読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 二本松城 | メイン | 田んぼアート ~古代蓮の里 »

2016年7月30日 (土)

鉢形城

P1010844_3


今日は埼玉県の城へ行くことにしました。

まずは日本百名城の1つである鉢形城跡に行きました(これで22城目)。

鉢形城跡には東武東上線の鉢形駅か寄居駅から行けます。

寄居駅からの方が若干近くどちらにしろ歩いて10数分の距離です。

寄居駅は秩父線とかの乗り換えもできるのでそっちのほうが便利ですね。

どちらにしろ埼玉県にある城は横浜からだと2時間程度かかるのでなかなか目的地絞らないときついです。

さて鉢形城ですが、天守とかはなく本当に跡だけです。

歴史的には戦国時代の初期の初期に山内上杉氏の家宰である長尾景春(太田道灌のライバルというかやられまくった人)が築城したそうです。

ちなみにこの景春は父親が跡継ぎとして弟を選び、ついでに主君も弟を家宰として選んだのでそれにブチ切れて乱をおこした人物で、主君を追い出して下剋上に成功してます。

その後は北条氏が領して、豊臣秀吉の北条攻めの前には北条氏康の三男の北条氏邦(北関東司令官的な人物)が本拠地としてします。

重要な拠点なので武田信玄や上杉謙信にも攻撃されてます。

秀吉の北条攻めでは氏邦が小田原に呼ばれてたため、家臣が3000で守ってましたが35000で攻められて1ヶ月後に降伏してます。

真田昌幸も参加しているので、大河ドラマで出てるかもしれません(まあ出ないか)。

徳川関東入り後は可もなく不可もなしな感じなので特にありません。

関東にある城跡としては比較的きれいに残されているようで、だから国指定史跡に選ばれているのかも知れません。

P1010855

確かに土塁やら空堀はきれいに残されてます。

左の写真は建築物としてある唯一?のもので三の曲輪にある虎口(こぐち)という出入り口です(小口ともいう)。

もともと畑だったらしいですが、発掘調査の結果、石積土塁という珍しい土塁が発掘されたらしい(次の写真)。

ググってみても石積土塁で出てくるのは鉢形城くらいで、あとは美作(旧国名で今の岡山県の北側)の津山城くらいです。

解説によると虎口は防御の要であり出撃しやすくすることで攻撃性を高めることが出来るため、城郭の発達段階をよく表す部分らしいです。

虎口の前には馬出(虎口を守るとともに内部の城兵の動きをさとられないようにするための施設。真田丸もそれ)があり、北条家の馬出は角馬出で四角形の形をしているのが特徴的だそうです。

あとはこの三の曲輪の虎口から入ったところには四阿(あずまや)的ななにかがありましたが、これは解説によると発掘調査で掘立柱建物の跡があったらしく、それを表現しているようです。

普通に入れそうなので休憩所代わりに使えそうです。

P1010856_2

P1010859_2

あとは鉢形城歴史館がありますが今回はパスしました(入館料は200円、小さい。。。)。

最後にこの寄居町のB級グルメとして「戦国ハーぶ~丼」を食べました。

寄居町の特産品であるエキナセア(ハーブの一種)を粉末にし、焼肉のタレとブレンドして特製ダレを作り、豚肉にからめてご飯に乗せた寄居町のB級ご当地グルメだそうです。

鉢形城跡と寄居駅の間にある(寄居駅から数分)山崎屋で食べました。

P1010863

旅館ですが、食べるだけでもOKです。

値段は780円。

豚丼自体は塩ダレですが、端にあるにんにく味噌と一緒に食べると、また違った味がして、にんにく味噌と一緒に食べた方が私には合いました(うまい)。

店によっていろいろ違うみたいです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33897041

鉢形城を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿