読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« iPodからPCへ | メイン | 体操 日本人名の技 »

2011年10月15日 (土)

体操 G難度技

世界体操で、日本の内村選手が個人総合優勝3連覇をし、今日個人の床で金メダルを取った。

そのときの床の技でG難度技のリ・ジョンソン (後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)をやったそうです。

G難度技・・・ガンバFly Highが好きな私としては夢の難度ですが(フジマキⅡだけ)、なんかいつの間にG難度まで来ていたのですね。

難度については、1998年に一時的にスーパーE難度が、2006年からF難度、G難度が作られたらしい。

ただ跳馬だけは価値点なので難度ではない。

ちなみにG難度は他にこんな技がある

■床

リューキン (後方かかえ込み3回宙返り)




YouTube: LYUKIN V. 1990 FX

漫画じゃない3回宙返りはすげー!

ガンバFly HighではスーパーE難度でしたか。

■鉄棒

カッシーナ (伸身コールマン)
シャハム (コバチ1回半ひねり)
ピネダ(バーを越えながら ギンガー1/2回ひねり)

ちなみに女子はよくわからないが、

■床

シリバス(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)
チュソビチナ(後方伸身2回宙返り1回ひねり)
ドス・サントス(側方伸身2回宙返り)

(以上、Wikipediaより)

ガンバFly Highで内田がやっていた新技3回宙返り半ひねりもすでにやられていてドラグレスクという(価値点は最高の7.2)




YouTube: 圧巻!ドラグレスクのドラグレスク!

トカチェフ前宙の失敗動画がありましたが、失敗しているとはいえほんまにやってるからちょっと感動




YouTube: best move ever

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349117/27283217

体操 G難度技を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿