読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 漢書 | メイン | ABC予想 »

2014年4月13日 (日)

カタンの開拓者たち

Photo


同期の家に遊びに行って、ボードゲームとカードゲームをやった。

それだけで徹夜・・・少なくとも休憩なしで12時間ぶっ続けでやるぐらいに熱中した。

ここではボードゲームの方である「カタンの開拓者たち」について書く。

カタンの開拓者たちにいろいろ書かれてます。

カタンの開拓者たちはドイツのボードゲームで、最大級のヒット作品であり、シリーズ化もされている。

基本的には3~4人で遊び、拡張キッドにより5,6人まで遊べる。

2人でもできなくはないが、あまり面白みがないと思われる。

ストーリー的には無人島に流れ着いた複数の入植者たちが開拓していって、もっと繁栄したものが勝ちというもので、簡単にいえば都市をどんどん作っていく陣取りゲームである。

ポイント制で10ポイント先取で勝ち。

ポイントは開拓地1個につき1ポイント、開拓地から繁栄した都市が2ポイント、あとはチャンスカード等がある。

開拓地の建設やそれから都市への繁栄、また開拓地を増やすための道の建設、チャンスカードの入手には資材が必要である。

その資材の入手方法は以下となる。

まず、画像のように資材(木、レンガ、鉄、羊、麦の5種)が書かれた18枚の六角形と1枚の山の六角形を適当に並べる。

そして、山以外のところに2~12の数字が書かれた丸を置く。

その六角形の頂点のところに開拓地(そして都市)を作り、開拓地を増やすためには六角形の辺にそって、2辺分つまり2つの道を作り、開拓地を作る。

ただし、開拓地(自分以外も含めて)の1つ道を挟んで隣には開拓地は建てられず、必ず2つ離れなければいけないので、他プレイヤーによる妨害も可能(破壊はできない)。

プレーヤーはターンが回ってくるごとにサイコロを2つ振り、その合計点の書かれた丸が置かれた六角形の資材を開拓地なら1枚、都市なら2枚もらえる(全プレーヤーが対象)。

こうやって資材を入手し、プレーヤーのターンでサイコロを振った後に建設なりができる。

また交渉というのもできる。

交渉は本当にプレーヤー間の交渉で、何かと何かを交換してと交渉ができる。

また同種のカード4枚で別のカード1枚と交換も可能であり、また海側の特定の場所に開拓地(港かな)を土2枚で別のカード1枚と交換や、同種のカード3枚で別のカード1枚と交換などもある。

このように資材をうまくGETしていって、開拓地や都市を建設し、10点を目指していくゲームである。

ただし、サイコロを2つ振った合計点なので、点数によっては当然でやすさがある。

6,8がでやすく、2,12はめったに出ない。

この6,8がどの資材にあるかによって大いに悩むところであった。

あと、山の上には盗賊(なんで無人島に盗賊がおんねんというツッコミはなしか。まあ入植者の一部が盗賊になったと考えるしかない。)がおり、サイコロ合計が7の場合は、盗賊を好きな六角形の上に移動させ、その六角形に隣接している開拓地をもつプレイヤー1人からカードを一枚もらうことができる。

また山賊がいる間はサイコロ合計で対象になったとしても、資材がもらえないということになる。

あと、資材カードを8枚以上もっている半分を捨てなければならないので結構痛い。

ただ捨てるカードは自分で選べるだけましである。

だいたいは6,8とかの上に移動させられ、結構資材がもらえないという羽目によくなった。

また初期状態は、一番最初に順番を決めた後(仮に①、②、③、④とする)に、①→②→③→④→④→③→②→①の順番に好きな場所に開拓地と道一つずつを置くことができる。

早い者勝ちできる①が有利に思えるが、④が連チャンで開拓地を置けるので、④も結構有利である。

また上記の2回で置いた開拓地に隣接する資材をもらうことができる。

この最初の初期位置が要と言ってもいいぐらい、超重要。

ここである程度戦略を考える必要があるので、なお面白い。

ルールを書くと上のような感じで若干ややこしいような気もするが、やればすぐなれる。

結構戦術が重要なので、かなり考えることもあり、初めての1回目は3時間くらい、慣れてくると1、2時間で1ゲームくらいで、かなり時間はかかるが、かなり面白いので、それほど長くは感じない。

3人でやるとマップが広く、4人でやるとマップがかなり狭く感じました。

こんなボードゲームで熱中するとは思わなかった。

なんだかんだでこういう戦略とか考えるゲームは結構しょうにあっているのか後半は勝ったので、尚良かったのかもしれない。

家族や友達とかで4人位集まって家で遊ぶようなときにこういう頭を使うボードゲームがあると非常に盛り上がるので、1個ぐらい持っていてもいいもしれないですね。

ただ時間がかかるのが玉に瑕です。。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/32198617

カタンの開拓者たちを参照しているブログ:

コメント

12時間休憩なしではまれるボードゲームってすごいな
ルール見ると結構おもしろそうやし、遊ぶ機会があればやってみたいね☆

あとカードゲームも含めて12時間な。
戦略性が重要だから、おもろいよ

コメントを投稿