読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 近江八幡 | メイン | 宦官 »

2016年8月19日 (金)

安土城

P1010981

安土は近江八幡駅から京都線で一つ隣の駅、近江八幡駅の方が新快速とまるので便利です。

近江八幡から移動して、まずは安土駅の近くにある安土城郭資料館に行った。

安土城郭資料館の中にはカフェもあり、中は狭い(入場料200円で、飲食の100円引きつき)。

入ったところには安土城の復元模型(1/20サイズ)があり、真っ二つに分かれていて、内部が見れるようになっている。

襖等に書かれた絵とかも書かれているので、見学しがいがある。

2階には信長の肖像画(宣教師が描いたもっとも似ているだろうというやつ)等があった。

ちなみに駅を挟んで反対側に信長像等があるはずだが、現在工事中のため今はなかった。

次に観音寺山の方に向かった。

P1010988

当初の予定では日本百名城の一つ観音寺城跡にも行こうかと思っていたが、想像以上に体力がなかったので山登りは断念した。

ので、その麓にある信長の館(文芸の館)に行ってきた。

入場料は600円とちょいと高い。

信長の館内には安土城天守の5階と6階部分がレプリカで展示されている。

6階部分は金箔10万枚を使っているらしく、金ピカでした。

その前に入り口から入ったところには、1582年5月に織田信長が明智光秀に命じて徳川家康をもてなすための宴の献立を復元したレプリカが展示されている。

見た目は美味しそうですが、如何せん9割がカニやら魚なので私は食えないメニューです(魚介類嫌いなので)。

P1010991


唯一食べれるのはご飯と焼き鳥(きじ)くらいでしょうか。

安土城の城下町をCGで再現したVRシアターもありましたが、時間もそれほどないのでパスした。

お土産物屋もあって、安土城のペーパークラフトもあった。

写真のような金ぴかな安土城のプラモでもあったら欲しいところだったのだがなああ。

そして、最後に向かったのが観音寺山(正式名称は繖山(きぬがさやま))にJRを挟んで隣接して安土山がある。

安土城は言うまでもなく1576年(落成1579年)に信長が築城した城ですが、もともと安土山には観音寺城の支城として目加田城があったが、信長に没収されてみたいです。

P1010998_2

1582年6月2日本能寺の変で信長が自刃した混乱のさなか、6月15日に天守などを消失して落城してしまった。

消失の原因はバカ息子の織田信雄が誤って焼き払ったとか、配送する明智光秀軍(明智秀満とか)が放火したとかの説があるが不明。

で、山頂にある天守跡には大手門跡の受付から入って(天守とかあるわけでもないのに入場料は700円)、大手道をひたすら登っていくことになる(左の画像)。

この大手道の階段は180mほどあり(高低差はわかりませんが)、階段をずっと登っていきます。

最近動いてなかったこともあり、この階段を登るのはしんどかった。

親子連れの子供たち(小中学生ぐらいの子)がスイスイ登っていくので負けてなるものかとそれなりのペースで登っていったせいか、思いっきり息は切れるし、日差しが厳しいこともあり汗ダラダラで大変でした(子供たちは先に行って親を待っている間になんとか抜かせましたが。。)。

この大手道の左右には羽柴秀吉亭跡地や前田利家邸跡地があり、そこでは石垣等が見れます。

P1020006


解説によると秀吉邸は上下2段にわかれた郭で構成されていて、滅茶苦茶デカイ屋敷があったようです(復元イメージは左の写真)。

下段郭の櫓門は1階が門、2階が渡櫓で、近世の城郭ではよく見られるものの、秀吉邸の櫓門はその最古の例で貴重だそうです。

また大手道には何個か石仏(大手道の石材として石仏とか墓石とかも含まれてた)があり、仏像ということでお賽銭もありました。

で、大手道をずっと登って行って山頂付近の天守跡周辺まで行くと左手側に信長公本廟があります。

P1020010


軽く塀で囲まれていて、信長公本廟とかそういう記載がないのでパンフレットとか見ないとわかりません(左の写真)。

左手側ではなくそのまま真っすぐ行くと本丸跡、さらに道沿いに進むと天守跡に辿り着きます。

だいたい標高199mなのでちょっとした登山なので疲れました。

礎石とかがあるところは地下1階部分になるみたいです。

ちょっと登れるところがあり、ここからは風景を眺めることができます。

風景は八幡山と似たり寄ったりです(近いから当たり前ですが)。

天守跡を後にして順路に従っていくと、摠見寺跡があり、そこには三重塔とちょっと進んだところに仁王門がある程度です(誰も居ません)。

そこを過ぎてひたすら下って行くと、先の秀吉邸跡地に戻ってきます。

基本あるのは石垣とかが少しある程度なのであまり眺めるところがありません。

基本的に安土城は戦闘用の城ではないので、堀とかそういった工夫はない模様です。

安土城跡はかなりの城マニアの人は行って意味があると思いますが、そこまでの興味のない人は先の安土城郭資料館や信長の館だけ行けば十分かと思います。

日本百名城制覇目指す人もそちらでスタンプ押せますので。。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33913963

安土城を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿