読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« ボウリングコンペ結果 | メイン | 龍岡城五稜郭 »

2015年10月31日 (土)

春秋

ちょっと小難しい話です。

春秋というのは中国の春秋時代の歴史書で、魯という国の年次で記録されたものです(なので編年体の歴史書)。

孔子が編集したものと言われ、儒教の経書(五経)の1つです。

いつも思うのが儒教で儒学という学問なので、宗教じゃないだろうと違和感を覚える。

孔子を必要以上に崇めているという点では宗教ぽいといえば宗教ぽい。

経書というのがまあ聖典で、それの説明というか解釈したものを緯書と言います。

経度、緯度ということからもわかるかもしれませんが、経は「たていと」、緯は「よこいと」のことです。

この春秋というのがもとで、この時代を春秋時代と言います。

ちなみに戦国時代はこの時代の策謀というか縦横家の活躍っぷりが書かれた「戦国策」から来てます。

さて、上記で書いたように春秋が孔子が編纂したというのが一般的に知られていることですが、平勢隆郎「中国古代の予言書」を読んだ結果、どうやら違うようです。

というのもこの春秋時代ではまだ使用されていなかった改元法が使われているとのことです。

最初の史書として「史記」がありますが、これの年月日の整合性が取れないところが数多くあります(議題に上がりそうなのが2900箇所あるとか)。

なぜそんなことが起きるのか?

どうやら2種類の改元法があり、春秋戦国時代の国々によってそれぞれ使い方が異なるとのことで、いろいろごっちゃになったようです。

当たり前ですが西暦とかそんな考え方がないので、各国の史書にはその国のトップが君主についてからの何年という表記になります。

例えば魯の陰公の3年とかといった記載になります(公は爵位で、陰は諡)。

で、2種類というのは即位した年の扱い方で、前の君主が死んだ翌年を元年とする踰年改元法(踰年はゆねんと読み、踰は越すことを言う)、即位した年時代を元年とする立年改元法があります。

史記の矛盾をなくしたり、いろいろ検討していくとどうやら踰年改元法が使われ始めたのが紀元前338年、すなわち春秋時代が紀元前403年までなので、戦国時代に成立した改元法が春秋にも使われているということから、どうやら春秋は戦国時代以降に作られたということになるようです。

そして分析を進めるとどこの国で作られたのか推測できるみたいです。

ちなみに春秋の緯書として3伝あり、春秋公羊伝と春秋穀梁伝と春秋左氏伝があります。

公羊伝と穀梁伝は春秋の字句の解説や解釈で、左氏伝は史実の詳細の補足をしたものになります。

春秋と左氏伝の関係は陳寿の三国志とそれを補足した裴松之の注の関係に似てます。

春秋は簡素すぎますが、左伝による膨大な補足により歴史書としては面白い(オタクにとってはで、一般的には難しいと思います)ので、左氏伝マニアは結構居て、三国時代にも関羽とか晋の統一に貢献した杜預(杜甫の先祖)なんかが居ます。

ちなみに杜預の左氏伝注が今の左氏伝のメインになっていたりします。

で、この3伝も同じようにどこの国で作られたのか推論されてるそうです。

というのもどうやら春秋と3伝は作り的にそれぞれの国の正統性を謳っているものとみなせるからです。

それの推定の仕方は3つの暦(夏暦、殷暦、周暦)があり、それぞれで何月を正月にするかで異なります。

それぞれの国がどの暦を使っているかは日食の年月でわかります。

今の技術ではその年の何月に日食があったかどうかが計算できるからです。

後は君子として誰を扱っているか等から推論しているようです。

結論としては、

春秋→斉

公羊伝→斉

穀梁伝→中山

左氏伝→韓

のようです。

細かいところからここまでわかるとは歴史研究は面白いもんだなあと思いました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33629177

春秋を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿