読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 第2次糖質制限ダイエット4ヶ月 | メイン | 四色問題 »

2016年10月16日 (日)

残業が多くなってきた

先日、電通の女性社員が過労で自殺して長時間残業に対して厳しい目で見られる中、今月から残業が多くなってきました。

先月まではいうほど残業もなく、約半年で計40時間程度でしたが、それを今月は最初の2週間程で50時間くらいに達してしまった。

うちは20日締めだから9月21日~10月20日だが、この期間は祝日が2日もあるし祝日&土日も出れば余裕で100時間は超える。

私は先週末の休みは休んだのでそこまでは行かないが、想定では90時間程度ですね。

ちなみに最近はどんな生活かというとだいた仕事は9時前~22時過ぎ(休日も同じ)。

ついでに通勤時間が1時間45分なので、往復3時間半。

なんので家を7時杉にでてだいた24時位に帰ってくる生活で、睡眠時間は4~5時間、家で起きてる時間が2時間程度とまあ何もできない生活です。

通勤時間長いので本がたくさん読めるはずなのだが、如何せん眠すぎて座れたら寝落ちしているのであまり読めない。。。

それでも一番しんどかった頃に比べると楽です。

というのも私の今の立場は助っ人なので、責任とかはほとんどない。

だいたいが何かにトラブったり、技術的に面倒なことをやらされ、解決しなきゃいかんというプレッシャーは多少あるものの、なんだかんだで地力が付いているのでなんなく対応できている。

あと、助っ人(入社当時で作業していた部署)なので土日出勤は強制されることはないし、お願いされてもまだ容易に断れます(だいたいはOKしてますが)。

また助っ人ということでたまに本業に戻って休憩してます(本業のほうはだいたい定時で終わるので)。

これだけ働くのも期間限定というのも大きいです。

これがずっと続くのかと思うと、精神的に行かれてしまいそうです。

過労で自殺したのは基本的には疲労と寝不足により精神的に弱っていたところに、プレッシャーをかけられて精神的攻撃を受けていたこと、また責任感が強いと自責の念から自分に攻撃することもまああるでしょう。

残業時間もそうで一因ではあるでしょうが、精神的に余裕がなくなったのが問題ですね。

同僚とワークシェアリングして負荷を減らすなりして余裕が持てればよかったんでしょうが、2年目とかじゃ無理でしょうね。

たぶん私は今の助っ人業が今月で終わりのはずだが、部長が言葉の節々に私を引きずり込もうとしているのが見受けられるのが怖い(他のメンバーからも同様)。

全力で拒否って逃亡する所存です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33974387

残業が多くなってきたを参照しているブログ:

コメント

電通の女性の過労死はほんま可哀想だったわ。俺はそこまで精神的に追い込まれたことないけど精神弱ると無気力になるか、最悪自殺してしまうんだろうなあ。

また残業月100時間ペースになりつつあるなあ。俺も最初の会社がまさにそれだったわ(残業代で給料は良いけど使う気にならないっていうか)IT企業ってそんなもんなんかな!

残業過多になるのは今月だけだなあ。
続くようなら拒否るが。
一般的には知らんが、IT業界は結構競争激しいから、仕事取るために安くする結果、人を増やせず、一人あたりの仕事量を増やす羽目になってるからなあ。

海外の安いオフショアを使うこともあるんだろうが、意思疎通も難しいし、なかなか。。。

コメントを投稿