読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 第5.5期肉体改造計画5週間目 | メイン | 一人暮らしの辛い時 »

2011年12月 1日 (木)

IGF-1

たまには髪の毛のことを書こう。

IGF-1(Insulin-like growth factor-1:インスリン様成長因子-1)という物質があります。

インスリン様というのは膵臓から分泌されるインスリンに構造が似ているため。

IGF-1は成長因子(体の成長、病気や怪我の治癒を促す物質)の一つで、血流増加作用を持つ。

このIGF-1により血流が増加し、細胞の成長が促進されるるため、毛髪の生育にも深く関わっている。

先天的にIGF-1を作れない病気があり、その病気を患っている患者さんは、髪の毛が細く折れやすく、また若年から薄毛になるらしいので、IGF-1が育毛に重要なのがわかる。

しかしIGF-1を成長ホルモン以外に増やす方法が今までなかった。

が、最近発見されたのが、知覚神経を刺激すると増えるということが血液学の研究からわかったそうです。

知覚神経を刺激するにはどうすればよいかというと辛いものを食べればよい(わさびとかのあのつんとする感じ)。

あんまり書くと著作権を侵害しそうなので書きませんが、最後にIGF-1の効能を列記します。

・血管拡張・糖代謝改善・高脂血症改善

・ナチュラルキラー細胞の活性化

・海馬神経の機能改善、再生

・皮膚血流増加、コラーゲン増加など

・性ホルモンの分泌増加

・毛母細胞の増殖促進


参考文献:岡嶋研二「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」




サプリで摂取しているのですが、嘘か真か私の後頭部がもう普通の人と変わらないくらいになっていると言われたので、効果があると思いたい・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/27536861

IGF-1を参照しているブログ:

コメント

こんにちわ!バイオテックの情報、かなりありがたいです。わたしはいま、リーブとバイオテックを2つ試して、どっちにするか、かなり迷っています。値段もやり方も違いも、いまいちよく分からないし。リーブは3ヶ月で効果あるというし、バイオテックは全てケアして2年はかかるというし。でも今すぐ申し込まないと抜け毛も増えてるし。Hpまた参考にさせてもらおうと思います。

>まっきーさん
正直いうと、値段も高いし両方とも微妙だと思いますよ。
バイオテックでなんだかんだで新商品が開発されて買う商品も増えること(変更されること)が多々あります。
私は金銭的な面でそろそろやめようかと思ってます。
もうなんだかんだで数年行ってますが、進行を遅らせてるだけかなと思いました(過労とストレスがひどくなってたのでなんとも言えませんが)。

たぶんこういうヘアーサロンに行くよりかはAGAに相談した方がいいと思います。
値段的にもバイオテックやリーブより格段に安いのでそちらの方がいいのではないかな(私はそっちを検討中です)。
とにかくご参考になれば幸いです。

コメントを投稿