読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

TeNQ(宇宙ミュージアム)

Img_20150328_112408


東京ドームの近くにある東京ドームシティの一郭にあるTeNQ(宇宙ミュージアム)へ行ってきた。

名前の通り、宇宙博物館といったところで、TeNは「天」「展」「点」、Qは「Quest(探求・冒険の旅)」「Question」「心がキューッ」「Curiosity(好奇心)」「究める」「球」の意味があるそうです。

2014年7月頃にオープンされて、当時は混んでいたようですが、半年以上経っているので、そこそこ空いてます。

ネットから事前予約もできます。

ちなみに大人は1800円です。

入場が15分単位(購入時は30分単位)で仕切られており、だいたい1回につき20~30人位が入っているように思えました。

客層はだいたい家族連れ(春休みということもあるが)が多く、カップルも多少ありで、男一人は・・・居たような気もするし、わからない。

まあ、なかなか一人では来にくいスポットではある。

ステージ的にはエントランスを除くと8つあるので、順に説明していきます。

なお、2015/3/25~2015/4/5の間は春休み企画ということで、東京大学が進める「火星研究プロジェクト」に参加できます。

火星探査機が取得した画像データの解析のお手伝いですが、それほど難しい作業ではないので、参加してみるといいでしょう。それについても後で記載します。

画像はないものもあるので、それはHPを参照。

①トンネル0

暗いトンネルを抜けていきます。なんか妙な音が響いてました。

②はじまりの部屋

プロジェクションマッピングによる映像演出です。

様々な時代の宇宙観を次々とシーンとした雰囲気の中、5分間流れ続けます。

なんか解説が入るのかなとおもいきや、そういうのはない。

尚、ここは写真撮影禁止。

③シアター宙(そら)

足元のモニター(正確には囲みの中にあるモニタ)を覗きこんで、宇宙を体感します。

まずは月から始まり、地球、惑星、太陽、銀河系(天の川銀河まで)が次々と映しだされます。

地球を見下ろすところが好きですが、相方さんは太陽のところがお気に入りでした。

宇宙好きの方ならここままで十分楽しめます。

ここも写真撮影禁止です。これから後は写真撮影がOK(一部ダメですが)になります。

④サイエンス

Img_20150328_111353


まあ言えば、展示です。

宇宙の始まりから各惑星やその衛星、他人工衛星などが解説されてます。

そして部屋の中央部には、仰向けに寝転がれるちょっと角度のゆるいソファーがあります。

それに寝転がると、画像のような円形のモニタにいろいろな人工衛星から取った主に地球の画像が映し出されます。

ここでボケっと眺めているだけでも、なかなかのんびりできます。

また出口付近には火星を表現したゾーンがあります。

その中に最初の画像のようなちっこい火星の石が置かれていて、これに触れることができます。

さて、ここに最初に書いたリサーチセンターという東京大学総合研究博物館TeNQ分室というものがあり、ここで研究者が研究しています(ここは写真撮影禁止)。

その一角で、先ほど述べた火星研究プロジェクトに参加することができます。

その中身について紹介しましょう。

まず火星ですが、火星は地球のようなプレート活動や火山活動がないので、死んだ星と呼ばれています。

それに対して、この東大の研究室では死んではいない、活動しているんじゃないかということを見出そうとしてます。

それをどう証明するかというと、火星探査機の火星の画像データを2008年のもと2010年の画像で、様々な場所で比較します。

比較してみると、2008年の画像にはないが、2010年の画像には黒い斑点があったりします。

この斑点が地中から吹き出た水とかガスが開けた穴である可能性がありますし、もしかしたら外からの隕石等の衝突による穴かもしれない。

もし水やガスが噴出するとしたら、それは火星内部の活動ということで、死んだ星ではない証拠になります。

なので、膨大な画像データからこの2つの画像を見比べて、斑点の有無を発見しましょうというのが今回のプロジェクトです。

画像は全部で200枚程度あり、そのうちの1枚を担当します。

1枚もそこそこデカくて、それをポイントポイントで拡大して、比較して探します。

だいたいその作業をやりたい人の人数にもよりますが、今回は15分程度行いました。

で、実際やってみると全然見つからない。

Img_20150328_134220

それっぽいのがあったとしても、この2枚の画像は同じ時間帯ではないので、光の加減が異なるので、見間違えることが多々あります。

スタッフの方に聞いてみると、だいたい1日1件程度発見されているようです。

で、私達の場合ですが、基本的に相方が操作して、私も一緒に覗きこんでいただけですが、タイムリミットというときに相方さんが見事に発見しました。

それもだいたい斑点が1つに対して、相方さんが発見したのは約5つ(周辺に点在していた)!

最後にはコツというか、今までの経験の応用で発見できたみたいです。

なんか土壇場で逆転するところが流石です。

研究者も飛んできてビックリしており、ハイテンション気味でした。

で、発見すると上の図ように発見した箇所のプリント画像をもらえます。

赤枠で囲ったところに、黒い斑点がポツポツありますが、これがそうです。

また、HPにも書いてないのですが、これを発見した人には他の特典として、東大が出版している火星の本(かなり専門的であり、非売品。東大内では売っているらしい)、または天井に映像を映し出せる小さな丸いプロジェクターのようなもの(売店で売っている)のどちらかがもらえます。

まあ、一般のかたは後者のものをもらうと思いますが、相方さんはガチの宇宙好きでかつ学者肌の人なので、前者の本を頂いていました(読み終わったら、借りる予定)。

また、発見できなかったとしても参加賞としてポストカード1枚もらえます(4種類くらいあったか)。

⑤イマジネーション

Img_20150328_123721

宇宙に関係した、操作して遊べるコンテンツやアートなど、いろいろと遊べるゾーンがあります。

休憩スペースには左の画像のようなグレイくんも待ち受けているので、一緒に休憩するといいでしょう。

⑦つながる場所

ここは宇宙の映像に対して、偉人とかの宇宙に関する発言が表示されたり、消えたりするような映像が見えます。

こちらも最後のゾーンということもあり、これをバックに写真撮影する方もいました。

尚、その奥にも写真撮影ゾーンがありますが、ここは大人の男にはちょっと難易度が高いところです。

⑧TeNQ宇宙ストア

名前の通り、お土産物屋さんです。

書籍とかおもちゃ、そして宇宙食が売ってます。

おもちゃの中にはオール白色のジグソーパズルもありますし、地球儀、月球儀などもあります。

宇宙食はカレーとかピラフとかなぜかたこ焼き、またデザートにケーキやアイスなんかもありました。

以上が、TeNQの内容になります。

展示者としては一般的にもレベルの高いものではないかと思います。

ただ、知識0の方が来て、宇宙のことを興味持つようになるかと言われると、若干疑問を感じます。

宇宙に関してある程度知識のある方なら十分楽しめる内容だとは思います。

例えば、宇宙大好きっ子の相方さんはメチャクチャ満足されてました(まあ、なんだかんだで③時間いたし)。

私としても宇宙の話とかもできましたし、非常に満足できました。

2015年3月24日 (火)

だまし絵

2

またまた拾いモノですが。

だまし絵は目の錯覚を利用しているので、錯視絵とも言います。

また格好良く言うと、トロンプ・ルイユ(フランス語)とかトリックアートとも言います。

だまし絵と言えば、エッシャーが有名。

左の画像(Ascending and Descending)とか滝の絵なんか有名だと思う。

物理的にはありえないけど、うまく書いていると感心する。

さて、今日の本題は下の画像。

虫しか見えないけど、よく見ると何かに見えます。

さて、なんでしょう?

画像を小さくしたり、離れてみるとよくわかります。

1_3

2015年3月23日 (月)

ボウリング最高更新!250超え

257

土日出勤したので、今日は代休ということで朝からボウリング。

そうしたらハイスコア更新で、それも257。

今日はどちらかというと調子が悪かった。

まず、平日だし適当に行くかと行ってみると、すでに待ち時間発生。

なんでと思ったら、小学生~大学生まで春休みということで、小中学生くらいの子らが結構来ていた。

ということで1時間程度待ちで、11時くらいから開始した。

左隣はおじさん二人組で、私が投げ始めたときにはすでに10ゲーム近く投げていた。

さて序盤はいつものごとく立ち上がりが悪いので、スコアが悪くても気にしないのですが、3ゲーム目終わってもあまりスコアが伸びず、4ゲーム目、5ゲーム目なんてストライクが一回も出ずに、5ゲーム目なんて久々に112とか酷いスコアを出してしまった。

今日は最近見ないほど絶不調だなと思った。

で、6ゲーム始める前に左隣りのおじさんたちはたばこ休憩に行っていなくなって、そして運命の6ゲーム目開始。

そうするといきなりダブル、スペア、ストライクと続く・・・今までのスコアが嘘のようなスコアとなった。

まさか、昨日の加齢臭のせいでおじさんが苦手になったのか!

ということで、おじさん達戻ってくるなと祈りつつ投げ続けると、あら不思議4th達成。

8フレーム目のところでおじさん達が帰ってきた。

最高が狙えそうだし、このまま行ってくれと念じながら投げたら、9本・・・

ああ、終わったと思いつつ、負けてなるものかと集中力を切らさずに投げたら、スペアとって、ターキー。

そして最後10フレーム目の最後の投球、周りのおじさんたちの視線を感じつつ、最後の投球で、見事ストライクで、スコアは257!

おじさんたち拍手喝采。

いいおじさんたちです。

ボウリング大会のときもそうですが、稀に見る集中力を発揮すると強いもんです。

で、そのまま投げ続けると184,176、159と順調に落ちていって、またストライクが出なくなったので、11ゲーム目の途中で今日はもうダメかと思って、諦めてマイボールはやめた。

なので、ハウスボールで練習するかと始めた。

まずは軽めの11ポンド。

ちなみにマイボールは15ポンドなので、11ポンドは軽い軽い。

助走はいつもどおりだけど、最後の投げだけが早く投げたら、ピンが吹っ飛んで気持ちがよかった。

13ポンドでも軽くフックボールを投げたりして、コントロールを確認で数投投げた。

ふと、後ろを見ると小学校低学年のちびっ子が後ろでいたので、見る分にはこっちの方が面白いだろうと、11ポンドでピンをガンガンふっ飛ばした。

ちびっ子が母親に連れられていなくなってからは、13ポンドでフックボールでスコア狙い。

マイボールほど曲がらず、適度に曲がってくれて、こっちの方が調子良かったりした。

マイボールでのスコアは4ゲームで、127、188、181、195と、最初の1ゲームは練習として後3ゲームは、マイボールで調子いいときに連続で出すスコアでびっくりした。

意外とハウスボールでも行けるもんです。

最後は11ポンドでふっ飛ばしてストライクで終わったところに、スタッフのおねえちゃんが混んできたのでということで、ちょうどいいタイミングで追い出された。

全体的にはあまり調子よくなかったけど、目標の250超えを達成できてよかった。

そろそろ次の目標はパーフェクト300かな。

ということで、本日のスコア

139、183、168、139、112、257、184、176、159、150,127、188、181、195

スペア57(37%)、ストライク46(30%)、ハイスコア257、アベレージ168.4

2015年3月22日 (日)

加齢臭

昨夜、顧客先のネットワークの構成変更を実施した。

その無影響確認を今朝実施してもらったわけですが、なにか問題があったときにすぐ対応できるように顧客先に出ました。

この確認は10分程度で終わるのですが、その10分のために往復で4時間かけなきゃいけないはどうにかしてもらいたいところです。

この4時間を業務時間としてカウントしてくれたらいいんですけどねえ。

まあ、それはさておき、特に問題なくて30分ほど顧客先に居て帰宅した。

その帰宅中の電車の中で立っていた訳ですが、どこかの駅でおじさんが乗ってきた私の隣に立ちました。

そうすると、ものすごく焦げたような苦い?臭いがした。

なかなか凄まじい加齢臭だなと、結構鼻に来ました。

なんかだんだんと気分が悪くなってきたような気がしてましたが、まあ慣れました。

そのおじさんが途中で下車した後もそのままの状態でした(30分位は乗っていたか)。

そして何駅過ぎた後、乗り換えのために私もホームに降りて、新鮮な空気を吸いこんだ瞬間、嗅覚が復活し、今までの臭さが復活し、そしてまた気分が悪くなった。

いやあ、きつい加齢臭・・・みなさん気をつけましょう。

おじさんの印象が強いですが、女性でも発生するので要注意です。

さて、加齢臭の原因ですがノネナールという物質にあります。

これは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで生じます。

ということで、この脂肪酸と過酸化脂質の量を減らすことが対策となります。

脂肪酸は皮脂を分泌する皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸です。

これの原料となるのは肉類や脂質なので、その摂取を控えると良いでしょう。

男性ホルモンにより、分泌が促進されるわけですが、若い間は抑制力が働くみたいで防げてるみたいですが、40歳過ぎた頃からそれが弱まるみたいです。

また女性の場合も、徐々に女性ホルモンが弱まり、相対的に男性ホルモンが優位となり、それで強まるみたいです。

もう一つの過酸化脂質、活性酸素が体内で大量に発生したときに生じます。

その要因としてはストレスがあります。

確かに若い人でも徹夜続き等でストレスが溜まりまくっている人は結構臭ってました。

ということで、健康的な生活習慣にすれば、加齢臭も防げるので、注意しましょう。

2015年3月21日 (土)

目が悪い人には見える画像

拾いものですが、下の画像は目が悪い人には文字が見える画像です。

私の場合でも、眼鏡をかけてると見えませんが、眼鏡をはずすとうっすら見えました。

または画像を小さくすると見えてきます。

<追記>

コメントに原理を記載しました。

1_3

2015年3月14日 (土)

婚活(恋活)パーティーに行ってみた

私をリアルで知る人間にとっては衝撃的なことですが、婚活(恋活)パーティーに行ってきた。

もうそろそろいい年だし動き出すかと思い、友人(ボウリング友達ではない)とともに行ってきた。

I'm singleというオタク向けの婚活サイトに登録して行った。

あくまでもオタク向けなのではあるが、一応オタク趣味(アニメ、漫画、ゲーム)にご理解のある普通の人も参加可能だったりする。

女性の参加費用が極端に安いのでどんな人が来るのだろうとドキドキものでした。

ちなみに事前にどんな方が参加するかプロフィールは見れます。

女性なのでガッツリのオタク(深夜アニメとか)とかは少なかったです。

今回は参加者が結構多く、何人か正確なところはわかりませんが、男性18人、女性が13人位でした。

1対1になってないと思うかもしれませんが、正直これはありがたかった(後述する)。

初めてだし、まあどんなもんか体験できればいいかぐらいの息合いで突入した。

さて、パーティーの流れとしては以下のようになる。

①1対1で3分程度で互いに自己紹介する。

②この次のフリータイムでお話したい人を指名するためのアプローチシート3枚を記入する。

書かれたものは指名した相手に配られるが、そのシートに事前にメアドとかラインのIDとかを記載することができたりする。

この時点でだいたいの好感度?がわかる。

③フリータイムは3回あり、1回目は男から女へ、2回目は女から男へ、3回目は自由という感じです。

これはある意味椅子取り合戦で早い者勝ちか、かち合ったら2対1でという仕組みですが、ここで大本命カードというものがあり、それを使うと優先的に席につくことができます。

但し、相手からアプローチシートをもらっておく必要があります。

HPには書いてなかったのですが、このフリータイムは各3分なのでのんびりしゃべっている余裕はない。

④最終投票で、カップルになりたい人3名を指名し、かつ絶対に無理というNGの人も指名することができる。

NGに指名していなければ、相手からの投票があればそれだけでもカップルが成立してしまうので、なかなか要注意です。

以上の流れになります。

さて、これからが自分の感想になりますが、順に説明していきます。

まず①についてですが、3分は超短いです。

当初は1分自分、1分相手、1分互いにという感じでやろうかと思い、やってみましたが、凄まじく時間が足りませんでした。

そこで、次からはお互いに気になったところ(オタク趣味など)を聞き合うようになりました(周りもそんな感じでした)。

また基本的に女性陣は席に座ったままなのですが、男性は終わったら隣に移動する必要があり、大変です。

あとチェックシートという簡単な印象を記載する欄があるのですが、それを記載するのと移動する時間で20秒しか設けられてないので、非常にきつかった。

喋って移動して喋ってを繰り返すので、結構体力的にきついです。

なので、男性の数が多い分、はみる時間ができるのでそこで休憩できて助かりました。

ちなみにオタク趣味の内容ですが、相手の書いていた好きな漫画とかとは合致してなかったのですが、私が書いたのが若干古いやつだったので、意外と好きという方が多かった。

ちなみにアニメとしてはSTEINS;GATE、ゲームとしてはダンガンロンパやファイアエムブレムなどを上げていたのですが、結構この辺で食いつきがよかった。

逆に女の子で好きな漫画としては弱虫ペダルが多かった。

弱虫ペダルは高校生のロードバイクの話であり、結構根性論でなんとかなっているのが気になりますが、非常に熱く面白い漫画です(たぶんどっかで書く)。

これは男性率が非常に高い漫画なので、ある意味テニプリと同系統に扱われてそうなところがあります(もとの漫画の絵が腐女子が食いつきそうな絵ではないので理解に苦しみますが)。

②アプローチシートを書くのですが、如何せん自分のメモったチェックシートをもとに判断しなきゃいけない。

ぶっちゃけ詳細なメモを取る時間がないので、誰が誰やら結構忘れるのですが、とりあえず印象に残っている人を書く。

ちなみに一人、オタクと関係ところの理系大学院卒という共通点を持つ方が居て、メチャクチャ話があいました(詳細は語らない。仮にAさんとする。)。

③相手からのアプローチシートが配られた。

何気に二枚GET(それぞれメアドとLINEのIDが書いていた)。

相方は自分より童顔の甘いマスクをしたやつですがもらえず、ガッチリ系の私が2枚ももらえるなんてついにモテ期到来だろうか。

ちなみに1枚はAさんです(なので、もう一人を仮にBさんとする)。

ちなみにちなみに先の自己紹介のときにぶっちゃけ名前なんか覚えてる余裕はありません。

まず1回目は上で書いて人じゃないアプローチシートをもらった人のところに行きました。

というのもAさんのところにはすでに違う人が座っていたし、まあ次の2回目で指名されるだろうと自信満々に思っていたところもある。

Bさんはどちらかというと可愛い系(Aさんもですが)の人で、STEINS;GATEのことで非常に盛り上がった人でした(信者っぷりをアピールした)。

で、相手から見た私の印象は字が非常に綺麗なことがかなり強く残っていたみたいです。

はねのところから次のところまで微妙につながってる感じが書道っぽいとなかなか好評でした。

小さい頃に習字を習っていたことが今頃活きてきた(何気に小3で習字2段だ)。

またいろいろ喋ったけど、あまり記憶に残ってない。

2回目、女性からのアプローチだけど、本当にAさんが誘ってくれるかちょっとドキドキでした。

開始の合図後すぐには誘われなかったので、あれっ?とちょっと焦りましたが、ちゃんとAさんがアプローチしてくれました。

理由は顔で覚えてなくて、探していたら番号見て気づいたとのこと。

やはり記載した趣味の話ではなく、他のところの話ばかりしていた。

3回目、話し足りないのでまたAさんのところに行ったら、ライバル出現。

ということで2対1で話した。

ライバルの方が勢い盛んに喋ってましたが、Aさんがその前に話していた私の趣味のボウリングについて話を振っていたりと、なんかよくわからん会話でしたが、そのままタイムアップ。

圧倒的な喋りの勢いだったけど、若干軽い感じのライバルでした。

なぜかそれをフォローしたりもしていた私が意味不明。

④最終投票。

第1:Aさん、第2:Bさんで投票。

Aさんとはお互いに全然話足りない感じだったので、手応えばっちりでなんか行けそうな気がしていた。

結果は、順番に読み上げられて、男女それぞれ十数人ずつ居ましたが、カップル成立したは7組。

1組目は相方が呼ばれた。

ちょっとびっくり、フリータイムで逆転したようだ。

何気に私、3番目に呼ばれた。

お相手はAさん。

ということで見事にカップルというか、ガールフレンドをGETしました。

いろいろと趣味があるところが多く、これからが楽しみです。

今日1日は普段できない会話が出来て非常に楽しかったのですが、前半が非常に疲れました。

2015年3月11日 (水)

ボウリング1ゲーム約350歩

Image


先週土曜日は出勤したので、今日は代休で休み。

ということで、朝からボウリングだということで行ってきた。

普段ボウリングするときは、邪魔になるから財布や携帯は身につけず、かばんに入れてやっていた。

が、今回は1ゲームぐらいどれくらい歩いているのかなと思い、万歩計を起動したスマホを後ろポケットに入れてやってみた。

ストライクの回数次第で投げる回数は変わりますが、大まかな目安になるかと思います。

結果的には1ゲームあたり約350歩でした。

1ゲーム目でカウントしてみると、約350歩、今回は11ゲームやってトータル約4000歩程度だったので、やはり約350歩ぐらいになります。

1ゲームあたり最大21回投げれます。

今回の結果は、スペア33%、ストライク33%とまた綺麗に1/3ずつとなっているので、1ゲームあたり3ストライクで数えると、1ゲームあたり18回程度投げてます。

なので、1投あたり約20歩程度となりました。

ちなみに単純に歩いたときの消費カロリーの計算式は、

体重(kg)×歩幅(m)×歩数÷1000 (kcal)

になるみたいです。

それはともかく、今日の出来具合としては調子がいいのか、悪いのかよくわからない感じでした。

よく曲がるレーンだったので、やはり曲がりすぎてど真ん中に行ってスプリットというパターンが結構多かった。

程よく曲がってくれないので、まだまだ課題はありそうです。

まあ、それでも今日は231出たので良い方です。

このゲームは非常にもったいなかった。

簡単なスペアチャンスをギリギリのがしたのが2回あり、それがとれていたら250超えてたのに・・・惜しかった。

そして今日のスコアを列挙すると、

181、134、154、155、231、185、156、203、181、168、115

スペア40(33%)、ストライク40(33%)、ハイスコア231、アベレージ169.4

でした。

最後は前回出来た血豆が治りきらず、また痛くなった結果こうなっちゃいました。

これがなければアベレージは174.8だったんですが。

最近アベレージが170~180くらいに安定してきたのは良いのですが、そのアベレージ近辺の値が全然ないというのが微妙なところです。

もうそろそろ240に届いて欲しいところです。

2015年3月 4日 (水)

スマホケース

Image


タブレットもそうですが、スマホにすると大概の人はケースをつけます。

種類としてはおおまかには3パターンくらいあり、一番一般的には前面以外(側面と背面)を覆うタイプ、側面だけを覆うタイプ(iPhoneに多い。バンパータイプ)、手帳型(フラップタイプ)くらいかなと思う。

そんな中、私は何も考えずに手帳型を選んだ。

レザータイプで若干高級感があるからです。

不便なところとしては、スマホを操作するときは両手持ちになること。

手帳型なので、開いて持つことになるのでそうなる。

そもそもスマホ自体6インチとかなりでかいものなので、片手でもっても反対側まで親指が届かない(ただでさえ指短いのに)という事情もある。

Photo

但し、2枚目の画像のように背面が折り畳めるので、こうすると片手持ちも可能。

このように折り畳むと立てられるので、簡易スタンドになって便利です。

また、電話する時ですが、最初は開いて電話していたので、非常にやりにくかったのですが、普通に閉じたままでも通話できます。

ちゃんと音を発するところは空いているので、よく聞こえます。

どこから音声を拾っているのかわかりませんが、とりあえず普通に会話できることは確認しました。

ということで、手帳型もなかなかいいです。

午後休んでボウリングへ

今週は土曜日が出勤なので、当初の予定では金曜日の午後有休とって、そのままボウリングでもするかと思っていたら、金曜日午後に仕事が入ってしまった。

が、もともと木曜日に予定していた仕事がなくなったので、ちょっと余裕が出たので、今日午後有休取って休んで、ボウリングへ行ってきた。

平日午後というのに満員ではないけど、そこそこ混んでいた。

もう春休みに入っているのか、テスト休みなのかわからないが、高校生やら大学生が多かった。

となりのレーンが大学生くらいの連中でなかなか厄介だった。

というのも先にこちらがアプローチに入って投げようとしているのに、何も気にせず並んで投げる。

マナーなんてほとんどないので、非常にやっかいです。

あと最近の学生はサムレス(親指を嵌めない投げ方)でフックボールを投げる人が多く、あれはロフトボール気味になるから非常にうるさく、正直鬱陶しい。

ちなみにハウスボールでのサムレス投法はルール違反です。

穴にはすべて指を入れるのが鉄則です。

だから、どうしてもサムレスでやる人は2つ穴のマイボールにするのです。

あれはレーンを傷めるし、注意喚起して欲しいところです。

といろいろな要因があって、なかなか集中できず、前回ほど安定したスコアは出せなかった。

まあ200超え3回したので、そこそこの出来でした。

一応、列挙すると、

142、212、125、179、152、157、190、221、202、148、146、128

スペア53(41%)、ストライク39(30%)、アベレージ166.8、ハイスコア221

です。

今日は10ゲーム目あたりから指が痛くなってきて、最後の12ゲーム目はハウスボールでお遊び感覚で投げてました。

12ポンドを全速力で投げて結構スピード出てるなと思っていたら、血豆が出来てしまいました。

11ゲーム目まででアベレージを取ると170、9ゲーム目までだと175くらいです。

220を超えたし、2回連続200超えもしたので、良い出来の方だとは思います。

ただ、やはりストライクが最近4つ以上がなかなか出ない。

特に今日は完璧なストライクコースだと実感した投げが尽く1本残るという運の悪さがありました。

次は来週も仕事でなかなか難しそうだから、再来週くらいに行くかな、平日に。