読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

バイオテックに行ってみた4

今日も行ってきて髪の毛を見てもらいました。

生え際の方に産毛のような新毛がそれなりに生えてきて(鏡に思いっきり近づけてよく見ると短いのが結構生えているのを自分で確認した)、他の部分にも生えてきているとのことです。

普通この状態に入るので、早くて3か月、遅くて半年~1年ということで、なかなかの驚異的なスピードで生えてきているようです。

若さと継続的な自宅ケアのおかげです。

この自宅ケアもそれなりに面倒くさいので、面倒臭がって多少さぼってしまう人もいるそうですが、私はA型気質もあるB型なので1回もさぼりませんでした(風邪ひいていても普通にやってました)。

なんとなく、持ちあげられているような気がしますが、それでは次のステップへ行ってみましょうとのことになりました。

今までの自宅でのケアは余分な脂を落とし、新毛を生やそうとするケアでした。

次のケアはその新毛を太くしようとするものです。

髪の毛生産工場とも言える孟母細胞を活発化し、血行を良くすることで髪の毛へ栄養をより供給するようにして髪の毛を太くしようとするケアです。

これでまた髪の毛に塗る薬?が増えました。

その薬品料で半年分25万円です・・・

結局、一番高いコースにランクアップです。

成果がでているわけですから、特に文句もなく、さっさと生やして現状維持のステージに入ってお安くなった方がトータル的に安くなるのではという考えもあります。

どこぞの誰かが車買って、さらに無駄に高いタイヤに交換するようなものですから、そう考えたらまあいっかという気持ちになりました。

半年後には結構変わっているのではと期待しながら、適当に頑張ります!

2009年1月23日 (金)

蒼穹の昴

浅田次郎著の「蒼穹の昴」を読みました。

非常に面白い作品であった。

文庫本で全4巻なのだが、各巻毎に山場があり(読者の期待に答えるかのような予想通りの展開ですが)飽きませんでした。

そもそもこの作品を読もうと思ったきっかけは昨年の吉川栄治文学賞「中原の虹」が中国歴史小説であったことから興味を抱き、なんか帯かなんかに「司馬遼太郎、宮城谷昌光に続く中国歴史小説の新たな流れを作った」みたいなことが書いてあったために購入しました。

「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」という三部作のようです。

時代としては清王朝の末期、西太后が牛耳る時代で、まあどうでもいいことですが漫画「中華一番」と同じ頃です。

ちなみに中華一番の主人公の名は劉昴星で、この小説に昴星という言葉が2回出てきます。

なんか関係あるんですかねえ?

この小説が発表されたのが1996年で、ちょうどそのとき中華一番もやっていたはず!

それはともかく、内容としてはずばり貧民の主人公が宿命を信じてのし上がる話です。

それに伴って歴史の動きが読み取れる作品です。

そもそもころころ場面が変わり、あまり主人公が出てきません。

ある意味、宮城谷氏の「夏姫春秋」の夏姫くらいに出てきません(全体の1/4も出ていないのでは?)。

それでも山場にはなんだかんだで出てくるので、問題ありません。

程嬰と公孫杵臼の話(宮城谷氏の「孟夏の太陽」参照)みたいな良いシーンもあります。

いちばん興味深いのは宦官作成法でしょう。

なんと司馬遷の時代と作成法が全くと言っていいほど同じなのです。

少なくても私の記憶では横山光輝氏の「史記」の最初の司馬遷が宮刑を受ける際の処置とこの小説に書かれている方法が全く一緒でした。

2000年経っても変わらないとは、凄まじいものです。

適当に書きましたが、いろんな意味で刺激を受ける作品だと思うので、お勧めしたい一作であります。

私は次の「珍妃の井戸」を読みます。

2009年1月15日 (木)

バイオテックに行ってみた3

2009年になって横浜に帰ってきてから風邪をひいていますが、バイオテックに行ってみてからおよそ1か月ほど経ちました。

まだ1か月だからそれほど目立った効果はないだろうと思っていたら、鏡でよ~く生え際を見てみるとかなり見にくいですが、薄っすらと産毛のようなものが見えました。

あまりにもうっすらなので自信はないのですが、まじで生えてきたと思うことにしました。

まだこれは新毛で細すぎるため、これがそのまま太く伸びるということはなさそうです。

で、バイオテックに行ってカウンセラーの人に頭の状態を見てもらいました。

基本的にバイオテックではカウンセラーとケアをする技術師と分担されているようで、だいたい毎回同じ人です(最初のポニテのお姉さんではありません。ポニテのお姉さんはどちらかというとチーフっぽい人のようです、初回以降ほとんど見ていません)。

カウンセラーの人が言うには生え際の状態がかなり良いようで、普段あまりないようなのですが1ヶ月目にしてbefore & afterの写真を撮られました。

そんな目に見えるほどに変化が表れているのだろうか?

頭皮自身の状態は風邪をひいているということもあってあまり良くないらしく、次回よく見てみましょうということになりました。

100%カウンセラーの言うことを信用できないところはありますが、なんとなく生えてきているように見えるということが自分で確認でき、1か月で一応の結果っぽいのが出たのは大きく、このままやっていけば生えるのではという希望が出てきました。

数ヶ月後が楽しみです。

2009年1月 5日 (月)

免許更新&住所変更

ペーパードライバーのためいつのまにやらゴールドになってしまいました。

ちょうど誕生日1か月前ということもあり、大阪(光明池)で更新しました。

ついでに住所変更しようと思い、住民票の写しを持参しました。

しかし、残念ながら住所変更は大阪府内のみしか受け付けてくれませんでした。

簡単な手続きで済むような気がするんですが、お役所仕事なので固い。

また、横浜で住所変更しなければなりません。

面倒くさい・・・