読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

とまれ

本を読んでいると、「とまれ、~」という文がたまにある。

最初読んだ時(何年も前だが・・・海音寺さんの本かな?)、なんか文脈おかしくね?と思ったが、途中で「ともあれ」の略かと気付いた。

変な言い方しやがってと思っていたら、ちゃんとした日本語だった。

小学校で習ってないぞ!(たぶん)

ちなみに辞書を引くと、


と-まれ

[副]《「ともあれ」の音変化》いずれにせよ。ともかく。「―この仕事を先にかたづける」


まあ、本当にごくたまにしか見ないから、知らなくても問題ないが。

ちなみに古語で「とまれかくまれ」(ともあれかくもあれの略語)としてよく使われているらしい・・・古文は得意じゃなかったからなあ。漢文は得意だったけど。

知らないと恥をかくかどうかは微妙なラインですね。



ついでに「とにかく」は漢字で「兎に角」と書く。

兎に角なんかねえ、ドラクエのモンスター(いっかくうさぎ)かと思ってしまうが、当て字らしい。

仏教語の「兎角亀毛」からという説もあるとのこと。

これの意味は、兎に角はないし、亀に毛がないことから現実には有り得ないものの喩えとして用いられたり、実際に無いものを有るとすることを言ったもので、意味の面での関連性はなく、単に漢字を拝借したものであるらしい(語源由来辞典より)。

夏目漱石が多用して広まったらしい。

2013年3月30日 (土)

本の新品がまだ売ってるかどうかの判断

私は基本的に新品が好きです。

なので、本にしろゲームにしろできれば新品で買いたいと思ってます。

ゲームは高いので、中古で買ったほうが良いようにも思えるが、1回やればもういいかなと思えるものは、

発売日に買って、さっさとクリアして売れば結構高値で売れる(7000円くらいで買ったものが、5000円で売れたり)ので、結果的に待って中古を買うより安くなることもままある(そんなに安くならないし)。

それはともかく本の場合。

と言っても私が読む大半は歴史モノ(最近は推理モノも結構読むが)。

私の好きな宮城谷昌光や司馬遼太郎、吉川英治等の有名ドコロはまず絶版することはない。

以前にも書きましたが、吉川英治作品は青空文庫化されつつあるので、電子書籍を読める方は買う必要もないが。

そのせいもあってか最近書店に行くと、吉川英治作品がまた新装版となって棚に売っている(三国志とか宮本武蔵が目立った)。

ちなみに三国志はまだですが、宮本武蔵はすでに青空文庫化されている。

ということで、絶版することのない作品はとりあえず後回しにしているので、歴ヲタを自認している私でも実は司馬遼太郎作品とかあんまり読んでいなかったりする。

それでは私がよく読んでいるのは何かというと、PHP文庫や学術M文庫で売られているタイトルが武将名そのままという小説で、超有名武将(織田信長とか豊臣秀吉)を除いた武将の一代記を描いた作品を読んでいる。

よく読む人物としては、判官贔屓なところもあってか大谷吉継や島左近、島津義弘、立花宗茂、、真田昌幸(むしろ幸村はあんまり読まない)、石田三成という関ヶ原の西軍の人物が多い。

あとは梟雄と呼ばれる松永久秀、宇喜多直家、斎藤道三とかもよく読む。

逆に東軍側である徳川四天王とか加藤清正はあんまり読まない。

それはともかくこの辺の本は一般的にはマニアックなところなので、重版されることはあんまりなかったりする。

そのため、古いものは絶版となり新品が売ってなかったりする。

そしてまだ新品が売ってるかどうかを私はamazonでだいたい判断している。

amazonで新品売っていれば、他のところでも売っていることがほとんど。

ちなみに私は本を買う時はbooxを利用している(クレジットカードのポイントが普通の7~10倍近くつくから)。

ですが、ごくたまにamazonでもう新品売ってなくて、他で売っていることもある。

最近「城将 武田の忠臣・秋山信友の生涯」という単行本を購入しようとしました。

amazonでは新品が売ってなくて、中古本も1冊しかなく値段も現在3450円(定価2100円)だったりする。

文庫本はともかく単行本は絶版となっているものは希少なため、中古本でさえないときがあり、あったとしても定価の数倍の値段となっていたりする。

たまにamazonで中古本として定価程度の値段で出品されていることがあるから、巡回するのは結構大事。

オークションで1万円で売っていた本が、1000円で買えたときはちょっと嬉しかった。

で、上記の本を買おうとしてさすがに定価以上で買うのはきついので適当にググっていた。

そうすると楽天ブックスなりで引っかかるのだが、だいたい在庫状況が出版元からの取り寄せとかになっている。

こういう場合、だいたいは絶版重版未定ということが多く、買えないことが多いが、ダメ元で注文した方が良い。

上記の本はlivedoorブックスで出版元からの取り寄せで新品が買えた。

ということで、新品があるかどうかはいろいろ巡回したほうがよさそうだ。

P.S.

中古本買う時にブックオフを利用している人が結構多いみたいです。

この前ちょっと行ってみたのですが、なんだかんだで文庫本でも300円~500円近くするので結構高いように感じた(100円コーナーもあったが、状態が悪い本)。

amazonで買うと、本体価格1円というのがざらにある。

ただ送料250円が掛かるので、実質251円。

品揃え?もamazonの方がいいので、ブックオフには行くことがないなと思いました(売りには行くが)。

2013年3月17日 (日)

HARG療法

AGA治療で、HARG療法を計6回することを以前に書きました。

そして本日、最後の6回目をやってきた。

HARG療法はぶっちゃけて言うと、頭皮に注射して直接栄養を与えるというもの。

だから結構痛いし、多少血がにじみ出る。

最初の説明のときに痛みで耐えられなかった人はいないですよと言われたが、

今日は「痛みで倒れこむ人もいるんですよ、だから30分以上かかることもありますよ、ははは」とか言ってた。

ちなみに私のような普通?の人は5分もかからない程度で終わります。

というかあんな痛みと30分もやってられるか、早く終わってくれと思うのが普通だと思う。

それはともかくHARG療法1回目をやってからはや4ヶ月程度経ちますが、今で2,3回目の効果が出始めてるころだそうだ。

というより髪の毛伸びるのに時間かかるから、見た目への反映が遅いのかもしれない。

結果的には、見た目が滅茶苦茶変わってるかと言われると、そこまでは変わってない。

ただ以前までオールバックとか髪の毛を書き上げたりすると、生え際よりちょっと上で結構地肌が見えてヤベェと思っていたのが、今は普通に見えるのでその辺で効果があったのではないかと思われる。

頭頂部とかはどうかと思うが、見えないからなんとも言えない。

そもそもHARG療法とかはどちらかというとM字ハゲよりかは、頭頂部とかの薄毛の方に効きやすかったような気がする(だいぶ前にググったらそんな記事があったような)。

まあ注射自体、生え際からしかやんないからそれより下の部分が生えてくるかと言われた、そこまで効果はないよなと気はする。

ということでバイオテックよりかはよっぽど効果はあると思われる。

また4~6回目以降の効果はこれから出てくるはずなので、それを楽しみに(過剰には期待せず)したい。

これからのAGA治療としては当分はプロペシアを飲み続けること。

このHARG療法は4ヶ月か半年ぐらいに1回やるといいですよと言われたが、とりあえずはおいておく。

また気が向いたら行こうと思う。

2013年3月10日 (日)

アパートに引っ越して1年

いつのまにやら寮(レオパレス)を出て今のアパートに引っ越して1年になりました。

家賃はちょっと高いけど、大いに気に入っております。

やはり広めにして正解だった。

広い分、掃除するのが面倒くさいですが。

夏でも窓を開けて、扇風機回していればエアコン無しでも乗り切れましたし、最上階でも耐えられないほど暑くはなりませんでした。

ただ少し壁が薄いのか隣の話し声が聞こえる(内容はわかりませんが)のが玉に瑕(特に就寝時)。

転勤しない限りは住み続けるんだろうなと思います。

2013年3月 9日 (土)

PM2.5

中国からのPM2.5が関東の方にも来て標準値(1日平均35μg/m^3)をオーバーしている昨今(今日のニュースでは東京の値が福岡と変わらなかった。55μg/m^3)、そもそもPM2.5って何と思って調べてみた。

PM2.5はParticulate Matter 2.5 の略で、直径が2.5μm以下の超微粒子のこと。

直訳すると粒子状物質だと思うが、微小粒子状物質とも呼ばれるらしい。

特定の物質ではなく、総称という感じか。

大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質(SPM)は、環境基準として「大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒径が 10μm以下のものをいう」とのことなので、PM2.5はそれよりさらに小さい。

人体への影響としては、ぜんそくや気管支炎の呼吸系から肺がんとか循環器系がやられる。

粒子が小さいから気管を通りやすく、気道の奥の肺胞に付着して影響を与えるみたいだ。

ということで外を出る場合はマスクをしなければいけないが、普通のマスク(花粉用とか)はフィルターの目が荒いので、PM2.5はすり抜けてしまうため、専用のマスクが必要。

やはりひきこもりが最強か・・・

と思ったが、窓を開けたり換気するとPM2.5も入ってくるのか