読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« ローダウン | メイン | 低炭水化物ダイエット9ヶ月目 »

2016年1月31日 (日)

MISSINGPARTS

Missing_parts

推理ゲームがやりたくなって、ちょっと古いですがPSPの「MISSINGPARTS -the TANTEI stories」のcomplete版を購入してプレイしました。

全6話でもともとはDream Castで3本だてで、その後PS2にA,Bと2本立て、そしてPSPで1本にまとめられたものです。

Dream Castという微妙な機種で出たせいなのかはあれですが売上が1万本も行ってないのはちょいと残念。

推理ゲームとしては逆転裁判とダンガンロンパはダントツで有名ですが、その他はぱっとしない(というか知らない)ので、なんとも言えないですがこのMISSINGPARTSは十分面白い作品です。

あらすじとしては、主人公真神恭介は鳴海探偵事務所で唯一の探偵(それも新米)で、あるアンディークがきっかけで名門木原家で起こる連続殺人事件に巻き込まれて、事件を解決するというものです。

もともと鳴海探偵事務所に恭介が母親の形見を探してもらおうと行ったものの、その探偵事務所の所長たる探偵が行方不明でその娘(探偵業はド素人)が所長代理を務めているところだったので、そのまんま探偵となっちゃったという話です。

各話はそれぞれ独立はしているものの、多少関連はしていて、母親の形見の件も含めて最終話に繋がるので、連続してやった方が楽しめます。

またちゃんと各話(5話までだが)に別個にヒロイン準備しているのはお約束です。

基本的に町中をさまよって情報収集するところがありますが、ここでうまくいかなくてもだいたいはストーリーとしては進められますが、最終的な評価は落ちますし、それにより結果が変わることもしばしばあります。

難易度はそこまで高くはないものの、情報収集で見落としてしまうことはしばしばあるのでランクAは情報収集時は繰り返しやらないと難しいかも。

さらに最終6話は細かいこと(ネタバレ的には日付)を覚えてないと失敗するのでちょっときつい。

探偵パートもさることながら、ワトソン的な役割の元チンピラの白石徹平らとのやりとりも十分に楽しめる作品でした。

推理ゲームとしては断然おすすめできる作品です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33727839

MISSINGPARTSを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿