読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« ボウリング 大会に向けて練習 | メイン | 薬師寺 »

2016年5月 5日 (木)

法隆寺

P1010228_2

GWで大阪に帰省しているので、大阪の友人ともども奈良に行ってきました。

目的は薬師寺で開催されている「噂の刀展」に行くことなのだが、それだけだと時間が余るので法隆寺に行ってみました。

法隆寺は世界最古の木造建築で聖徳太子と推古天皇が用明天皇の遺願を継いで、創建された寺です。

黒岩重吾の「聖徳太子」を読んでいるので多少はこの時代のことを知っている。

ちなみに用明天皇は聖徳太子の父親です。

法隆寺は五重塔や金堂を中心とする西院伽藍と、ちょっと離れて夢殿を中心とした東院伽藍がある。

西院伽藍の入り口である中門は現在修理中です(平成30年に完了予定とのこと)。

南大門から入って西院伽藍に入る前の左手側に西円堂があり、ここの鐘が正岡子規の「柿食ば鐘が鳴るなり法隆寺」で有名な鐘です。

知らずに行ったので鐘があったかどうかには気づきませんでしたが、14時位に鐘がなったのを聞きました。

法隆寺の西院伽藍と東院伽藍への拝観料は1500円でした。

P1010233_2

入ってみるとまずは中門と回廊です。

うまく時間が合えば受付のおじさんの解説を聞くことができます。

まずは五重塔で、これは釈尊の遺骨を奉安するためのお墓だそうです。

なので見た目は5層立てですが、1階しかありません。

定期的にメンテンナンスのため解体修理していて、理由は不明だけど相輪(一番上の避雷針に?輪っかがついているようなもの)があるせいか雷が1度も落ちたことがないとか豆知識がいろいろ聞けます。

飛鳥時代の建築様式として、梁を支える雲斗(U字型のやつ)や雲肘木(肘を曲げたような<のようなやつ)、卍崩しの組子(2層目に見える卍が崩れた形の欄干)、あとは回廊にあるエンタシスの柱(中央がちょっと膨らんだ柱でギリシアから伝わった様式。まっすぐの場合、遠くから見るとほっそりしていて頼んないけど、膨らんでいるとしっかり見えるとか解説していた)などの解説を聞くことができる。

この解説はだいたい20分~30分くらいあり、タイミングが良ければ聞いといたほうがいいですね。

その後は順番的に一番でかい大講堂を周り、五重塔の隣にある金堂を見ました。

金堂には聖徳太子のために造られた金堂釈迦三尊像、父用明天皇のための金堂薬師如来坐像、母穴穂部間人皇后(あなほべのはしひとこうごう)のための金堂阿弥陀如来ぞ坐像と、それを守る四天王像(我が国最古)が安置されている。

だいたい仏像は恰幅の良いというかふっくらしているのが大半ですが、釈迦三尊像はやたらとスマートというかほっそりしてました。

そう言えば解説で毘沙門天(というか四天王像だから多聞天というべきだが)はよく出張すると言っていたが、たぶん展示会とかでいろんなところに行ってんだろうと思われる。

そんな感じで西院伽藍を見た後は出口を出て道沿いに進むと聖霊院があり、そこを過ぎて大宝蔵院に入りました。

ここには夢違観音像とか玉虫厨子などの仏像等の美術品があるが、解説とかがないのでさっぱりわからない。

夢違観音は悪夢を見てもこの仏像に祈れば吉夢に変えてくれるという観音様、厨子は仏像などを屋内に安置するための屋根付きの工作物で、玉虫厨子はその装飾に玉虫の羽を使われているそうです。

名前は聞いたことがあってもよくわからないのが多々あるので、事前に調べるか、詳しい人と一緒にいくと良いでしょう。

あとは聖徳太子の像や画がある。

P1010239


そこを出て東に離れたところに東院伽藍がある。

東院伽藍は聖徳太子が住んでいた斑鳩宮の跡に高僧が聖徳太子の遺徳を偲んで建てた伽藍だそうです。

ちなみに聖徳太子の一族は太子薨去後に蘇我入鹿によって滅ぼされました。

伽藍の中心部が画像の夢殿で聖徳太子等身の救世観音像(解説では「きゅうせい」と読んでいたが「くせ」だと思う)や聖徳太子の孝養像等が安置されている。

孝養像ってなんだろうってググってみると、16才のときに父の病気平癒を祈った姿を表した像っぽいです。

夢殿以外に舎利殿という聖徳太子が2才の春に合唱された掌中から出現した舎利を安置している建物や、絵殿(えでん)という聖徳太子一代の事績を描いた障子絵があるみたいですが、見れませんでした。

一応これで一通り周ってだいたい2時間程度でした。

他の地方から来た人は奈良周ったら法隆寺とかはよく行ってそうな気がしますが、逆に関西人は近いからあんまり行かなかったりします。

子供の頃に遠足で行ってそうですがまず記憶に残ってないです。

仮に行っていたとしても大人になって改めて行ってみるのはいいですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33818803

法隆寺を参照しているブログ:

コメント

法隆寺は初めて訪れたけど落ち着いた雰囲気で行って良かったと心から思える場所やった。
解説があったおかげで見所や歴史を感じることができたし個人的にはかなり良かった☆

人が多くなかったから比較的ゆっくりできてよかったな。
解説がないとふーんで簡単にしか見なくて、それじゃもったいないからある程度予備知識は合った方がいいな。

コメントを投稿