読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 内房一人旅その2(崖観音失敗) | メイン | ボウリング_みんなのコンペ »

2015年9月22日 (火)

内房一人旅その3(日本寺)

Img_20150922_161358

日本寺へは保田駅からバスで行けるはずが、バスが2時間に1本くらい・・・

観光地なのにどういうこったと思いつつ、なんか時刻表みると※で鋸山保田口折返とかいうバスがあって、それがあと10分でくるのでこれで行けるじゃんと思って、これに乗った。

道が渋滞していてなかなか進まなかったが、よしやっとたどり着いたと思っていたら、素通り・・・

本当に折り返すだけで止まらないとはと嘆いていたら、また保田駅の方まで行き、そこから逆方向に。

もう千葉県のバスはわかりにくくて嫌になった。

どの道行けばたどり着けるかわかったので、途中でバス降りて鋸山保田口まで徒歩で30分くらい歩いた。

普通に道路を歩いたため、歩行できる場所がなく結構危なかった(あとで知ったことだが別にハイキングコースがある)。

鋸山保田口から少し登ったところに表参道で登れる箇所がある。

ここから登っていったのだが、登る人はおらず降って来る人ばかり。

それもそのはずでおそらく普通は浜金谷駅近くのロープウェイで登って、ロープウェイで帰らない人はこの表参道から降りてくるといった感じのようです。

表参道も結構な階段の数ですが、ちゃんと舗装されており、普段の出勤で階段200段を登っている私としてはそれほど苦でもなかった。

そして入り口である表参道管理所に着いたのが16時くらい。

入館は17時までなので意外と時間がなかった。

ここの手続きで普段あまりやってないような感じでかなり手際が悪く時間がかかったが、ここから登って行くと、途中で達磨石があり、そこが分岐点となって、上に行くコースと右の大仏に行くコースに別れる。

Img_20150922_161649


時間もないので大一目標である大仏を目指した。

大仏(薬師瑠璃光如来)前に到着してみると、ここはさすがに観光客が大勢いました。

日本一大きい大仏で高さは31.05mあり、奈良の大仏で18.18m、かまくらで13.35mとダントツの大きさを誇る。

見上げてみると本当にでかかった。

あと、隣接するようにちっこいお願い地蔵というものがあり、観光客はそこに売店で買ったちっこい地蔵に願い事や名前を書いてお供えしてました。

目的の大仏を見た後はそのまま大仏前参道の方を登って行きました。

ここまでだいぶ登ってきましたが、これもなんだんかんだで結構な階段の数で、あるカップルは女性を置き去りにして男が先に進んでたり、ある親子連れは子供を背負って登ってました。

父親は大変だなあと思った次第です。

それを横目でスルーして、横道それて不動滝(滝といってもちょろちょろ流れてる程度)を見て、そして聖徳太子像を見に行きました。

Img_20150922_163516

見に行ったと言っても、2015年5月7日に聖徳太子像がバカップルに破壊されたので、当然なく、意味深な空間があるだけでした(7月15日に18才少女が逮捕されたようですが)。

その事情を知らない人はその隣にある小さい像を見て、それを聖徳太子像だと思ってました。

それを横目にして千五百羅漢道にでも行こうと思いましたが、あまり時間もないので諦めて上に登って百尺観音を見に行くことにしました。

所謂「地獄のぞき」の反対側の下の部分がくり抜かれて作られてます。

これもまたでかかった。

100尺なので30mくらいあるのでしょう。

この時点で16時40分くらいでしたが、ロープウェイが17時までということもあるが、まだちょっとあるので頂上まで行くことにした。

この時点でも結構な高さだが、まだまだ階段を登る。

他のところに比べると、さらに急だったような気がします。

そして山頂に到着。

Img_20150922_163917

Img_20150922_163921

Img_20150922_163927

Img_20150922_163933

鋸山は標高324m、全くそんなつもりはありませんでしたが登山をしてしまった。

いい天気だったし、いい景色でした。

反対側の地獄のぞきの方には行きませんでした(行列になってました)。

まあ高所恐怖所の気がある私が下手に下を覗いたら気分が悪くなりそうですし。

ということで登頂したので後は帰るだけとロープウェイ乗り場に言ってみると、大行列。

普段は17時までだが、大混雑のため最後尾の人まで運行するという。

そんなこと言ってるとどんどん最後尾に並ばれて終わらないような気がする。

ロープウェイの切符は並んでる最中に途中で買えるなんだろうなと思っていたら、列から離れたところに切符売り場がある。

誰も買いに行かないし、不思議に思っていたら、よくよく考えてみるとだいたいの人はロープウェイ往復切符を買っているので誰も買いに行かないのかと気づいた。

一旦列から抜けると途中で入れてくれるとも思えないので、諦めて道を下っていくことにした。

一声かけたらもしかしたら入れてくるかもしないが、駄々こねてる子供をつれた親に話しかける勇気が私にはなかった。

どこから降りたかというと百尺観音のあった箇所に金谷下山口という入り口があり、そこから鋸山裏登山道があるので、そこから降りた。

Img_20150922_174542

表参道から登って、裏参道から降りるのはある意味ちょうどいいと思っていたが、これが甘かった。

表参道はちゃんと舗装されていたが、裏参道は完全な山道のまさに登山コース。

18時前でもうすでに日が沈みかけており、大分暗くなってきた。

ふと見てみると、画像のような立て看板があり、「まむしに注意」・・・こんなところにまみすが。

普段着+運動靴ではない普通の靴での登山はきつかった。

途中になぜか泥道があり、そこですべりかけて非常に焦った(幸い転ばなかった)。

途中ですれ違った人は懐中電灯をもった完全な登山客。

鬱蒼とした森の中なので18時前とは言え非常に暗い。

ロープに捕まらないと降りにくいところや、わかりにくい分岐点とかもあった。

一方は暗いけど下り道、もう一方は明るい上り道。

最初下り道を行こうとしたがやたらと暗く怪しくなったので引き返して上り道の方へ。

正解でした。

Img_20150922_175552

危うく遭難するところだった。

30分位降ってなんとか明かりが見えた時には助かった気持ちでした。

麓まで降りた時には辺りは真っ暗。

ということで、鋸山を完全に登山してしまった次第です。

明日は間違いなく明日が筋肉痛です。

基本的にリサーチ不足だったんですが、ほんと、災難な一日でした。

もう千葉なんて行きたくねえって感じですが、そのうち比較的都会な千葉の北部の方で、千葉城や関宿城、あとホワイト餃子なるものを食べに行きたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/33585463

内房一人旅その3(日本寺)を参照しているブログ:

コメント

こんにちは(⌒‐⌒)
3話読ませて頂きました、色々大変でしたね。
筋肉痛になっておられない事を祈ります( ´ ▽ ` )ノ

一人旅だと自分でプラン立てれるから自由にいろんなところいけるから、なんだかんだで充実した旅行やったでしょ?
あとは彼女と二人で行くのも悪くないんちゃう!(人のこと言えんけど)

>たぬみさん
いやあ、本当このときは運が悪かったので大変でした。
案の定、思いっきり足(太もも)が筋肉痛になりました。
山道のダメージがでかかったと思います。

>なかじゅん
基本的に自由に行動したい派だし、今回のやつは他の人と行ったらまず拒否られるだろうなって感じだからね。
ただ並んでいるときは複数人居た方がいいなあと思った。
一人並んでる最中にあとどれくらいか見に行けたり、もしくは買い出しとかも行ってもらえるから。
二人で行くときはこんなへんちくりんなプランは立てないし、まあ気をつける。

コメントを投稿