読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 会津若松その1 若松城後編 | メイン | 会津若松その3 飯盛山&さざえ堂 »

2016年7月17日 (日)

会津若松その2 ソースカツ丼

P1010676

会津若松の地元グルメとしてググってると、味噌田楽、輪箱飯、馬刺し、めっぱめしなるものが色々出てきますが、そんな中B級グルメとしては、ソースかつ丼、会津ラーメン(喜多方ラーメンと一緒か?)、カレー焼きそばなるものがある。

そんな中、やはり食っとくべきはソースかつ丼でしょう。

伝統会津ソースカツ丼の会なるものまであり、CDまで出してると言う気合の入れようです。

会津若松にはソースかつ丼のメニューがある店が多いですが、各店でいろいろと違う特色があるみたいです。

そこで最初に行こうと思ったのが、白孔雀食堂です。

丼鉢からはみ出るくらいのカツが特色でやたらと美味しそうでした。

この白孔雀食堂が若松城から飯盛山へ行く途中にあるので、若松城の次に飯盛山へ行こうと思いました。

ちなみに会津若松駅に着いたのが12時前で、若松城を出たのが14時過ぎなので14時半くらいには白孔雀食堂には着きました。

だいたいどの店もお昼は15時位までやってるっぽいので大丈夫(行列もなくなってるだろう)と思って訪れたところ、「品切れのため本日の営業は終了しました」という張り紙が。。。

確かによく調べてみると15時とか16時まで(但し、品切れになると閉店)と書いてあった。

ちなみに白孔雀食堂は一見すると店がわかりにくい、普通に古い食堂ッて感じの店でした。

がっくりきつつ、だいたいの店は15時で閉まる(というかラストオーダーは14時半くらいか)ことを考えると、もう昼飯は諦めました。

ということで夕食の17時に行こうということで、先に飯盛山に行ったり、その他墓巡りをしました(後述)。

で、今回選んだソースかつ丼の店が「とん亭」です。

とん亭は若松城から会津武家屋敷に行く途中にあります。

P1010674

17時ちょっと前に着きましたが、入れてもらえました。

かつ丼というよりカツ重です。

普通のソースカツ重で1080円、上ソースカツ重で1180円、こだわりソースカツ重で1380円とかでした。

八重うまっソースかつ丼なるものもあり、これは桜肉つまり馬肉のカツ重です。

が、今回頼んだのは期間限定の会津極上ソースカツ重1500円を頼みました。

豚肉は福島県産ブランド豚のエゴマ豚です。

これは正直滅茶苦茶美味かった。

うまいと笑いが思わず出てしまう(銀の匙でもやってましたが)。

さすがに声を出しませんが、ニヤけていたような気がします。

どこかで食べたソースカツ丼はトンカツにソースがかかってるような感じであまりおいしくなかったですが、このソースカツ丼はソースというかソースのたれにトンカツをしっかり漬けて味を着けている感じがしました。

ちょっと甘めのタレでご飯と一緒に食べるとよく合いました。

肉厚だし、結構ボリュームはありましたが簡単にペロリと食えました。

これはお勧めできるくらいに当たりです。

近所にあれば、ご褒美とか月1くらいでは行きたい感じですね。

非常に満足しました。

できればまた来たいところですが、他の店も気になるところです。

ちなみに隣の隣に一風亭という店があり、ここもソースカツ丼で有名でここにはラーメン(会津?)やらカレー焼きそばとB級グルメが揃ってます。

ラーメンとソースカツ丼のセットもあるので、両名物を食べれてお得かもしれません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33885137

会津若松その2 ソースカツ丼を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿