読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

朱温

Photo 仁木英之著「朱温」を読みました。

あまり聞いたことがない人物かもしれませんが、どちらかというと「朱全忠」という名前が知られていると思います。

高校の教科書に出てきたかどうかは微妙なところです。

それではちょっと歴史の勉強。

唐朝末期は安史の乱で、一時的に都が占領されるほどに弱っており、とどめといわんばかりに874年に黄巣の乱が勃発する。

朱温はこの反乱に参加し、次第に頭角を現したが、黄巣に危険視され、それを危ぶんで唐朝に寝返った。

そのおかげで黄巣の乱は収束を迎え、その功績により「全忠」という完全な忠誠を意味する名が贈られた。

乱は収束したとはいえ、三国時代の乱世のように朝廷は名ばかりで実力がない、地方長官である節度使が力をもち、群雄割拠の時代となった。

朱全忠は節度使となり、曹操と同じように中央部で力を蓄え、領土を広げ最終的には皇帝を手中に収め、907年に禅譲させ、皇帝となった(国号は粱)。

ここからは歴史的には五代十国時代と呼ばれる。

即位してから5年後、病床についた朱温は仮子(養子)に殺され、生涯をとじた。

結局、粱(後粱)も923年にライバルの息子李存勗に滅ぼされる。

以上、こんな感じです。

この朱温は田舎教師の三男で、朱温も劉備と同じように農民から皇帝に登りつめた男です。

英雄であることは間違いないと思いますが、帝位を簒奪するような男を主人公にできるものなか(簒奪してないけど董卓を主人公にするようなものか?)、それとも結構魅力的な人物だったのかと思いながら、この小説を読んだ(ここからはネタばれ含みます)。

この小説を買ったきっかけは店頭に見知らぬ名前の人物の本があり、登場人物のところをざっくり見て唐末期っていうのがわかったので購入した。

最初のほうを読んでいる感じでは、人望、実力、温かみのあるような人物で確かにヒーロー的な面もあるように思えたが、後に愛する姉と女(ある意味婚約した女)が凌辱され死に、また慕っていて部下にもなってくれた兄の朱存が戦死したところから、冷徹な人間になった。

蒼天航路で曹操が父が殺されたことの報告を受けたときの言葉の感じを思い出したが、そんな感じでしょう。

「唯一身を休める温かみのある場所を失った。後は峻厳なる冷酷な道を歩むのみ」みたいな感じだったでしょうか。

ここからは曹操のように法治主義的に進んでいく。

その中であるとき、部下の中で最強のNo1,No2の部将の仲は悪く、一緒に出陣させた際にNo1がNo2を殺してしまった。

No1は朱温旗揚げ当初からの最古参の将軍。

No2はちょっと前に配下となった将軍。

劉備軍でいうところの張飛と馬超のような感じでしょうか。

このとき朱温はどう処理したかというと、No1の部将を軍律により処刑。

泣いて馬謖を斬るという次元じゃないですねえ。

No2の部下は大将を殺されたわけだから、No1を軍律に従って処刑すべきと主張するのは正しい。

また、最古参でNo1の部将だからここで殺すのは惜しい。

ここでもし処刑しなければ、No1の部将はこれからも大活躍するだろうけれど、これからどこの英雄に属そうかと考えている在野の人材等が、この軍は有能だからといって法をないがしろにする、果ては寵臣だから罰から逃れなれる、信賞必罰がなってないという風に考え、この軍は駄目だ判断してしまうかもしれない。そうすると人材が集まらない・・・。

確かに非常に難しい場面だろう。

劉備なら殺さない、曹操なら殺すでしょう。

ここの判断は大将の性格、生き方によって異なると思う。

劉備なら軍律よりは侠の精神、仁義のほうを大事にするだろうから殺してはいけないところだろうと思う(孔明がいたらわかりませんが)。

曹操は朱温と同様法治主義で信賞必罰を重視し統率力を高め軍を強くしているので、ここで許すわけにはいかないと思う。

なかなか興味深い場面でした。

この小説を読んでみて、不思議に思ったのが、朱温は基本的に止めをささないように思えた。

生涯のライバルである李克用(立ち位置的には曹操でいうところの袁紹)も追い詰めて弱めたからもう相手にならんだろうとほっておいて、次の奴の弱体化を図るといった感じにして滅ぼして領土を広げるということはせず、相手から領土を削っている感じだった。

そんな中途半端だから、最終的に滅ぼされてしまう羽目になっている。

最後というか中盤行こうだが朱温はなんか暗い・・・感じがする。

朱温に関して気になったところはこんな感じでしょうか。

基本的にこの小説では主に朱温だが、一応全体的にいろいろな部将がかかれている。

結構個性豊かだとは思う。

なんかこの時代は讒言とかで結構名将、名臣が死んでいったりしている。

ある意味、非常に虚栄心の強い時代のようだ。

それに比べると、三国時代はあまりそういうことがなかったような気がする(袁紹の陣営くらいか?)。

あとはこの時代の地理がさっぱりわからない。

州がいっぱいありすぎて、場所も見当つかないし、せめて州が書いてある地図くらいは載せてほしかったと思います。

まあ、見慣れない時代のことだったので、勉強になったし非常に新鮮で面白かったと思います。

朱温に関しては小前亮氏の「知られざる素顔の中国皇帝」の中にも書いてあるので、興味があればご参考までに。

2009年10月30日 (金)

Windows7 Whopper

Windows7_whopper Windows7発売記念に作られた噂のWindows7 Whopperというハンバーガーを食ってきました。

関西ではあまり噂になってないかもしれない。

関西にはなく、関東でも東京、神奈川、埼玉、千葉にしかないバーガーキングというハンバーガーチェーンで売られているものです。

ちなみに神奈川県でも横浜にはない。

バーガーキングのハンバーガーWhopperの意味はとてつもなく大きいという意味で、ビーフ(パティという)が4オンス(113g)もある。

ちなみに本当かどうか知りませんが、マクドナルドのハンバーガーのパティが45g、ビッグマックのパティが90gらしい。

で、Windows7ということで、肉が7枚つまり、およそ800gに相当する。

定価は1450円で、毎日先着30名は777円です。

今日、昼を過ぎた13時くらいに神田駅前のバーガーキングに行ったら先着30名のやつは終わっていた。

なぜかセットで頼んでしまったので、1810円。

ホームページには注文を受け取ってから作るので5分程度かかりますとあったが、1,2分で出てきた。

画像の通りでかい。

財布と並べてみたが、財布よりちょっと大きい、つまりお札の縦幅より分厚い。

まずこのままでは顎を外さないと食えないので、とりあえず一番上のパンと肉2枚で食ってみた。

注文してから焼いているせいか、肉はちょっと熱めで脂ぎっていた。

どちらかというとマクドのハンバーガーのほうが好みな味でしたが、それなりに食えました。

次に肉2枚を食い始めた。

さすがにビーフオンリーで食うのはきつかった。

残り3枚+パン、食えなくはないが、昼からの仕事がきつくなるので残した。

休みの日だったら間違いなく食っていた。

セットのポテトはちゃんと食った。

完食はできなかったが、もとからネタ的に食ってみたかっただけなので満足。

別においしいわけでもないので、もう食べることはないと思います。

2009年10月29日 (木)

健康診断結果

8月、小山で残業しまくっていた時期に受けた健康診断の結果が出ました。

なかなか分かりやすい結果でした。

とりあえず新たに4つ軽度でひっかかりました(もともと太り気味で引っかかっていた)。

ちなみに去年の結果はダイエットしていたころなので大体の値がちょっと低めだった。

ちなみに引っかかったのは

・肝臓関係(GOT、GPT、γGPT全部2倍以上に)

・Tch(中性脂肪も2倍)

・尿酸(もとからちょっと高めだった)

・赤血球容積(もとからちょっと高めだった)

の4つ。

十中八九、原因は運動不足。

一番上のはちょっと脂肪肝にでもなっているのだと思う。

ということで、改善するためにも今後ダイエットをする予定です。

ダイエット方法は第3期の方法で基本的に行きます。

ただし、特に筋トレに力を入れようと思います。

そのためについにプロテインまで購入しちゃいました。

明後日(この記事を書いた次の日10/31)にプロテインが届くので、そこから始めようかと思う。

2009年10月28日 (水)

ローカルディスクの容量確保(復元ポイントの削除)

HDDの空き容量を増やすための方法その2です。

WindowsXPやVistaではシステムを前の状態に戻せるように(システムの復元)、復元ポイントというものを作っている。

特にVistaではHDDの容量の15%も使っているそうです。

これを削除すれば、空き容量が増やせます。

削除した場合は、もう復元できないので自己責任でお願いします。

手順(Vistaの場合、XPも対して変わらないと思われます)

1.「コンピュータ」→「ローカルディスク(C)」を右クリック

2.ディスクのクリーンアップをクリック

2.5.ユーザが複数ある場合は、このコンピュータの全ユーザーファイルをクリック

3.「詳細オプション」タブの下側のシステムの復元とシャドウコピーの「クリーンアップ」をクリック

4.「削除」をクリックすると、削除される

こうした結果、2G近く確保できました。

2009年10月21日 (水)

ローカルディスクの容量確保(C:\RECYCLERの削除)

会社のPCにてノートンで完全スキャンをしていると、C:\RECYCLERというところでやたらと時間がかかり、全然終わらない。

このフォルダを表示してみると(表示方法は下記に記載)、中身は空だけど、フォルダのサイズを見てみると3Gくらいあった。

もともとこのRECYCLERフォルダはごみ箱と関連しているようで、ゴミ箱を空にしてもその残骸が隠れて残っているのかもしれない(表示できませんが)。

適当に検索してみたら、ここのファイルがウィルスにかかっていることもあるとのこと。

無駄に容量をとっていることもあり、ゴミ箱を空にしているようなら中身を消しもいいと思われる(自己責任でお願いします)。

フォルダごと消しても問題なさそうですが(ごみ箱にごみを入れると、新たに作られるようだ)、消せるかどうかわかりません。

そこでコマンドプロンプトから消すのが無難だろうと思われます。

消し方(ちなみにXPです)

1.コマンドプロンプトを立ち上げる

2.次のコマンドを入力「cd %systemdrive%\recycler」

3.次のコマンドを入力「del *.* /f/s/q」

こうすると、~を削除みたいなのがコマンドプロンプト上に流れる。

それが止まると、Cドライブ(たぶんDドライブも)のRECYCLERの中身がすっきりとして数百キロになる。

容量をかせぐためにも一度調べてみるといいかもしれない。

家に帰ってVistaで見てみるとRECYCLERの代わりに$RECYCLE.BINというフォルダがあり、フォルダのサイズが数百キロだったので、容量削減ができなかった。残念。

最後に

CドライブやDドライブにあるRECYCLERという隠しフォルダの表示方法は

XPの場合、ツール→フォルダオプション→表示タブ→「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェック+保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)のチェックを外す

Vistaの場合、コントロールパネル→フォルダオプション→以下同じ

2009年10月17日 (土)

肋軟骨炎

以前2007年11月5日のblog心の痛みのところで書きましたが、肋間神経痛らしい症状が再発しました。

深呼吸したりなど胸をはったり、縮めたりするような動きをするとちょっと痛みが走った。

肋間神経痛の原因は冷房とかのあたりすぎという風に書きましたが、今回は1カ月以上前に工場は終わっているので冷房のあたりすぎということはない。

原因不明ということもあり、激痛でもないので問題はなかったのですが、一応病院に行くことにした。

行こうと思ったのは木曜日の午前中。

木曜日は休診である病院が多いですが、総合病院だったらやってるだろうと思って行ってみたら休みだった。

総合病院のくせにと思いながらも、近辺の病院を3,4件回ってみると、全滅。

1件ぐらい空いとけよと思いながらも、一時帰宅して空いているところを検索。

そうすると、新子安駅前にやっているとわかったので、行ってみた。

行ってみたら当然のごとく混んでいた。

なんかインフルエンザ(たぶん季節性)の予防注射のほうもやっていたのでその影響もあるようだ。

1時間半待った。

外に出ることも可能だったが(ポケベルを持っていけば、順番が来たら呼んでくれる)、とりあえず本を読んでいた。

診察の際に、症状を説明したら、たぶん肋軟骨の炎症ではないかと言われた。

基本的に動作したときに痛みが発生するのは、骨か筋肉が原因。

内臓が原因ならば常に痛い状態とのこと。

とりあえずこれで心臓が原因でなかったので一安心。

肋軟骨というのは胸骨と肋骨をくっつけている軟骨のこと。

胸をなんかどこかでぶつけたとか変な寝方したかとか訊かれましたが、そんなことは心当たりなし。

後で肋軟骨炎について調べてみると、上のほかに風邪とかその辺も原因の1つに挙げられていたが、基本的にこの肋軟骨炎の原因は不明だそうだ。

で、とりあえず経過観察ということで放置。

基本的にほっとけば勝手に治るとのこと。長い人で1カ月くらいと言ってたが。

よっぽど痛いんだったら痛みどめだすけどと言われたが、遠慮した。

ちなみに一応念のためにレントゲンをとったが特に問題なかった。

その後、もう昼になってましたがそのまま出社しました。

それから2,3日がたった今、このblogを書いているときにはもうあまり痛みを感じないようになっていた。

2009年10月 8日 (木)

蘭陵王

Photo 田中芳樹著の蘭陵王を読みました。

雅楽の演目として「蘭陵王」というのが知られているようだ。

軽く歴史のおさらいをすると、

三国時代ののち、晋が統一を果たすも、2代目の恵帝とその皇后が愚か過ぎて、八王の乱が起き、つづいて永嘉の乱が起き戦国時代に突入。

華北が北魏により統一されるまでの時代を五胡十六国時代という。

その北魏が東西に分かれ、それぞれが周と斉という国に乗っ取られる。

この時代を南北朝時代といい、これまた周が楊堅に乗っ取られ隋となり、統一を果たすことになる。

この三国時代から隋により統一が果たされるまでの間を魏晋南北朝時代という。

これぐらいは高校の授業でもやっていた。

そして、蘭陵王はこのうちの斉の皇族(高長恭という)で、武勇絶倫の超絶美形な人物である。

あまりにも柔和な美形なために、戦場で怖がられないから鉄の仮面をつけていた。

こういう記述が資治通鑑にあるとか。

彼の勇猛ぶりが兵士たちに称えられ、「蘭陵王入陣曲」という歌謡が作られ、それが日本に伝わり雅楽「蘭陵王」が作られたとか。

少なくともこの小説を読んでいる限りではだいたい少数精兵をもって大軍を破り、勇将を倒しまくってる、生涯無敗の人物。

ただ有能すぎて、また人望もあったため、皇帝から忌避された。

またこの皇帝が暗愚すぎて(劉禅なんてかわいいもんだ)、阿諛佞臣を重んじ、これまた斉軍最強無敗の忠臣を殺すなんてことをする。

こんな名将が殺されても、この蘭陵王というのはいつか殺されるとわかっていながら、斉の国を守るためにも出陣する。

最後のほうで大軍で攻められ、蘭陵王を主将にすれば勝てるかもしれないものを蘭陵王に大軍与えて謀反されてはかなわんと凡将を主将として蘭陵王にはわずかな兵しか与えなかったところを読んでいると、よくもまあここまで足元が見えてないものと辟易する。

最終的には毒酒を与えられて、死ぬことになる。

こんな美貌美声で最強の悲劇の王子様よくも今まで主人公として小説にならなかったものだと思う(時代がマイナーすぎるからだろうが)。

この本を読んでみると、この北朝の歴史(とくに北斉)が結構解説されていて、また蘭陵王がばったばったと敵将を倒しまくるのでなかなか面白い。

基本的にこの本(というよりこの時代か)は名将が無実の罪で殺されるケースが多すぎる。

それに対して、上記の愚帝はなんだかんだで国がほろんでも生きていて、その佞臣たちもそれなりの地位で生きているやつがいるのも非常に腹立たしい。

善臣がひどい死にかたをして、悪心が普通に人生を全うしているというのがある意味特徴的。

三国時代とかにも佞臣はいっぱいいたが、最終的にはちゃんと殺されている。

そういう意味でも非常にひどい時代だったのだなと心底思う。

感動したり、熱くなったりするようなシーンはないが、この時代を扱った作品が小説十八史略ぐらいしかないところも見ると、この時代を知るという意味でも非常に良い作品である。

後は、あとがきにもあるようにこの時代を三国時代のように非常に面白い時代なので、三国志のような小説を待つばかりである(少なくともこの作者は力つきたので書かないとのこと)。

弟子?の小前氏あたりが書いてくれないだろうか・・・。

2009年10月 3日 (土)

春秋戦国志

Photo 安能務(あのうつとむ)著の春秋戦国志を読みました。

安能氏は封神演義などの作品があります。

20年近く前の作品で、再版もされていないので中古で買うしかありませんでした。

保存状態「良」とありましたが、やはり結構ぼろぼろなので非常に残念です。

内容としてはタイトルの通り、春秋戦国時代を紀伝体のような感じで書かれた作品です。

全3巻で最初の2巻が春秋時代、最後1巻が戦国時代といった感じです。

一番最初は中国の美女は誰かから始まります。

その尺度としては傾城、傾国の美女という言葉があるようにどれだけ国を傾けたかという観点から選らんでいます。

そこから春秋時代の幕開けにつながっていくようになってます。

宮城谷作品は人に注目して史書に記されていないミッシングリングの部分を創造し(この部分が素晴らしい)、ある名将、名臣に対して濃い内容となっておりますが、この作品は史書にある部分を少し肉付けしてアレンジしている内容になっている。

宮城谷氏が描いていない孔子、孟子、荀子、呉起、申不害、尉燎などが描かれているので非常に参考になった。

孔子サマ、孟子サマとか書いているところからこの人も儒教が大嫌いなんでしょうか(荀子についてはそういう表現をしておりませんが)。

宮城谷作品や蒼天航路とかも読んでみると、やっぱり儒教が中国を駄目にしたという風に感じてなりません。

ローマ人の物語を読んでいて、キリスト教うぜーと思ったのと同レベルです。

ちなみに私はローマ人の物語を読んでキリスト教が大嫌いになりました(コロッセウムとかローマ帝国時代の芸術品を壊しまくるし、排他的価値感も気に食わない)。

それはともかくこの作品はところどころ深く、春秋戦国時代を全体的に見れて、宮城谷作品では抜け落ちている部分も回収できて非常に勉強になりました。

統一王朝がない、国が乱立しているような時代の場合、自分の国が抜け出るために新しい政治、軍事、思想がうまれ、発展していく。

むしろ国が統一されているような時代は競い合いがないため、実はあんまり発展していないように思える。

この時代は600年にも及ぶ混沌としてある意味束縛されることのない自由であった時代のため、諸子百家に代表されるようにさまざまな思想がうまれ、その思想が政治の場で実験でき、この時代があったからこそ偉大なる漢帝国ができたと言っても過言ではない。

当時の人はたまったもんじゃないでしょうけど、後世の人から見たら戦争はやりまくってるし、新しい考えは生まれるは非常に面白い時代なんですが、三国志と違ってあんまり注目を浴びないのが悲しい。

次は面白いのかどうかはわかりませんが、五胡十六国時代を開拓したいなあと思っています。

小説十八史略とか符堅ぐらしか知りませんけど。

2009年10月 2日 (金)

また小山に

また小山に行ってまいりました。

小山での仕事をいち早く抜けてから2回目です。

1回目はシルバーウィーク中に一応の納期が2週間くらい前で間に合わない勢いだったので、行ける人を可能な限り集めて小山に行って試験を終わらせようということで駆り出された。

これは思いっきり想定通りなので特に問題なし。

このときは自分のノルマの試験は終わらせたのでそのまま横浜に帰った。

その際に小山にいるメンバーにもう来ないからと言って帰りました。

が、今週末で一応の納期だというのに終わってないということで、またもや駆り出された。

前の分もそうですが、これは小山での作業を担当している課長からの要請ではなく、今の小山の状況を危ぶんだ今の私の直属の上司からの要請です。

なぜこんなやばい状態なのに小山の課長はアラームをあげないのかみんな不思議がってます。

ちなみに小山の課長はうちの課長も含め小山の作業しているメンバー、派遣されたメンバー全員に怒られ、文句を言われまくってます。

こんな状態でよくめげずにいられるものだとある意味感心します。

過労でぶっ倒れて、鬱になってもおかしくないような責められかたです(自業自得ですが)。

どう悪いかというと非常にでかいプロジェクトで詳しくわかっていないところもあるせいかまったくマネジメントができていないのです。

まだ一つの仕事が片付いていないのに次の作業を頼むわ、その仕事のゴールが見えないわ、作業員が頭となる人が足りないと根を上げているのに補充はしてくれないわ(手足となるような人だけを補充する、というかこの人仕事してんの?っていう人が居て、この人が私より給料をもらっていると思うと非常にムカつく)とこんな感じで、私も含めて負担ばっかり増やされるので体調を崩す人が続出して、さらに負担が増えるという蟻地獄でした。

ということで、人が全く足りていないので、終わっていない試験がまだあったのでそれを終わらせるために水木と行ってきました。

助っ人で行ったのはうちの課長と違うプロジェクトだけど技術力はすごい先輩と私の3人で行き、試験は終わらせてきました。

で、行ったら待っていたかのように質問をしに来る人が何人かその都度来ました。

うちの課長は皮肉って○玉詣でとか言うし、帰りの新幹線で課長が○玉(私)がいないとやっぱ駄目なのかなあと言ってきた。

私の実力は評価されるのは嬉しいのですが、もう行きたくないので思いっきり嫌な顔をしときました。

やはり帰り際に今度こそもう来ないからと小山のメンバーには言って帰りました。

もう呼び出されないことを祈ります。