がいつのまにか残り30GB弱(全体で280GB)と少なくなっているのに対し、微妙に計算が合わなすぎるので、とりあえず各フォルダごとにどれくらい使用しているかを「FileSum」というツールで調べてみた。

これはどのフォルダがどれくらい容量を使っているかを調査し、簡単な棒グラフで表示してくれる。

またドライブを選択すると、さらに子ドライブ、さらに孫ドライブなどなどと表示してくれるので、どれくらい使用しているか調査するには良い。

それで見てみると、Cドライブで使用しているのが180GB程度であり、約100GBのギャップがあることが判明した。

180GBならばそんなものかと思える量なので、残りの100GBは何に使っているかは、少なくともこのツールではわからない。

そこで調べてみると、ひとつは「システムの復元」用のデータであることがわかった。

システムの復元ポイントはWindows Updateやあるプログラムのインストールなどの際に作られており、何かしらのアップデートして不具合が発生した場合に復元ポイントを使用することでその状態に戻せるという便利なものです。

Photo_2

このデータにどれくらい使用されているかを調べるには

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→システムの保護→構成

と選択すると、左図のように現在の使用容量と最大使用量が表示される。

現在の使用量、83.73GBとか使いすぎだろう。

ということで、そんなに復元ポイントを使用することもないので、最大使用量を変更することにした。

だいたい1回あたり、各ディスク領域の3~5%程度使用される可能性があるらしい。

最大まで行ったら古いやつが消される仕組みです。

2,3回分あれば十分かなと思うので、とりあえず15%(42GB)にする。

そうすると古いやつが消されて、とりあえず40GBの空き容量を手にすることができた。

デフォルト設定からいじってないので、最大使用量のデフォルト設定は50%と非常にでかい。

なので、空き容量が欲しくなったら、復元ポイントの使用量を変更してみるのも一策だと思う。

<追記>

上記の方法だと、再起動後はまた元の50%の状態に戻る。

固定したければ、復元ポイント最大使用量の変更方法を参照。

2014年4月20日 (日)

CCNP認定証

Ccnp_1_2

先月末に取得したCCNPの認定証が届いた。

これの前の資格であるCCNAを取得したときは、カード型の合格証明書だった。

CCNA合格証明書

それに対して、今回のものは左の画像のような紙ケースの中にカードではなく、ちょっと固い紙(賞状と同じくらいか)での証明書となっている。

中身は下の画像のようになっており、認定された日と有効期限が書かれている。

有効期限は3年。

取得するのに必要な金額(受験料)は21,420円×3 = 64,260円なので、結構お高い。

私はそのうち1つ(21,420円)は自腹で、残り2つは会社に請求したのでもらえるはず。

これを入手していいことは、社内で技術力が認められることと転職する際に使えるぐらい。

ただ、このCCNPまでは比較的簡単に取れるので、有利ではあるけどそれほどでもない。

Ccnp_2_2

しかし、この上のCCIEとかになると転職する際でも引く手あまただし、アメリカとかだと年収1000万円とか1500万円は普通らしい。

うちの会社でも給料があがる。

但し、難易度が超難しい(英語しかない)し、受験料も十何万とかする。

ちなみに世界でも2万人くらいしかいない。

まあ、とりあえず最低限の資格はGETした。

2013年12月23日 (月)

HPノートパソコン

ノートPCがOSから起動しなかったこともあったので、新しいPCをネットで購入。

HPのProBook 4540sとかいうやつで、スペックは前のノートPCと同じくらい。

ただし、Windows7 Professionalで、CPUがi5-3210Mでちょっとグレードアップ。

やはり前のに比べると、断然に軽い。

やはりHDDが結構やられていたのだろうなと思う。

設定を入れ替えるのは面倒臭いですが、Windows転送ツールというものが標準で装備されていて、それを使えば簡単に転送できる。

ただし、クロスケーブルでつないでやれば別ですが、クロスケーブルはなかったので無線経由で転送した。

パソコンがautoMDI機能あればケーブル種別気にせずにできるのだが、基本的にパソコンはMDI固定だったはず(ルータとかスイッチはautoMDIなのが最近は多く、ケーブルの種類は気にしなくても良くなってきている)。

なんか20Gくらいを転送したり3,4時間かかった。

あとはWindows Updateとかで1時間くらいで、やはりセットアップは半日作業くらいになる。

続きを読む »

2013年12月21日 (土)

ノートPCが壊れそう

ほぼ4年前の2009年12月19日頃に購入したノートPC(Windows7)がなかなかやばい。

ハードディスクへのアクセス音がゴリゴリ鳴るし、今までサクサク動いていたアプリも結構重い。

さらによくブルー画面になったりするし、ウィルススキャンで放置してたらやはりいつのまにか変に落ちてたりする。

ハードディスクの状態を調べる「CrystalDiskInfo」を使ってみると、「注意」となっている。

警告でもないので、そこまで気にする状態でもないらしいが、なかなか壊れそうである。

ということで、新しくノートPCを買うことにした。

Windows8.1は要らないので、またWindows7にした。

だいたいスペックは同じくらいにしたが、前(というか今使ってるPC)は若干お金をケチったこともあり、CPUがショボすぎたので、それを少しましにした。

ネットで買ったので、明後日には届く。

2013年12月 8日 (日)

PDFファイルのタイトル変更

青空文庫をPDFに変換して、Sony Readerに入れて風呂に入りながら本を読んだりしてます。

ちなみにSony Readerは濡れないようにジップロックに入れてたりします。

しかし青空文庫をツールを使ってPDFに変換したりするとシリーズもので複数巻あるものはなぜか同じタイトル(ファイル名ではない)になっている。

例えば、吉川英治の三国志1~8をPDFにしたら、すべて「三国志」になっていた。

Readerに入れた場合、タイトルで表示されてしまうため、どれが何巻なのかがよくわからない。

大概は表紙のサムネイルで判断できるが、上記の三国志の場合、「三国志 ~の巻」と巻数ではないので、覚えてないとわからない。

なので、PDFのタイトルを変更すればよいのだが、Adobe Readerでは変更できない(PDFのプロパティで確認できる)。

そこで編集ツールとしてPDF Infomakerというものがある。

このツールを使うことで簡単に変更できます。

一応、Windows XPまで対応と書いてあるが、Windows7でも動きました。

2013年10月26日 (土)

PSvita

先々週くらいに発売された新型のPSvitaを購入しました。

というのもダンガンロンパの新作「絶対絶望少女」がPSvitaで出るからです。

またダンガンロンパ1はPSPでクリアしてましたが、スーパーダンガンロパ2を買うくらいならダンガンロンパ1,2reload買った方がいいやと思い買った次第です。

新型PSvitaは旧型PSvitaの有機ELに比べると、液晶なので若干画質は悪いらしい。

その代わり、旧型より若干安い。

PSPと比べると、十分画質はいいので問題ない。

またPSPよりか薄く、軽いというのもある。

ソフトはUMDではなく、SDカードみたいなものなのでパッケージ自体も小さい。

ただやりたいソフトはあんまり出ないんだろうなあと思う。

2013年9月15日 (日)

Ready Boost

Windows(Vista以降)にはReady Boostという機能があります。

これはフラッシュメモリ等を接続すれば、Ready Boostによりフラッシュメモリをハードディスクのキャッシュとして利用することができます。

キャッシュについて軽く説明しておくと、使用頻度の高いデータを毎回わざわざ低速であるハードディスクから呼び出すより、高速にアクセスできる記憶装置に蓄えておくことを言います。

例えるなら、あまり使わないようなものは机の引き出しの奥の方に置いといて、頻繁に使うものは机の上に置いとこうとするということです。

で、ハードディスクというのは遅い。

レコードのような円盤状で、トラックにデータが分割されており、読み取るのにその位置まで磁気ヘッドを動かす必要があるので、ちょっと時間がかかる。

さらにデータが分割されると、同じ場所にないのであっちにいったりこっちにいったりと、これまた時間がかかる。

だから、デフラグ等により、たまにデータをまとめた方が良い(Windows7以降は定期的にやってるみたいだが)。

それに対して、フラッシュメモリは半導体の回路を電気的に制御して記憶しているもので、ハードディスクよりはるかに早い。

ハードディスクより高価であるため、なかなか大容量かできなかったが、最近はSSDとして大容量化もなされている。

それはともかく、フラッシュメモリを利用することでOSの起動とかアプリケーションの読み込みとかが高速化することができ、パフォーマンスを向上させることができる。

なので、積んでるメモリが小さいPCにとっては救世主的な役割を果たせる。

で、実際にやってみたが・・・若干早くなったかな?と思えるぐらいの効果しかない。

というのも私の使っているPCのメモリは4Gあるからだw

ちなみに使用したUSBメモリの容量は16G(Ready Boostとして使用できるのは4Gまでだが)。

1Gとか2Gだとそこそこ効果があるんだろうけどなあ。

私のPCがしょぼいのはどちらかというとCPUだな(dual coreじゃないし)。

まあ、しょうがあるまい・・・

2013年9月 1日 (日)

PCが勝手に電源落ちる

本を読むなど一時的にPCを使わないとき、基本的にスタンバイ状態にしている。

が、最近スタンバイ状態にしておくと、たまに電源が落ちてる。

イベントログにも特に何も残ってないし、予期しないシャットダウンが発生としかない。

考えられることは、CPUの温度が上がりすぎて、自己防衛のため電源が落ちているのではないかと思う。

少なくともここ2週間程度は寝る時しかエアコンをつけていない。

普通に部屋の気温が36℃いってるし、CPUの温度も最高75℃近くいっている。

CPUの温度が上がっているということで、電気の消費が増えている。

おとなしくエアコンをつけて様子見るか・・・

2013年8月14日 (水)

Windows8

夏休みで珍しく盆に帰省しました。

帰省したら親父にパソコンが重くなったから、新しいのに買い換えたいとか言われた。

タブレットPCでいいんじゃねえのと言ったら、文字が小さくて見えんと言う。

ということで、近くのかエディオンでWindows8を購入してきた。

閉店(改装のため)セールでちょっと安くて、8万円弱で購入。

で、セットアップをした。

まず最初に無線LANにつなげるために、MACアドレスを調べようとコマンドプロンプトを探した。

というのも、一応無線LANルータにMACアドレスフィルタを設定しているので、ルータにMACアドレスを登録する必要がある。

が、コマンドプロンプトが見つからない。

今までのものと違って、デスクトップにスタートボタンはなく、プログラムからアクセサリとかを見れない。

ある意味、最初の画面がスタートメニューなので、当然といえば当然。

で、どこにあるかというとエクスプローラーを開いて、ファイルタブを開くとそこにコマンドプロンプトがある。

他のPCでググってやっとわかった。

その後、インターネットに接続することができて、そのままWindows Update。

ダウンロードで771Mもあり、時間がかかり、さらにインストールでやたらと時間がかかった。

その後、メールを設定しようとするとOutlookがないようなので、Thunderbirdを入れた。

それだけで結構時間かかった。

マニュアルもろくになかったので、PCに慣れていない人は初期設定もさることながら、使うのにも苦労しそうである。

とりあえず、私はWindows8を買うのはやめた(もともと買うつもりはないが)。

2013年6月15日 (土)

セキュリティソフト

セキュリティソフトとして長らくウイルスバスターを使っていたのですが、如何せん重いし高い。

ということもあって1,2年前から他のセキュリティソフトを使っている。

とりあえず導入したのが、MSE(Microsoft Security Essentaial)というマイクロソフトの無料のセキュリティソフト。

ウイリスバスターより若干マルウェア検出より悪いらしいが、ウイルスバスターに比べると軽いのでこっちの方が良い。

が、現在導入しているのはKingsoft Internet Securityという無料のセキュリティソフト。

無料なのにちゃんとウィルス定義体も更新される。

但し、広告が何時間か置きに表示されるのを我慢しなければならない。

ただ、フル画面でゲームしているときに割り込んでこないし、普通にネットサーフィンしてる時でも下から広告がうようよ~と出てきますが、そんなに気にならないので問題ない。

広告をなくすためには有料版(月額980円だっけかな?)にする必要がある。

これも軽いし、フルスキャンしたらMSEで引っかからなかったものが引っかかった。

フルスキャンもMSEだと6,7時間くらいかかってましたが、Kingsoftでは2時間半程度に短縮されました。

Photo何より一番いいのはこれのSystem Defender。

これはパソコンの最適化が簡単にできるツール。

不要なファイルやキャッシュの削除、不要なレジストリ項目のクリア、起動高速化等を実施することができる。

その結果、起動時間はおよそ半分になり、電力消費量も約半分くらいになった(エコに貢献!)

左の図は最近1ヶ月間のパソコンの電力消費量を示した図です。

矢印のところで最適化した結果、電力消費量が半分くらいになったことがわかると思います。

(若干PC使っている時間も短かったのもありますが)

ただ、このKingsoft Internet Securityはマルウェア等の検出率が結構悪いらしい(近年良くなってきたとも言う。昔はよっぽどひどかったのか)。

だからSystem Defenderでパソコンの最適化を実施した後、MSEにするとかしたらよりよいかもしれないが、とりあえずKIngsoftのままで行こうかと思います。