読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 四色問題 | メイン | ブログ移転のお知らせ »

2016年10月29日 (土)

残業より睡眠不足が辛い

前前記事で書いた通り、先月度の残業は93時間で、そのうち休日出勤が45時間程度。

ボーナスほどは行かないまでも給料は若干楽しみではある。

また電通の事件のこともあったせいか、ブログ記事のアクセスランキングで6年半ほど前に書いた「年間残業700時間越え」がランクインされていた。

今はもうランクインしてませんが、残業とかのキーワードで結構引っかかっていたのかもしれない。

ちなみに今サポートしている先のメンバーは上記の記事を書いた時の私のような状態になってます。

今週も残業は相変わらずで、ついに終電1本前で家に着くのが1時前という始末。

1日だけ本業の方でのんびりして定時帰り。

定時で帰った日はさて寝るかという時間が、通常時のさて帰るかという時間で悲しくなりました。

また定時帰りのありがたみ(というか定時帰りが普通だが)を感じた。

一人暮らしをすると実家のありがたみがわかったり、今まで当たり前だったことがその習慣から離れることで、改めてありがたみがわかるようなことがいろいろあります。

兵法?でいうところの「離」です。

横山三国志で陳倉攻めに苦戦していた孔明に対して姜維が一度離れてみてはとアドバイスして「離」の重要性を説き、神の如き孔明にハッとさせたのが印象的だったのでよく覚えています。

一人旅もそういうところがあるのかもしれないですねえ。

それはさておき、この残業地獄もあと1週間くらいで終わるだろうか。

ちなみに明日も出勤でだいたい10日間ですでに残業時間が45時間くらいになりそう。

あと1週間だと思っていたら、今の工場試験はあと1週間程度で、その後に今回構築したものを客先に納めて、現在運用している機器と交換(移設)する作業があり、なんかそれに巻き込まれそうな雰囲気が漂っている。

そんなところまでは全く聞いてないし、本業の方も同じような移設が始まる。

ただ本業の方は平日で、今のサポートの方は休日だから両方とも一応できる状態にはある。

今サポートで行っているチームのメンバーの技術力が低いので、私の力が必要だと言うのは私も実感しているし、評価されている点でもありがたいっちゃありがたい。

が、そんなことをしたら私がぶっ潰れてしまうので勘弁して欲しいところです。

休日も不規則、仕事も夜間とかあって睡眠も不規則になったら、また以前の病気になりかねない。

正直最近は1ヶ月位前に比べて睡眠時間が3時間ぐらい減ってるから結構きつい。

仕事中、気が張り付いているので大丈夫ですが、本業の方で比較的平和な状態にあったときは気が抜けて眠りに落ちていることがありました。

寝不足はやばい。

ただ身体的には痩せたおかげか結構元気で、風邪もひかないし丈夫なのだが、これが続くとまず精神的にしんどくなりそう。

とりあえず上司には抗議して、釘を差しとこうかと思う。

そもそも今の仕事(本業の方)をやる上での前提条件を違えているので、比較的言いやすい。

以上、愚痴でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33984583

残業より睡眠不足が辛いを参照しているブログ:

コメント

「年間残業700時間越え」がランクインされていたのが嬉しいのやら悲しいのやら。過度な残業してる人がそれだけいて、そういう人が残業で検索してるんだろうな。
仕事って生きるために金稼ぐのに、体や精神ぶっ壊しながら働かせる会社がいくつもあるのが理解に苦しむ。俺も独り身だけど最近は自分の食い扶持₊ささやかな贅沢ができるだけの金さえあればそれでいいんじゃないかとさえ思ってる。贅沢は言いだしたらきりがない

仕事が生きがいの人も少なからずいるから、一概には言えないが、そういう人はまず体潰れないから、体壊しながら働くのはおかしいわな。
家庭をもってローンやらなんやらでお金が掛かる人はともかく、個人的にはなかじゅんの言うことには大賛成。
なかじゅん同様に私もケチというか倹約家だしね。

確かSEやってる人がいて仕事楽しいって言ってた人いたなあ。そういうのを天職っていうんかね。
妻子+ローンある人は生活残業しないといけないからねえ。そう考えると結婚って大変だなあ

短時間睡眠で問題ない人だったら全然問題ないんだろうが、デフォの7時間は必要な私にはどんなに楽しかろうと無理ですな。
4,5時間睡眠は辛いし、夢の中まで仕事の内容が混じってきてしまった。
守るものがあるということで力を発揮する人間もいるからそういう人は薄給であろうと結婚するのはいいことなんだろうなあ。
私はそういう人ではなさそうだが。

コメントを投稿