読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

発毛 Feed

2014年8月 3日 (日)

薄毛について

休日であろうと平日に起きる時間に目が覚めてしまい、基本的には2度寝もしないので、朝6時半には起きてます。

で、だいたい日曜日は7時から「健康カプセル ゲンキの時間」を見ている。

今日は「薄毛」についてやっていた。

だいたいは知っていることだったけど、知らなかったことについて記載する。

①昔からハゲは母方の祖父から隔世遺伝するということだが、最近の研究からも正しそうだということです。

まあ、両じいちゃんともハゲていた私には死角はない。

また兄弟でもハゲているのとハゲてないのがいるのはどうしてか?という質問に対しては、母方の祖父から遺伝されてなかったのだろうということでした。

②植毛について

ハゲになる原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンと頭皮にある男性ホルモンレセプター(以前の記載では5αリダクターゼ)が結合することで生成される。

このレセプターはヒゲや前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞という髪の毛の根っこというか一番太いところにある。

但し、後頭部の毛乳頭細胞にはない。

なので後頭部の毛をハゲている部分に移植するのが、植毛とのこと。

その毛にはレセプターがないので、この部分についてはもうハゲることはないので非常に良い。

但し、3000本で100万円とかするので、結構な高額である(どっかのサロンに行くよりかは安い)。

<追記>

知っていたことだけど、あまり意識していなかったことも記載。

③朝シャン

髪の毛は夜、寝ている時に成長するので、その土台づくりとして夜に頭を洗って整えたほうが良い。

むしろ朝シャンはダメージ食らって良くないとも聞く。

④ドライヤー

頭を洗った後は、タオルで頭に押さえつけるように水分を取り、その後ドライヤーで乾かす。

水分があるとバイキンが繁殖するので良くない。

なので、自然乾燥は良くない。

ドライヤーで80%くらい乾かした後だったら、問題ないとのこと。

⑤海藻

わかめとか海藻類は発毛に良いというが、それだけ食べれば良いわけではない。

必要な栄養素はタンパク質、ホウ素、ビタミンEやA。

その中でホウ素はワカメとかによく含まれるので、これは良い。

他に魚とかにも含まれるのだが、私は魚嫌いなので、海藻類は積極的に食べた方が良いかもしれない。

2014年3月22日 (土)

プロペシア

最近、以前ほど頭のことは気にしなくなった。

もうハーグ治療の方はやってないですが、プロペシアという薬は飲み続けている。

プロペシアはAGA治療の基本的な飲み薬。

何度か書いてますが、ハゲになる原因物質としてDHT(ジヒドロテストステロン)がある。

これは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつことで生成される。

この結びつくのを防ぐ成分が入っているのがプロペシアです。

なので積極的に増やすというより現状維持の効果のほうが大きいかもしれない。

まあ抜けるようが減る分、増えるということもある。

なので、これを飲まないと結合は防げないので、飲み続けなければならない。

保険適用外だからそこそこのお値段はするけど、某有名ドコロのサロンとかに行くよりかは圧倒的に安いので、こちらの方が良い。

1箱28錠(約1ヶ月弱分)で定価7500円。

私の通っていた病院では、ハーグ治療受けた人は1箱7000円で購入できる。

ちょうどなくなったので買いに行ったのだが、増税前だし多めに買っとくかということで1年分を購入。

病院の人が言うには、値上げするかどうかは検討中とのこと。

10%になる前に今のうちにいっぱい買っておきたいところではあるが、有効期限があるからそういうわけにもいかない(2年くらい?)。

増税前に他に何か買っておくものはあるだろうか・・・

2013年8月18日 (日)

HARG療法:5ヶ月目

最後にHARG療法をしてから5ヶ月ほど経ちました。

以前までは「髪の毛(特に左右の生え際当たりが)薄くなったなあ、は~」と溜息をつくこともしばしばありましたが、今ではそれほど気にならなくなった。

当然のごとく、普通よりかは少ないですが、密度的に大分ましになった。

といっても、前髪を下ろすほどはないので下ろせないですが。

友人から見ても、前ほど気にならない、もう普通に見えると言うので非常に嬉しい限りです。

最初から病院に行っとけば、良かったなあ・・・

後は保険さえきけば、頻繁に行きたいところですがねえ。

とりあえず、薄毛に悩んでいる人がいるならAGA治療している病院(整形外科かな)をお勧めします。

某サロンとかは高くて、効果も万人的には現れないと思われますので、お勧めしません。

2013年5月 2日 (木)

HARG療法結果

AGA治療としてHARG療法を最後に受けてからおよそ1ヶ月半経ちました。

個人的には前回書いたように、オールバックにすると(特に入浴時)地肌が結構見えてやばいと思っていたのが、大分うまっていて(結構普通に見える)良くなっていると感じている。

ボリュームという点では普通の人に比べると少ないが、それはしょうがない。

で、今回帰省したので、他人からの見てどうかを聞いてみた。

聞いてみたというよりかは、勝手に私の髪を触って、言っていただけだが。

やはり親から見ても髪の毛が増えていると見えるらしい。

生え際が濃くなっているとか(産毛だったのが黒くなっている)、頭頂部が大分埋まってきたとか。

かなり効果が出ていると思われる。

痛い分、効果があって良かった。

ビフォアアフターがあれば、わかりやすくてよかったのだが・・・

下手なヘアーサロンに行くよりかは値段的にも時間的にも良いので、もし髪の毛に悩んでいる人がいたら、ヘアーサロンより病院に行くことをお勧めする。

2013年3月17日 (日)

HARG療法

AGA治療で、HARG療法を計6回することを以前に書きました。

そして本日、最後の6回目をやってきた。

HARG療法はぶっちゃけて言うと、頭皮に注射して直接栄養を与えるというもの。

だから結構痛いし、多少血がにじみ出る。

最初の説明のときに痛みで耐えられなかった人はいないですよと言われたが、

今日は「痛みで倒れこむ人もいるんですよ、だから30分以上かかることもありますよ、ははは」とか言ってた。

ちなみに私のような普通?の人は5分もかからない程度で終わります。

というかあんな痛みと30分もやってられるか、早く終わってくれと思うのが普通だと思う。

それはともかくHARG療法1回目をやってからはや4ヶ月程度経ちますが、今で2,3回目の効果が出始めてるころだそうだ。

というより髪の毛伸びるのに時間かかるから、見た目への反映が遅いのかもしれない。

結果的には、見た目が滅茶苦茶変わってるかと言われると、そこまでは変わってない。

ただ以前までオールバックとか髪の毛を書き上げたりすると、生え際よりちょっと上で結構地肌が見えてヤベェと思っていたのが、今は普通に見えるのでその辺で効果があったのではないかと思われる。

頭頂部とかはどうかと思うが、見えないからなんとも言えない。

そもそもHARG療法とかはどちらかというとM字ハゲよりかは、頭頂部とかの薄毛の方に効きやすかったような気がする(だいぶ前にググったらそんな記事があったような)。

まあ注射自体、生え際からしかやんないからそれより下の部分が生えてくるかと言われた、そこまで効果はないよなと気はする。

ということでバイオテックよりかはよっぽど効果はあると思われる。

また4~6回目以降の効果はこれから出てくるはずなので、それを楽しみに(過剰には期待せず)したい。

これからのAGA治療としては当分はプロペシアを飲み続けること。

このHARG療法は4ヶ月か半年ぐらいに1回やるといいですよと言われたが、とりあえずはおいておく。

また気が向いたら行こうと思う。

2012年12月15日 (土)

AGA治療2回目

AGA治療に病院に行って来ました。

前回も書いたようにHARG療法は計6回します。

その2回目。

今回は前回と違って説明とかがなかったので、病院に行って数分後に治療しました。

前回と同じようにちょっとぶっといような注射で成長因子を注入。

前より痛い気がした。

注射と違って浅いのでチクッとするような鋭い痛みではなく、重く鈍い痛みで結構痛い。

我慢はできるけど、まじ痛い。

麻酔してくれというほどの痛みじゃないけど、やっぱり痛い。

痛い痛いと書きまくってますが、そこまでは痛くない。

確か前はシャーペンを手の甲に指しているような感じと書いたが、ボールペンを手の甲に指しているような感じで、もう少し奥のほうで痛みが感じるの方が近いかもしれない。

ちなみにこの治療をやって、夜に頭洗うときに触ってみると、頭がちょっと凸凹した感じになってる。

ちょっと腫れているんだろう。

前回は鈍い痛み?というか痺れみたいな感覚が1,2日残ったが、どうだろうか。

効果が出るのは数ヶ月後なので、まだまだ全然わからない。

あと、看護師(と思われる助手の人)には食生活と睡眠をしっかりとることで、相乗効果が生まれまーすと言われた。

効果が出ることを願うばかりである。

2012年11月24日 (土)

AGA治療に病院に行って来た

AGA治療に横浜中央クリニックに行って来た。

AGAはandrogenetic alopeciaの略で男性型脱毛症のこと。

ちなみに女性の場合はFAGA(Female AGA)というそうだが、まるっとAGAでいいっぽい。

ただ女性の場合は生え際が薄くなることはほとんどなく、頭頂部とかを中心全体的に毛髪が薄くなるそうだ。

横浜中央クリニックは、美容外科とか皮膚科とか整形外科とかいう分類の病院。

男性患者には男性医師、女性患者には女性医師が見るようだ。

WEBから予約して、行って来た。

ただ混んでいる事もあり結構待たされた。

そしてカウンセラーが来て、カウンセリング。

今までバイオテックに行ってたことを伝えると、あんまり効果なかったでしょうと一蹴。

バイオテックでは角栓をとったり、余分な皮脂をとったりするだけで、それだけだと効果は少ないという。

まずは以前にも書いたように5α-リダクターゼを抑えてはげ因子?ができないようにする必要がある。

それをする飲み薬としてプロペシア錠をまず飲むべきだということ。

これはあくまでも抑える薬であって、少し発毛に効果はあるが、どちらかと脱毛が進まないように維持する方に近い。

また、飲み続ける必要がある。

なので、発毛をするのに一番効果があるのは毛髪に直接栄養を補充すること。

それがHARG療法。

HARG療法では毛髪に成長因子を与える療法(成長因子は細胞間のシグナルの代わりをし、毛髪に栄養を呼び込んでくれる)。

なので、HARG療法で発毛させて、プロペシアで維持していくのが良いということ。

最初の3,4ヶ月で6回くらいHARG療法を一気にやって、あとは様子見でたまに栄養を与えるくらいでいいそうだ。

で、実際にHARG療法をやってみた。

何をやるかというと、注射みたいのを打ち込む。

注入する毛の箇所(名前は忘れた)は皮膚から深くないので、普通の注射針ほどは刺さない。

麻酔なしでやったので、ちょっと痛い。

普通の注射みたいにチクッとする痛みではなく、ちょっと鈍く重い感じがする。

ボールペンを手の甲に少し刺したような痛みだろうか・・・そんな感じです。

それを数十箇所やるが、ものの数分間程度。

2パターンあり、後の1パターンは冷やしながらやる。

どちらかという冷やされた感じの方がダメージ?が強い。

刺しているので、多少血が出るけどそれほどは出ない。

これだけ?という感じで、本当にこれで効果が出るのかどうかは不思議である。

効果が現れるのは数ヵ月後だそうだ。

後はおとなしくプロペシアを飲みながら待つばかり(後、5回HARG療法するが)。

ちなみにプロペシア錠は市販でも売っており、そっちの方が安いが、効果は微妙っぽいし、自己責任なので、危険だと思うので、気になる人はおとなしく病院に行きましょう。

2012年10月21日 (日)

バイオテックをやめてきた

今日でバイオテックをやめてきました。

なんだかんだで、4年近く行っていた。

結果的に短いのはちらほら生えてきているような気がしますが、全体的には進行していると思われる。

まあ、進行を遅らせたぐらいの成果だろうか(全くないとはいいたくない)。

遺伝、ストレス、過労、生活習慣がなかなか最悪なので、効果を出すのはそもそも難しいというのはあったかもしれない。

ちなみにやめた理由はお金がないから・・・。

寮でたから年間で100万近く出費がでかくなるのだから、続けるのは難しい(貯金あるからできなくはないが・・・)。

で、これを機会に次はAGA治療に病院(いわゆる美容外科)にでも行ってみようかなと思う。

基本的に病院の治療はプロペシアっていう飲み薬オンリーなので、月7千とかそれぐらい。

普通の感覚だったら高いと思うかもしれないが、今までに比べたらかわいいもの。

市販でも3千くらいで売っていたような気もするが、あてにならないらしい。

そのほかにもHARG治療とかいう確か頭に注射で何かを注入するような治療があったような気がする。

行ったら、また報告します。

2011年12月 1日 (木)

IGF-1

たまには髪の毛のことを書こう。

IGF-1(Insulin-like growth factor-1:インスリン様成長因子-1)という物質があります。

インスリン様というのは膵臓から分泌されるインスリンに構造が似ているため。

IGF-1は成長因子(体の成長、病気や怪我の治癒を促す物質)の一つで、血流増加作用を持つ。

このIGF-1により血流が増加し、細胞の成長が促進されるるため、毛髪の生育にも深く関わっている。

先天的にIGF-1を作れない病気があり、その病気を患っている患者さんは、髪の毛が細く折れやすく、また若年から薄毛になるらしいので、IGF-1が育毛に重要なのがわかる。

しかしIGF-1を成長ホルモン以外に増やす方法が今までなかった。

が、最近発見されたのが、知覚神経を刺激すると増えるということが血液学の研究からわかったそうです。

知覚神経を刺激するにはどうすればよいかというと辛いものを食べればよい(わさびとかのあのつんとする感じ)。

あんまり書くと著作権を侵害しそうなので書きませんが、最後にIGF-1の効能を列記します。

・血管拡張・糖代謝改善・高脂血症改善

・ナチュラルキラー細胞の活性化

・海馬神経の機能改善、再生

・皮膚血流増加、コラーゲン増加など

・性ホルモンの分泌増加

・毛母細胞の増殖促進


参考文献:岡嶋研二「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」




サプリで摂取しているのですが、嘘か真か私の後頭部がもう普通の人と変わらないくらいになっていると言われたので、効果があると思いたい・・・

2011年7月10日 (日)

バイオテック in 松本

昨日、松本駅近くにあるバイオテックに行ってきた。

自転車で行ったのだが、家から南松本駅まで10分、そこから途中本屋とかに寄りつつもトータルで30分かからない程度でした。

まあ自転車で通える距離です。

早めについたので、自転車で松本城まで行ってきました。

松本城までは松本駅から1km程度なので数分で着きます。

晴れていたのでそこそこ観光客も居ました。

ちゃらちゃらした若者が写真を撮ってましたが、その前を通過してやりました。

自転車で周っていたのは私ぐらいでした。

その後、バイオテックに行きました。

そうするともともと横浜西口店に居た人が居た。

正確には私は覚えていませんでしたが(眼鏡はずしている状態だったのではっきり顔が見えないのでなんとも・・・)。

もともと松本の方だということでした。

その人にどっか観光するところないかと聞いたら松本城ぐらいしか出なかった。

こっちの方でも松本城しか出ないとは・・・。

もう少し遠出するとなにかあるかも知れませんが。