読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月24日 (土)

ドラゴンクエスト4(DS)

Img_20160925_082356

DSのリメイク版ドラクエをやってきましたが、そういえばドラクエ4だけやってないやと思い、プレイしてみた。

あんまり覚えてませんでしたが、オムニバス形式ということで、第1章はライアン、第2章はアリーナ、クリフト、ブライ、第3章はトルネコ、第4章はマーニャ、ミネア、第5章は勇者となっていて、みんなレベル1から始まる。

第5章で全員集合になるわけですが、戦闘する4人のメンバーは固定され、私の場合は勇者、アリーナ、ミネア、マーニャでした。

ボス戦だけはミネア、マーニャの代わりにクリフト、ブライとして攻守強化に励みました。

普通にの楽しめました。

個人的には5、8がすきですが、その次くらいには楽しめました。

スーファミ版にはなかったと思いますが、クリア後にピサロを仲間に入れることができます(初期レベルは35)。

裏ボスがしょぼくて泣けてきます。

リメイク版からだとは思いますが、トルネコのくちぶえで敵を呼べるからレベル上げは楽でした。

Img_20160925_082418


あとピサロのメタル斬り×はやぶさの剣で2~4のダメージをメタル系に与えられ、はぐれメタルのHPが3か4程度なのでなおさら楽。

アリーナもレベル50くらいには力、すばやさが255近くになるし、会心の一撃も出やすい。

ということで本を片手に読みながら、もう片手でレベル上げしていたら全員レベル99までしちゃいました。

レベルの上がる速さは戦士系(特にライアン、トルネコ)が早く、次にアリーナ、勇者で、僧侶、魔法使い(ピサロ含む)の順くらいです。

HPが一番高いのは意外にも勇者(パラメータは多少前後するんでしょうが20くらい違う)、MPはマーニャ(ちなみにたね系は一切使ってません)。

というかマーニャがトータルのパラメータが他のメンツより高く、HP800、MP903、ちから231、すばやさ255、みのまわり128、かしこさ224、うんのよさ255となった。

魔法使いなのにちから231ってなんだろうって感じです(装備できる武器がしょぼいが)。

やはりライアンは無能で最終的にはうんのよさ以外はトルネコに負けてしまうというダメっぷり。

攻撃力、守備力で見ると最強の装備(まかい系)ができるピサロが最強。

ちなみにピサロの覚える魔法はマヒャドやイオナズン、後のシリーズで登場するジゴスパーク、マダンテ、ドラクエ6当たりから登場したムーンサルトやしんくうはなどもあり、また補助系でもバイキルト、ルカナンが使えるし、回復系もベホマ、ベホマラー、ザオリクも使える鬼畜っぷりです。

どうせならドラゴラムとかじゃなくて変身とかでデスピサロになってしゃくねつの炎やかがやくいきとかやれば面白かったのだが。

ということでドラクエのDS版も制覇したし、というか個人的にはトルネコの大冒険のリメイク版をDSでも、PS Vitaでもいいから出して欲しいところです。

2016年9月17日 (土)

柔軟体操

ダイエットしながらたまに柔軟体操をやったりしてましたが、だいたい挫折してました。

Photo

よくやるのが前屈、開脚前屈(真ん中、右、左)でしたが、ちょっと痛くなった(気持ち悪い痛さ?)ところまで伸ばすようにして、徐々に進めていっていた。

しかしそのちょっと痛いのが嫌にもなり、なんだかんだでやめてしまうことが多かった。

で、今回いろいろググりながらいい方法はないかと探していたら、これでいいんじゃねというのがあったので簡単に紹介します。

ポイントは3点

①痛気持ちいいところまで伸ばす。痛みがでるところまでは無理してやらない。

②長い時間伸ばした状態にしない。20秒位でやってます。

③複数セットする(私は2セット)。

3番目が重要。

1週目はウォーミングアップと思ってやります。

そうすると2週目は1週目よりよく伸びます(血行がよくなるんでしょうね、たぶん)。

また伸ばす時についつい息を止めてしまうことがあるかもしれませんが、息を吐いてリラックスするともう少し伸ばせます。

1日2日やっただけでもそこそこ前に伸びるようになりましたので、効果は結構あるみたいです。

このまま続けて、体が柔らかくなり、ダイエットにもなり、太ももが細くなってくれることを期待したい。

Photo_2

ちなみメニューとしては、


①前屈

②開脚前屈

③足の裏をつけて座って股関節を広げる柔軟(左の画像。そのまま前に上体を倒す)

④床に座った状態で、伸ばしたい方の足の膝を曲げて、片方の足を前に伸ばす柔軟(下の画像。そのまま寝転がったり、両足でやって女の子座りのようにしたり、さらにそのまま寝転がれるところまで行けば尚良し)

Photo_3

①~③は伸びてるって感じがするんですが、④は伸びてる感じがあるものの、筋肉が千切れそうな感覚もあります。

部活時代はよくやってたんですが、今は大分固いです。

最近は仕事で遅くなったりしてやる気がでなくなるものの、この柔軟だとものの数分で終わるので、酒に酔っ払ってない限りは続けていきたい所存です。

2016年9月10日 (土)

第2次糖質制限ダイエット3ヶ月目

_20160910

ダイエットも3ヶ月目に突入しましたが、先月記載したときよりかは0.8kg減です。

先月記載した翌週(夏休み前)の時点では67.4kgと一番軽くなってましたが、それよりかは0.4kg増えました。

8月は夏休みで帰省するので太らないように気をつけようと思っていたら、リオオリンピック(特に陸上)の時期だったので朝、晩とテレビをよく見ていたので、遠出も1回だけに留まってしまった。

基本的に帰省中のこういうときは畳一畳のスペースからほとんど動かないので、太るばかり。

そのため、帰省後に計ってみると70kg弱と悲しい結果。。。。

また8月は飲み会も諸事情に毎週あり、ついでにあまり便通もよくなかった。

なので、一時的に重かったものの昨日体重計ったら67kg台まで戻ってきた。

今月からは柔軟体操して体を柔らかくしようと思います。

先週か先々週か忘れましたが、「健康カプセル!ゲンキの時間」で体の柔らかさと血管年齢が関係しているみたいなこと言ってました。

以下は血行不良の原因と改善naviから引用してます。

食事などから糖分を多く摂取することで筋肉の柔軟性を保つコラーゲンが、糖と結びつき、柔軟性を失いもろくなってしまうそうです(糖化という)。

ストレッチなどで身体の筋肉や関節を柔らかくすると、コラーゲンの糖化を防ぐだけではなく、当たり前ですが、動かしている筋肉があたたまり血流が良くなりますよね。また代謝アップにもつながります。

すると新たなコラーゲンが生成され古い筋肉から新しい筋肉へ再生されるのです。
血管周辺は筋肉で覆われているため、筋肉に柔軟性を持たせると伸び縮みで血管にも柔軟性が出るようになるのです。

柔軟体操することで、血管の内側にある細胞から一酸化窒素が血管に放出されます。
これが血管をリラックスさせイキイキとよみがえらせてくれるのです。

引用終わり。

代謝アップすればそれだけ痩せれそうです。

柔軟は痛み(特に膝裏)が伴う場合もありますが、痛いくらいにはする必要はなく、痛気持ちいいくらいがちょうどよいみたいです。

膝を伸ばさず、曲げてやる柔軟体操もあるので参考にするとよいでしょう。

今月で66kg台に突入したいところです。

2016年9月 3日 (土)

ボウリング スプリットメイク

Img_20160903_115713

長期出張で横浜にいなくてボウリングにブランクがありましたが、それにもまして最近はスランプ気味でした。

最高でも180にもいかず、120~140近辺が続くこともありましたが、今日は大分復活しました。

そんな中、個人的には珍しいスプリットをとることができました。

画像のように4番ピンと9,10番ピンのスプリットです。

うまくいっても4番ピンと9番ピンか10番ピンを倒して、どっちか1本残るパターンが多そうなもんですが、4番ピンの左をギリギリかすめる(ちょっとシュート回転気味で右に曲げました)ように投げたら、うまくとれました。

はっきりとは覚えてませんが、4番ピンが9と10番ピンの間の方にピンが上から見てほぼ真横の状態で飛んでいき、4番ピンの端が9番ピンにあたった時に、4番ピンが重心を支点に回転して、もう一方の端で10番ピンをかすめて倒れた感じでした。

我ながら上出来です。

今日は一番簡単なスプリットである6番10番のスプリットが4回出て、全部とれるくらいに調子がよかった(後半ですが)。

いつもは半分も取れたらいいところ(スペアメイクが下手くそなので)。

前半はどうしてもど真ん中にしか行かずストライクにあまりならなかったのですが、ちょっと投げ方(というか投げる位置)を変えたら、ちょっとずれてホットスポットに行くようになり、ストライクを量産することができました。

いつもは右端の方から投げてましたが、真ん中から膨らむように投げた方が調子良かった。

今日の最高は4thを2回出して、244でした。

ということで、本日のスコアは以下の通り(ラスト2ゲームはハウスボール)。

146、166、152、225、165、197、193、244、170、178、165、236

スペア52(40%)、ストライク48’37%)、アベレージ186.4

5th1回、4th4回と好調でしたが、ダブルやターキーが少ないのがちょいと残念でした。