読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« ソフトボール練習 | メイン | ソフトボール大会 初勝利! »

2016年5月21日 (土)

呉 三国志

伴野朗(とものろう)著の「呉 三国志 長江燃ゆ 」全10巻を読みました。

中国歴史小説をよく読んでいる人でない限りは知らないと思いますが、伴野朗は2004年に亡くなられておりますが、新聞社で上海支局長を勤めたりした小説家です。

そういうこともあるのか、中国史全般(春秋戦国~毛沢東くらいまで)の歴史小説を書いており、全般的にいろいろ書いているのは後は私の知る限りでは陳舜臣くらいしか知りません。

中国歴史小説で比較的広範囲で書いているのは、塚本靑史が春秋戦国~唐(李世民)、小前亮が三国時代~清(三藩の乱)くらいですかね。

私の一押しの宮城谷昌光は夏~三国時代と古代中国をよく書いてますが晋以降は書いてないし、きっと書いてくれないでしょう。

そういう意味では若手の小前亮(40才くらい)にはいろいろ期待したいところです。

で、本題の呉三国志ですが、タイトルどおり呉を中心として描いた三国志です。

それも正史に準拠した三国志・・・というか正史を引用しまくってます。

第1巻は孫堅、第2巻は孫策、第3~10巻が孫権(10巻は三国統一まで書いてます)という構成です。

第1巻の孫堅は三国志演義しか知らない人はまず知らない許昌や区星を滅ぼしたところなどが書かれており、また戦術も詳しく描かれていてオリジナリティ満載で面白かったです。

第1巻の終盤から諜報機関が登場し、その諜報機関による情報を使った情報戦で三国志を描くとあとがきにあり、なかなか期待させてくれました。

Photo

第2巻はまだ三国が揃ってないこともあり、まだまだ情報戦が少ないもののそこそこ面白いできでしたが、第3巻以降は劉備の台頭ということもあり、そっちの方の記載が多くなり、せっかく呉が中心だったのに半分以下くらいしか描かれていないのが残念です。

特にオリジナリティ(諜報機関同士の争い以外)がほとんどなく、マイナー武将がちょこちょこ現れて、正史を引用した紹介をしたり、赤壁以降はそういう武将による蛮族鎮圧とかが多くなってくるので厄介です。

で、この三国志の特徴というか呉は実は蛮族(山越など)に悩まされていて、積極的に魏とかに侵攻できなかった事実が書かれてます。

毎年のように蛮族が反乱を起こし、それの鎮圧に陸遜とか太史慈とか有名武将が実は駆りだされていたのが実情です。

その辺りがこの呉三国志ではよくわかります(陳舜臣の秘本三国志でも書かれてましたが)。

また人口問題についても書かれてます。

三国志の領土として上野画像のように色分けされているのがよくありますが、これだけを見ると魏と呉の領土面積は同じくらいだし、蜀もせいぜいその半分くらいでそこまで狭くありません。

しかし人口(戸籍がわかってる範囲で)は魏が443万人、呉が230万人、蜀が94万人です。

2

その差は実際に人が住んでいる地域を色付けしてみると、左の画像(この画像はネットから適当に拾ってきてます)の黄色部分になり、魏はだいたい国土のそのまんまですが、蜀は山ばかりなので人が住んでいる地域が少なく、呉は蛮族が多く支配が実際には行き届いていないのが実情です。

蜀はともかく呉は領土が広い割には蛮族等のために兵を割かなければいけないので、常に人不足に陥っていたというのがよく書かれてました。

そういう意味では演義しか知らない人にとって、いろいろ情報が得られるのでそういう意味では貴重な作品です。

また別の意味で貴重な作品としては、孔明死後の世界も描かれてます。

だいたいの小説は孔明の死で終わるのが通例ですが、この作品では晋による統一まで書かれていて、孫権の豊臣秀吉の老害以上老害っぷりが描かれています。

孫権は終盤、佞臣を寵愛したり、皇太子とお気に入りの皇子を同等に扱った結果お家騒動に陥って功臣(陸遜とかが)が死んでしまったりしてます。

最後にこの人の特徴ですが、中国にいたということもあり、話の途中で実際に観光か見学で行った時の情報をいろいろ書いてます。

そこで足止めをくらったような感じがして嫌になる人も多い中、私は比較的気にならない方でしたが、この呉三国志については頻繁に出てきて非常に鬱陶しかった。

その点と呉という視点で描かれていたのが中盤少なかったのが残念ところでしたが、いろいろな人物やエピソードが出てきて興味が湧いたこともいろいろあったのは収穫でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33832565

呉 三国志を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿