読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

スポーツ Feed

2016年4月 2日 (土)

ボウリング~ハウスボールでの最高記録更新

Img_20160402_170926_2

最近ボウリングの調子が悪いということもあって、書いてませんでしたが、今回は書くことができたので、久々にボウリングのことを書きます。

かと言って、あまり調子がよかったわけではない。

ラウンドワンではいろいろキャンペーンやってますが、今回は1フレーム目で1本以上、2フレーム目で2本以上、3フレーム目で3本以上、・・・nフレーム目でn本以上、・・・10フレーム目でスペアかストライクだった場合に商品(画像の扇子)がもらえます。

マイボウラーの場合はnフレームの1投目がn本以上である必要があります。

つまり10フレーム目はストライクでないと駄目です。

これは4ゲーム目までで達成すれば商品がもらえます。

この扇子はラウンドワンとLittle Glee Monster(リトグリと略すらしい)という女性グループのコラボ企画で、扇子に書かれているのはリトグリの公式キャラクターのようです。

リトグリはラウンドワンのCMソングとか歌っているらしいのでそのコラボ企画ですね。

まあ、画像を見ていただければわかるとおりGETできました。

1ゲーム目は珍しく調子が良くて、1ゲーム目だけでストライクが9回で209(スカがあるのであんまりスコアが伸びなかった)。

10フレーム目もターキー出したのでもらえました。

ただそのときはルールをちゃんと読んでなかったので気づきませんでしたが、9フレーム目が⑧1だったので、計9本だけど、マイボウラーでもらう条件の1投目だけ考えると満たしてないんです。

が、店員のにいちゃんは10フレーム目のストライクだけを確認して見落としたのか、おまけしてくれたのか知りませんが、とりあえずもらえました。

私もそのときは気づきませんでしたが、もらった後にルール見直したら条件満たしてないのがわかりました。

わざわざ返すのもあれなのでスルーしましたが。

ということで今日はボールもあんまり曲がらず調子がいいなあと思っていたら、2投目からはボロボロです。

1つの要因としては2ゲーム目から右隣に人(おじさん)が入ってきたのですが、そのおじさんは毎回ボールを丹念に時間をかけて拭きます。

私も超簡単には毎回拭きますが、おじさんは結構時間かけて拭くので毎回待たされて、リズムは崩れるし、非常にイライラしました。

Img_20160402_170953

ということでボールがまた曲がりだしてど真ん中ばかりでうまくいかず、スコアがあまりよくなかった。

10ゲーム目まではマイボールでやって、残りはハウスボールでやりました。

ハウスボールは基本曲がりにくいもんですが、曲げるのがうまくなったのか普通に曲がって、曲がり過ぎないくらいでちょうどいいくらいです。

そうすると11ゲーム目でうまいこと投げれて、スコアが220。

最後の⑦スプリットが非常にもったいなく、普通に取れたら230は行けました。

ハウスボールでの今までの最高はたぶん15年くらい前にたまたま取れた214で、それからは全く更新出来てなかったっぽいですが、まあ更新出来てよかったです。

ということで本日のスコアは以下。

209,136,145,160,199,133,177,176,189,180,220,163

スペア37(29%)、ストライク53(41%)、アベレージ173.9

2016年2月16日 (火)

ボウリング200超え5回

先週祝日出勤したので今日はその代休で休み。

ということで平日のラウンドワンは空いているだろうと思っていたら、そんなことはなかった。

なんか大会とかやってるからレーンが結構埋まってしまうみたい。

今回は思いついた秘策を試すために満を持して挑んだ。

秘策というより単なる工夫ではあるが、最初に構えた時からバックスイングにおいて手首を外側にひねっておくこと。

こうすることで、振り下ろしている最中にひねった分だけ元に戻ろうとする力を利用して回転がつき、今までよりより曲がると考えたわけです。

ちなみにフックボールは投げる瞬間に手首をひねるより、リリースよりちょっと前からひねりを加えるほうが曲がる。

実際やってみるとまだまだローダウン自体慣れてないので、どれも意識しながらやることになって若干混乱してましたが、慣れるとうまいこと行きました。

速いボール投げてもピンに当たる直前で鋭く曲がってねじ込むようになってよかったです。

その結果、全体的にはよくストライクが出ました(連続ではあんまり出ず4thが最大)。

おかげで12ゲーム中200超えが5回(過去最高?)、アベレージも180越えました。

久方ぶりに満足しました。

ついでに隣で投げてたおじさんがハウスボールだけど平均的に上手い人で前半はトータル的にちょっと負けていたので勝手に頭のなかで勝負していて、後半追い上げて勝利しましたw

となりのおじさんもアベレージ180くらいでした。

ということで今日の結果は以下。

157,142,202,183,160,203,180,225,211,160,163,203

スペア42(32%)、ストライク54(42%)、アベレージ182.4

5ゲーム目以降の160台はすべてスプリットに阻まれてしまったので、それさえ無ければ180は行ってたかなという感触です。

まだローダウンに慣れてないせいか、スペアがかなり下手なのが残念。

2016年1月30日 (土)

ローダウン

久々にボウリングのことを書きます。

ローダウンというのはボウリングの投げ方の1つで、この投法で最近は練習してます。

通常の投げ方は、まずボールを持って手首は軽く外側曲げてぶら~んとボールをぶら下げた状態から、肘を伸ばしたままバックスイングして、重力を利用して肩を支点とした円運動による遠心力を利用して投げます。

それに対して、ローダウンでは逆に手首を内側に曲げた状態(カップリストと言います)で、かつ肘を軽く曲げた状態でバックスイングします。

肘を曲げた状態なので遠心力はあまり使えませんが、重力落下を利用しつつ、手で前にボールを押すようなイメージで前に進みます。

そして投げる直前で肘を伸ばし、その反動を利用して手首をダラーンと外側に曲げ(ブロークンリストと言い、その際に親指は抜けます)て投げます。

この手首の内側から外側に変化している間手のひら上でボールは回転するので、通常の投げ方より回転がかかります。

実際にこの投法でうまいこと?投げてみるとゴロゴロ転がるように回転がかかってボールが進んでいきます。

うまく投げることができれば、スピードが出た状態でそこそこ鋭く曲がります。

この投げ方に慣れるまで結構時間がかかります。

未だに安定して投げれませんが、ちょっとコツを掴みつつあります。

いろいろ試行錯誤しながら投げれるところは面白いところです。

とりあえず、今日投げてみましたが、スプリットの多いこと。

ストライクやスペアを出した後に尽くスプリットに遮られることもしばしばありました(1ゲーム中4回でて、それ以外はストライクかスペア)。

1回だけちょっと難し目のスプリットが取れたのでちょっと満足です。

後半はちょっと安定して投げれましたが、それでも曲がり方が安定してないのでストライクが続かずスコアが伸びなかったのが残念でした。

調子上がってきたところで追い出されましたorz

10ゲームしかできずもっと練習したかった。

ちなみに今ラウンドワンでは10時前に開始すると投げ放題が1200円と安めです。

ということで、本日のスコアは以下の通り。

149、147、146、175、168、150、193、192、191、171

スペア50(46%)、ストライク27(25%)、アベレージ168.2

2015年12月30日 (水)

箱根駅伝は留年しても出場できるのか?

2015年もあとわずかになりました。

年明けてそうそうに箱根駅伝がありますが、今頃ケーブルテレビではダイジェスト版で個々数年の箱根駅伝を放送してます。

その中で今年の駅伝を見ていると、東洋大学のある選手が4年生ですが、どうやら来年の駅伝でも出るようです。

今日の読売新聞で出場選手の一覧があり、その中にも学年が4とあり、留年しても出れるのか?と思い調べてみた。

箱根駅伝の参加資格は以下の通り。

1)参加校所属の本連盟登録者で、本大会出場申込回数が4 回を超えない者。 (予選会のみ出場の場合も回数に含まれる) なお、出場とはエントリーした時点で出場とする。

2)当駅伝競走に関する内規2 章「参加資格および申込み」、第4 条~第 6 条の 条件をすべて満たす本連盟加盟校登録競技者であること。

内規の方は知らないが、問題は1)に書かれている通り、予選会も含めて3回以内であれば大丈夫のようです。

ということで留年しようが、大学院であろうが、転学しようが出場でき、リベンジでわざと留年するということも可能のようです。

まあ、最初から実力のある選手は1年から出場しているから無理なんでしょうが、大器晩成型の人はそれも可能なんでしょう。

ちなみに他の学生三大駅伝も調べてみると、そんな参加資格はないので、何回でも出れるみたいです。

2015年11月28日 (土)

ボウリング ちょいと珍現象

Photo

仕事とかの関係で、3,4週間ぶりにボウリングへ行ってきた。

最近調子が悪いけど、今日もあまりよくなかった。

軽いボールにしてから全く安定しない。

基本的にスピードつけないとストライクになりにくいようになった気がする。

そんな中、珍現象と言えるほどのことでもないですが、ちょっと珍しいことが起きた。

全くもって大したことはない。

1投目でヘッドピン外して、2ピン以降の4,57,8,9が倒れたのですが、その後うまくピンが跳ね返って、10→6→3→1と倒れていき、まれにあるヘッドピン外してのストライクになりかけた。

勢いがありすぎたのか、倒れる過程で10ピンが結構飛んで、6ピンにぶつかり、その反動で10ピンが6ピンの位置でうまく立ってしまった。

位置がずれていたらピンセッター(ピンを並べる機械)がうまく回収できず、ストライク扱い(修正しなきゃいかんだろうが)になっていただろうに。

今日は前半は軽めに投げていたが、全くストライクがとれず、いいところ行ってもスプリットとか非常に苛立たしい思いでした。

中盤以降から助走スピードを上げて球速を上げ、ちょい曲がる程度にやっていたらストライクが出だした。

前にこれでやって不調だったのですが・・・なかなか難しい。

なかなかフォームをつくるのは難しい。

ということで今日のスコアは以下。

137、146、123、146、205、169、181、133、200、163

スペア44(40%)、ストライク28(26%)、アベレージ160.3

2015年10月10日 (土)

ボウリング スプリット地獄

Img_20151010_171850

今日もボウリングに行ってきましたが、非常に調子が悪かった?

というかスプリット出すぎてげんなりしました。

それも簡単なスプリットならいんですが、高難易度スプリットばかりでした。

最初の3フレーム目まで連続スプリット出た時にはむしろ全フレームスプリット目指すかと思いましたが、4フレーム目で普通に行った結果、やる気をなくし、危うく100を切るところでした。

7フレーム目で58とかやばすぎでしょう。

なんとか最後の3フレーム頑張って100は超えました、やばいやばい。

スプリットの回数を数えてみると、19回と思っていたよりかは少ないですが、1ゲームあたり3回出たのが4回ありました。

スプリットメイクしたのは3回で、2回は⑥⑩の一番簡単なスプリット、1回は②⑩のちょっと難しいスプリットでした。

基本的にストレートと違い、フックボールはど真ん中に行くとスプリットになりやすいみたいです。

今回は1ゲームの中で前半5フレームが微妙な調子で、終盤ちょっと調子が上がるパターンが多かった。

10フレーム目の無駄なターキーが3回ありました(14ゲーム中)。

なかなか上達というか安定しないのが痛いところです。

ということで今日のスコアは以下のとおり。

134、225、168、167、152、152、168、164、190、118、162、215、140、173

スペア53(34%)、ストライク54(34%)、アベレージ166.3。

あと、前回書いたみんなのコンペは1日1回だけど、毎日参加できるみたいです。

朝の時点では180位くらいでした。

400位以内入れるかどうか、なんとなく入れそうな気がしますが、どうなることか。

2015年10月 3日 (土)

ボウリング_みんなのコンペ

先週は行ってなくて、2週間ぶりくらいにボウリングに行ってきました。

最近ちょっと調子が悪い感じで、今日も前半調子悪かったのですが、後半上がってきた。

ところで大分前からラウンドワンでは「みんなのコンペ」ていう催しがされている。

これは名前の通りコンペティションで期間内であればいつでも参加できる大会みたいなもんです。

ゲームやる前に登録して、その1ゲームで競い合うものです。

最初の頃は登録したものの200超えようが入賞する気配もないので登録とかも若干面倒だし最近はしてなかった。

が、今回スタッフの人に「調子も上がってきたようですし、参加してみません?」と尋ねられたのでいいですよと答えて参加した。

コンペは2つあったけど、1つ目は全然NG。

2つ目も流れ的にやってみたが、調子がよく今日最高の244が出た。

ランキングを確認してみると、今現在で63位。

ちなみに入賞は400位以内(当たり前ですが全国でです)で、商品はラウンドワン500円利用券×4枚。

今のところボーダラインのスコアは211。

期間は10月20日6時まで・・・結構長いな。

さてさて入賞できるかどうかどんなもんでしょう。

ということで今日のスコアは以下。

142,161,151,210,194,157,130,189,196,154,244,178

スペア46(35%)、ストライク49(37%)、アベレージ175.5

2015年9月12日 (土)

ボウリング最高記録更新(266)

今日は5時50分くらいに地震があり叩き起こされました。

最初に一発ちょっとデカイ揺れがありましたが、あとはまあまあの揺れがちょっと続いた感じです。

基本的に二度寝はしない人なので、そこから起きてました。

さて、そんな中毎度のことながらボウリングに行ってきた。

Img_20150912_132539

1ゲーム目投げ始めたときはストライクが出やすく調子いいなあと思っていたら、珍しくFという表示がでた。

ファールのチェックしてるのかと思いきや、午前中試合かなんかしていて、そのときの設定が残っていたっぽい。

それを知ったのは2ゲーム目であるが、それまではついにガキんちょ共がファールとかロフトボールとかしまくるから、ファールのチェックしだしたのかと思い、かなり注意して投げた。

そして、2ゲームで自己最高の266(今までは258)。

画像をよく見たらわかりますが、5,6フレーム目修正入ってます。

というのも投げたら9本だったけど、なぜかそのまま流されたりして、スタッフ呼んで投げ直したらストライク。

それが2回続いた。

なんでやねんと思っていたら、どうやらファールチェックが動作しているからじゃないかということだった。

ただファールラインは意識して、ちょっと後から投げているからファールはしていないはず。

助走スピード速いから、最後のステップで止まりきらず自身1回転しているから、ファールラインは踏んでいないもののクルッと回転している最中に足が空中でラインを超えていた可能性はある。

ということで、参考記録程度になりそうなものですが、とりあえず最高記録で266。

270は行きたかったが、ラストでちょっと力んだせいかスペアになっちゃったのが残念でした。

しかしこのゲーム以降は絶不調でコントロールが悪く、スピード落とすと曲がりすぎてどうしようもなかった。

10ゲーム目でちょっと立てなおして194まで行ったが、まあひどいもんです。

そう言えば、アナウンスが流れて「ファールラインを超えて投げたり、ロフトボールを投げないでください」と言っていた。

またガキんちょ共がやりまくってんだなと思って聞いていたら、次は「あまり速いボールを投げないでください。備品が欠損する可能性があり、その場合弁償していただくこともあります。」みたいなことを言っていた。

・・・これは私のことを言っているのだろうかとちょっと焦りましたが、特に何も言ってこなかったので私ではないのかと思ってます。

普通に投げてるだけなので大丈夫だとは思ってますが、まあそこそこ速いボールで我慢します。

ということで今日のスコアは以下。

169、266、167、170、152、179、128、152、134、194、167

スペア42(34%)、ストライク40(33%)、アベレージ170.7

170以上があまりなくてひどいできでした。

2015年8月29日 (土)

レーンキャチャー2つ目

Img_20150829_141345


先週ぼそっとつぶやいたことを実現すべく新しいマイボールとしてレーンキャッチャー2つ目を購入しました。

今日はボール作れる人やサイズ測れる人とかいたらラッキーかなと思って、ダメ元で聞いてみたら普通に出来そうだったのでお願いした(馴染みの兄ちゃんでした)。

重さは13ポンド。

あと指の感覚や穴の大きさも変えました。

まず作る際にいくつか確認されます。

例えば、風呂掃除とかで使うスプレーを持たされたり、下敷きで仰いでみせたりです。

これは普段どこに力を入れてるかを見たためです。

指先の方が強いのか、それとも根本というか掌側の方が強いのかです。

私は指先の方に力が入っているようなので、この場合はボールを持つ際に掌がベタッと着くよりかは親指と中指、薬指の感覚を狭くして、ちょっと余裕を持たせて指先で掴むようにした方が力が入りやすそうだということで、その通りに作ってもらいました。

作るのにはだいたい30分程度で出来ますと言ってましたが、1ゲーム投げ終わったくらいなので10分ちょいでできました。

投げてみると、滅茶苦茶軽い。

15ポンドに比べて13ポンドなので当然軽く、ハウスボールの感じだと11ポンドくらいに感じます。

スピードあげたいということでよく曲がるものしましたとスタッフが言っていた通り、よく曲がります。

スピード出してる割には結構よく曲がってくれました。

スピード出て曲がって、ピンふっ飛ばしてくれる感じは非常に快感でした。

一時ガンガン高速カーブやって5thストライク出た時にはもう一人で顔がにやけてましたね。

気持ちよかった。

キレキレに曲がってちょうどいいところに行ったおかげで、初の3ゲーム連続200超えが出ました。

最後の方はスピードが下がってきたのかまた曲がり出してど真ん中に行くようになってストライクは出にくくなりましたが、意図的にスピード出すようにしたらうまく調整できました。

スペア取る際にまだ曲がり具合がちゃんと把握できてないので結構ミスりました(おとなしくストレート投げてりゃとれたのばかりですが)。

ということでボールが2個になったので、ボールどうしようかというところです。

ラウンドワンでロッカー(普通サイズ)借りているのですが、新たに借りようとすると一人一つまでのようです。

ということで2個入れられるちょっと大きめのロッカーを借りることにしました。

今借りてる方もとりあえず期限切れるまでは借りたまま。

ちなみに値段ですが、普通サイズのロッカーは半年で1580円、2個入れられるサイズのロッカーは1年3000円です。

ちなみにちなみにですが普通サイズのロッカーの鍵はフロント預かりで個人はロッカーのカードをもらうのですが、2個入れられるサイズのロッカーの鍵は個人管理です。

なくしたら再発行でお金かかりますと無くさないようにと念を押されました。

レーンキャッチャー自体のお金は例のごとく割引チケットを使って4780円+グリップ1000円でした(普通だと35000円くらい)。

ということで本日の結果は以下です。

203、125、186、200、212、213、144、146、179、140、186、170

12ゲームでスペア44(35%)、ストライク46(36%)、アベレージ175.3

2015年8月24日 (月)

世界陸上2015 in 北京

なんだかんだで毎回世界陸上やオリンピック見てます。

男子女子ともに100mが終わり、予想通りジャマイカのウサイン・ボルトとS-A.フレーザー-プライスが勝ちました。

判官贔屓の私としてはガトリンに期待してましたが、後もう少しだったのに。。。

それにしても100mの銀メダリストはオランダのダフネ・シパーズ(23才)。

1m79の長身で結構顔も整っていて良い。

2013年まで七種競技やっていて世界陸上で銅メダリスト、それが短距離に転向して銀メダリストって凄いっすね、美人だし。

Wikipediaで調べてみると、100m,200m,4×100m,七種競技のナショナルレコードを持っているようです。ほんと、凄いなあ。

ちなみに記録は

100m(10秒81)、200m(22秒03)、800m(2分08秒59)、走り高跳び(1m80)、走り幅跳び(6m78)、砲丸投げ(14m66)、槍投げ(42m82)

槍投げだけ勝ってますw

織田が23才は強いと言ってましたが、本当に出てくるとは思わなんだ。

さて大会3日目は槍投げ予選がありました。

最近日本の槍投げは世界的にも頑張っており、今回は新井涼平というまた知らない人が出てきた。

日本歴代2位の記録86m83を持っているようです。

投げっぷりを見てる感じでは、他の外国人は思いっきり体ひねって力いっぱい投げるわりにぶれまくってる印象がありますが、新井選手はスタンダードに槍を後ろに引く投げ方で綺麗で勢いのある素晴らしい投げでした。

3投目に84m66のK点ならぬQ点(83m)超え。

基本的にタイプによって1投目が最高な人と後からだんだんよくなるタイプがありますが、後からだんだんよくなる、大会を盛り上げてくれるようなタイプですね、新井選手は。

私の場合は最初の一発屋だったので、その点盛り上げにかけました。

1度だけ徐々に4位、3位、2位と追い上げていったことがあり、そのときはなぜか真後ろでみんな勢揃いして勝手に盛り上がってました。

A組みで1番、全体でも2番で通過しているので決勝に期待したい。

さて、本題です。

今日、男子棒高跳の決勝があり、若干しょうもない勝ち方ですが、カナダのS.バーバー(21才)が勝ち、金メダリストになった。

若いなと思いつつ、陸上の最年少の金メダリストは何歳だろうかというのが気になって調べてみた。

ググりましたが意外とヒットしなかったので、オリンピックはよくわからないので世界陸上での最年少記録になります。

それはエチオピアのティルネシュ・ディババで、2003年パリ世界陸上で5000mで18才90日らしい。

また短距離での最年少は、グレナダのキラニ・ジェームスで2011年テグ世界陸上で400mで約19才(ちょうど誕生日前後)で優勝したらしい。

ちなみに史上最年少の金メダリストは1900年パリオリンピックで7~10才のフランス人の少年でボートかじ付きペアで優勝したらしい。

決勝に進出したオランダチームがスタート直前にコックス(かじ取り役)を頼んだらしい。

受付が適当にやっていたので記録に残っていないらしい。