読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月29日 (月)

三国志学会

Photo_3 三国志検定を受けたときに三国志学会入会の誘いというチラシがありました。

三国志学会は2006年に設立された学会で、年に1回の大会と年に一冊の三国志研究の発行を行っているそうです。

研究者だけでなく一般のマニアも入会できます。

年会費は2000円です。

ということで、申し込んだら左図の三国志研究第3号が入って送られてきました(ちにみに定価1500円と書いてある、それも間違って裏側を撮ってしまった)。

申し込んだだけで入会できるわけでなく、郵便振り込みして初めて入会となるそうなので、ぶっちゃけ入会しなくてもこの冊子はもらえます。

まだ、あまり読めてないのですが、韓国における三国志演義の伝承と受容に関する考察という項目がありました。

中国で三国志演義が出版された同時期にはもう韓国に入っていたと考えられていて、19世紀には人気のある部分だけを選んで改作されたりもして、三国志演義と内容が変わってしまった「三国誌」や趙雲主人公のやつもあったそうです。

最初を読んだ感じではそんなに難しいことが書いてあるわけでもなく、一般のヲタクでも読めそうです。

リンク:三国志学会

2008年12月25日 (木)

ボウリング200越え:5回目

Bowling200_5_2




2006年12月10日ぶり横浜かつマイボールでは初めてのボウリングで200越え。

マイボール買ってからはほぼ毎週行ってます。

マイボールでのフックボールになかなかコントロールが定まらなかったのですが、力あまり入れずに投げたらこんな感じのスコアがでました。

もう少し慣れたらもっと行きそうな気がする。

2008年12月23日 (火)

諸葛孔明

陳舜臣「諸葛孔明」を読みました。

正史三国志ベースに書かれているので、奇略を用いた軍事の天才ではなく、名宰相として描かれてます。

三国志検定前に読んでおくべきだったと思います。

というのも作品中に検定の問題に関わることが何個かあったことです。

例えば、私が間違った孫権の将軍号が討慮将軍であったこととか、劉焉が頼った兵が東州兵(これは知ってましたが)であったとか。

北伐中に武都、陰平郡を落としたのはという問題がありました。

私の記憶では陳式が攻撃すると、郭淮が来たので、孔明が応援に行くと、郭淮が引き上げたため2郡は落ちたとあった。

少し曖昧で、陳式って演義の影響か大したやつじゃないので、他の武将が落としたか孔明と共に落としたのではと思い、適当に馬岱を選んだ。

三国志の孔明の項を見ても上のような展開で陳式が落としたとは書いてなかった(攻撃したんだからそのまま落としたと考えるべきなんでしょうが)。

それはともかく、正史三国志を年を追って見れた点でもこの本はよかった。

もっとみるなら、同氏の「秘本三国志」を読んだほうがいいのでしょうねえ(そのうち読みますが)。

これを読んで涙しないやつは人じゃねえと言われた「出師の表」の訳が書いてあったり、呉があんまり勢力を拡大できなかったのは人口不足であったこととか、南征の方にも工夫がありました。

高校のときなんかで(少なくとも出師の表ではなかった)危急存亡の秋と出てきてなんで秋をときって読むのだろうと疑問に思ったという懐かしい記憶が蘇りました。

そういえば検定で出師の表の中で劉備が死んだことをどう記したかという問題があり、崩御とかそういう選択肢があり、よくもまあ答えの崩殂(ほうそ)なんて知ってたなあと自分でも本当にヲタクだなあと思いました。

演義の完璧な孔明に飽きた人には良い作品だと思います。

孔明は戦略家としては優れているが、戦術家としては2流以下なのかなあ(少なくとも法正の方が優れてそう)。

知名度はともかく実力としては、楽毅は無理でも、管仲には比肩できているでしょう。

三顧の礼の場面はトントン拍子に行っているために、この場面は宮城谷氏の「三国志」の場面の方がいいかもしれない。

宮城谷氏の三国志では、劉備の遺言のシーン、出師の表、孔明の死のシーンをより感動的に描いてくれればと切に願います。

2008年12月19日 (金)

ベンチコート

Photo 箱根駅伝ベンチコートを手に入れました。

楽天かなんかのオークションでは25000円で落札されてました。

ちなみに私の場合は読売新聞をとってあげたらもらえました。

2008年12月15日 (月)

第1回三国志検定追記

わからなかった問題を思い出したので、追記します。

Q.曹操が献帝を迎えたときの荀彧の官職は?

私の答え→侍中・守尚書令 正解→同左

尚書であることは蒼天航路から覚えていたが、録尚書事でないことはわかった。録尚書事は結構な職務を任されている。例えば、蜀では丞相は孔明だけであることから、孔明死後の最高職は大将軍兼録尚書事ということで、軍務および内政を取り仕切っていた。

荀彧の問題が5問ほどあった。

Q.党錮の禁を免れたのは?

私の答え→劉表 正解→同左

なんとなく劉表だった気がするで選んだら合っていた。

Q.屯田制を受け継いだのは?

私の答え→占田・課田制 正解→均田制?

Wikipediaで調べた限り、均田制っぽいが、選択肢にあったかどうかもうろ覚え。

Q.曹操が尊敬し、度遼将軍として活躍し、三公を歴任したのは?

私の答え→橋玄 正解→橋玄

選択肢が橋玄、馬融、鄭玄、蔡邕で、最後3人は学者なんで、違うだろうという判断。

→陳舜臣「諸葛孔明」より

県の功曹(下っぱ役人)のときに羊昌という高級官僚の悪事を告発し、周景(周喩の祖父の兄、太尉)の援助によって、一党を処罰したことで、一躍有名となった。その後、度遼将軍、河南尹(洛陽長官)を経て太尉に昇進した。

Q.五経はどれか

私の答え→春秋、尚書、周易、詩経、礼記?

正解→よくわからないが、上のやつはWikipediaの五経で載ってました。

Q.曹操の詩でないのは?

私の答え→帰去来辞? 正解→同左

短歌行、苦寒行は有名だから知ってる。帰去来辞は聞いたことがなく、蒿里行はなんとなく見たことがある気がした。調べたら蒿里行はあったので、たぶん正解。

帰去来辞は陶淵明がすべての官職を退けて田園に生きる決意を語った詩だそうです。

Q.孔明が赤壁前に呉の臣を論破する際に出した田横はどこの国の人か?

私の答え→斉 正解→同左

このことから孔明は田横を尊敬していると判断して、宮城谷昌光氏は田横主人公の香乱記を著したんだと思います。 最後のシーンは素晴らしかった。

こんな感じでなんとなくで選んだのが結構合っているので、希望が持てました。

追記の追記

孔明の羽扇の材料は鷹のようです(よくわかりませんが)。

また、三国志検定のHPを調べたら合格点が70点以上と合ったので、おそらく合格できるでしょう。

2008年12月14日 (日)

第1回三国志検定

Photo 三国志検定を受けてきました。

場所は武蔵大学で、池袋から西部池袋線に乗って2駅目くらいの江古田駅付近にあります。

とりあえず、感想としてはさすが2級というか難しかった。

ボーダーラインがわかりませんが、だいたい7,8割と考えると正直微妙なところです。

問題は100問のマークシートだったので、採点できればわかるのですが、残念ながら問題用紙も回収されたので手元にないので、採点できません。

とりあえず回答した中でこれは確実というのが70問くらいで、あってるかもっていうのが10問程度なので、本当に微妙なところです。

それでは覚えている問題で、合ってるか微妙な問題を書いていきたいと思います。

Q.曹操が袁紹と戦う前に孫権になんという将軍号を与えたでしょうか?

私の答え→破慮将軍 正解→討慮将軍

こんな細かいところまで覚えてません。孫策は討逆将軍というのは知ってましたが。

Q.曹操が死ぬ前に妾に与えたものはなにか?

私の答え→靴(たぶん) 正解→香

金と簪はないと思い、最初は香にしていたのですが、途中でやっぱり靴かなと思ってしまった。もう1回再考して香に戻していたらよいのですが。

Q.三国志演義で孔明が東南の風を呼ぶために設けた台を設けた山はどこか?

私の答え→北屏山(たぶん) 正解→南屏山

これも南か北で迷って最初は南、そして北にした気がする

Q.三国志演義で孔明が死ぬ前に寿命を延ばす儀式を行ったが、誰に願うか?

私の答え→南斗(たぶん) 正解→北斗

これも南か北で迷って最初は北、そして南にした気がする

Q.孔明の服装でふさわしくないのは?

私の答え→〇〇(読み方および漢字がわからない) 正解→〇〇(たぶん)

三国志演義の孔明登場シーンを見た感じあってそうな気がする。

Q。荀彧が推薦した人物の組み合わせとして正しいものは?

私の答え→鐘よう、郭嘉、王朗 正解→同左

王朗が推薦かどうかわからなかった(調べたらあった)。他の回答にはかくが入っていたりしたので、消去法ではこれになった

Q.荀彧、郭嘉の出身地の場所は(地図から選ぶ問題)

頴川郡というのはすぐにわかったが、場所となるとなかなか難しく、頴川郡のある豫州の中に選択肢がaとdの2つがあった。ゲームでは許昌で探索すると発見するので、そのあたりと推測して選んだ。もう一つの方はもう少し南で汝南あたりだった。

Q.三国志演義で張飛の武器の長さ一丈八尺は何メートル?

私の答え→4メートル 正解→4メートル(たぶん)

選択肢は2,4,6,8メートルで、1尺は23cmくらいだったと思う。帰り際、受験したと思われるカップルの女性の方が張飛の武器って何メートルと男の方に聞いて6メートルにしたとか答えていた。1尺が何cmか知らなくても、三国志とか読んでたら八尺とか出てきてそれから推測できるだろうと私は思うのですが。ちなみに孔明の身長は八尺で、演義で一番でかい兀突骨は一丈二尺で2メートル40cmです。

Q.許緒は曹操の寝室の警護をしていてその際に一族の誰かがきたがお休み中だと言って引き取ってもらった。そのときに来た一族の人物とは?

Q.徐庶に打ち破られた部将は誰か?

私の答え→曹仁(両方) 正解→同左

2問連続の問題で、一つ目の方はたしか曹仁たったと思ったのですが、次の問題も曹仁だったので、少し怪しんだが(両方とも同じ選択肢だった)、自分の記憶を信じた。

Q.五斗米道の張魯は曹操、後に曹丕のことをなんと読んだか?

私の答え→真人 正解→同左

たぶんこれだったと思った。ちなみに始皇帝は最初、自分のことを朕と呼ぶことにしたが、後に仙人になるんだということで一人称を真人(仙人の一人称)とした。

Q.三国志平話(演義の元になったお話)では孔明は何であったか?

私の答え→神仙 正解→同左

他の選択肢に超人とかあった。おぼろげな記憶でこれだろうと思ったらあっていた。

Q.司馬炎の不肖の後継者は?

私の答え→司馬衷 正解→同左

これを知ったのはごく最近で、タイプリストにも載せてますが坂口和澄氏の「逸話を綴る三国志」で知った。これに載っているのは奥さんの方で、父と娘で魏と晋を滅ぼした稀有な親子として紹介されていた。

Q.孔明の白羽扇の羽は何の羽?

私の答え→鷺? 正解→わかりません

こんなことがどこに載っているのかむしろ教えてほしい。

こんな感じで、だいたい2択まで絞り込んで、考え直して間違えるといういつものパターンです。

なかなかマニアックな問題で難しいと思います。

発表は来年1月の下旬ごろだそうです。

来年夏には第2回があり、そこで1級となんか赤壁検定というものがあるそうです。

1級では、正史にしかでてこないキャラとか、もしかしたら筆記かもしれないのでそれに向けて勉強していこうと思います。

2008年12月12日 (金)

バイオテックに行ってみた2

バイオテック2回目です。

今日は検査結果やコースの説明とケアをしました。

まず検査結果ですが、この前のケアで抜けた毛の本数と毛の分析に基づいて行われてます。

まず、抜けた本数からだいたい一日に220本くらい抜けているようです。

普通の人で50~70本だそうです。

かなり抜けまくっているみたいです。

次に脱毛の原因は主な頭皮の脂の多さ、血行不良、遺伝、ストレスです。

私の毛の検査結果から、全部該当しました・・・

全部該当するケースは珍しいようです。店長は久々に見たとか言ってました。

毛のどの部分が関連あるか一つ一つ教えてくれました。

例えば毛根の横幅(短径というそうです)が短いとかです。私の場合は毛根の縦幅(長径)の方は短くないそうです。

ちなみに毛を引っこ抜いた際についてくる白いやつは毛包といって、頭皮と毛をつける接着剤?みたいなもので、そこには毛自体をつくる毛母細胞があるため、毛包がないと毛は作られないそうです。ただし、正常の頭なら毛包も作られるので心配無用のようです。

兎に角4つの項目に該当するという予想通りの最悪の状態ですが、まずは頭皮の脂対策のコースから始めました。

私に勧められたコースは4つあり、その中で最高額のコースはやめて(効果がでる時間がはやまるっぽいことを言っていた)、その次のコースを選択しました。

ちなみに半年で1000000円くらいです。

1年で弐百萬かよと思ったのですが、そのうち40マンくらい機器代なので最初の半年を除けば年間壱百弐拾萬程度。

効果が出てくれば買うものが減るはずだからどんどん安くなるはずなので、まあ言うほど高くもないかと今思いました。

ある程度予想通りですし、この業界は高いんだからしょうがない・・・

生えてきさえすれば万々歳。

そして、その後ケア中にBefore & Afterのために写真を撮られました。

ちなみに今日はポニテの姉ちゃんもいましたが、実際のケアは別の姉ちゃんでした。

こんな感じでなにかあれば報告していきたいと思います。

2008年12月 6日 (土)

人間万事塞翁が馬

Shinjiさんことベッチーさんのblogの副題?が人間万事塞翁が馬だったので、そのことについて語ってみます。

この言葉の出典は淮南子(えなんじ)です。

たしかこんな話でした。

塞(とりで)近辺に住んでいた占い好きの爺さん(翁)の馬が国境の向こう側に逃げました。

隣人「馬が逃げて災難でしたな」

翁「そうでもないさ」

そのうち、翁の馬が国境の向こう側の馬(遊牧民族の馬)をつれて戻って来ました。

隣人「ラッキーでしたな」

翁「そうでもないさ」

そのうち、息子が遊牧民族の馬に乗っていたときに落馬して足を骨折した。

隣人「不憫ですな」

翁「そうでもないさ」

そのうち、遊牧民が攻めてきたので、若者が招集されたが、翁の息子は骨折していたため戦に出なくて済んだ。

こんな感じでした。

世の中、全部福は禍となったり、禍は福となったりするから、すぐに有頂天になったり、ぐたぐた悲しんだり済んなよといった意味だったような気がします。

ちなみに人間というのは人ではありません。

中国では人間というと人の間ということで、世の中、社会とかそういう意味だそうです。

2008年12月 5日 (金)

バイオテックに行ってみた

ついに決心し、乾坤一擲の勝負に出ました。

バイオテックと行ってもまず知らないでしょう。

いわゆる発毛・育毛サロンです。

日々髪の毛の減少に悩みつつ、親にそのことをつっこまれていたこともあり、適当に対策してきたが効果はなかった(インディアンシャンプーなど)。

資金もある程度たまったことだし、無駄金になるかもしれないが、行動しなければこのまま終わってしまうのは目に見えている。

行くにしても有名どころとしてはリーブ21やアデンランス、アートネイチャーがあるが、リーブ21についていろいろ調べてみると、まったく評判はよくない。

高いし、効果も言うほど出てない、発毛しない場合は返金するといっているが基準はあいまいなため返金されることなんてあまりないみたいなこと(うろ覚えのため一部事実と違うかもしれません)が書いてました。

で、リーブ21をやめてバイオテックに行ったら生えてきたとかいう書き込みもあったのでバイオテックを選択しました。

ついでに値段もリーブ21の半分くらいだそうです。

とりあえず今日は無料体験をしてきました(ちなみにリーブ21だと体験でも1万円かかります)。

1週間くらい前にネットで申し込みました。

で、行ってみると受付で同じ年ぐらいのポニーテールのお姉さんにカウンセリングルームに連れて行ってもらい、アンケートを記入しました。

アンケートが書き終えると、店長が直々にアンケートに対して対応してくれました。

店長は30代くらいのお姉さんでした。

アンケートに従って、いつ気になりだしたのかとか、家族はどうか等に雑談しながら答えてました。

別に聞き出した訳ではないのですが、店長は一人暮らしのB型で関西にいたこともありそうでした。

適当に質疑応答しました。

はげる要因は

テストステロン(男性ホルモン)+5αリダクターゼ→デヒドロテストステロン(DHT)

という反応による生成物がタンパク質の合成を抑制するために髪の生成を妨げるそうです。

遺伝というか体質の差はテストステロンというより5αリダクターゼの量のようです。

DHTは分解できないから、むしろこの反応を妨げるようにするそうです。

また、実際に見た目で生えてきたと実感できるのが半年から9か月くらいのようです。

早い人は3か月だとか。

で、適当に説明を受けた後、頭皮の状況を見ました。

200倍に拡大した映像で、後頭部(ここははげないそうです)を確かにしっかり生えていて、脂ぎってました。

自分の髪の毛は細いと思っていたのですが、店長さんがいうには普通だそうです。

頭皮の状態も少し赤みがあるが、悪くはないそうです(少し青ぽいのがいいそうです)。

後、頭頂部ややばい生え際を見てみると、ところどころ一本しかなかったり、脂が毛穴をふさいでいる(角栓様物質)が見られました。

興味があったこともあり、見れてよかった。

またあまり気にしてなかったのですが、頭頂部もちょっとやばいことがわかりました。

その後は店長さんではなく、受付で現れたお姉さんが来て、ケアをする場所に案内してもらいました。

実際にケアするのはそのお姉さんでした。

女性のスタッフしかいないのだろうか?

むさいおっさんではないのは非常にうれしいところだが、もしや無料体験だけかと思いつつも、男性スタッフを見なかったことや声も聞こえなかったところを見ると、女性スタッフだけかもしれない。

実際のケアは髪の毛を洗ったり、育毛剤つけたり、機械でオゾン照射したりといった感じの作業なのでむしろ女性の方がいいのでしょう(おっさんにそんなことされたらむしろ嫌だ)。

結構かわいい姉ちゃんだったので、むしろ嬉しかった。

カウンセリング合わせておよぼ90分くらいで終わりました。

また頭の状態を見ると、確かに角栓様物質は取れてました。

抜け毛も採取されて、結構多くてそれも短いのが多くて、これは結構やばいとのことでした。

短いということは生えて間もない毛が抜けているということなので確かにやばい。

とりあえずこれを本社の研究所に送って調べてもらい、それから決めましょうということになりましたので、今日はこのまま終了。

まだまだよくわかりませんが、応対も悪くなかったから、今のところはいい感じです。

最後に食生活について質問したのですが、魚とか野菜をいっぱい食えとのことでした。

具体的には

肉、魚、豆類(髪の99%はたんぱく質)

牡蠣、わかめ、ホウレンソウ、ひじき(タンパク質を生成するためのミネラル)

長いも、蓮根、納豆(ハリやつやを与えるコラーゲン)

ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ(頭皮の新陳代謝のためのビタミンA、E)

豚肉、豚レバー、サバ、卵(同上のビタミンB群)

オレンジ、グレープフルーツ(活性酸素の除去、亜鉛の吸収力を高めるビタミンC)

だそうです(冊子より)

次は1週間後です。

2008年12月 4日 (木)

中国傑物伝

Photo陳舜臣氏の中国傑物伝を読みました。

著者が選んだ中国の16人の傑物について書かれています。

三国志以降時代はあまり知らないので、知らない人物も結構いました。

ここで挙げられている傑物ですが、どちらかというと超有名人ばかりというわけではありません。

例えば、中国の有名人と言えば、諸葛孔明、岳飛や他に創始者である孔子、劉邦、劉秀(光武帝)、劉備、李世民などが思い浮かぶと思いますが、そういう人物は入ってません。

どちらかというと改革者的な人物や人生をうまく生きた人っぽいような人が選ばれます。

あとがきに著者自身が好みで選んだといってますし。

当然の如く、曹操は選ばれてます。

張良も選ばれていますが、劉邦を導いた謀略の才ではなく、劉邦、呂后の粛清を免れた才能の方で選ばれた感じです。

他に微妙に知っている宦官の鄭和とか、まったく知らない五胡十六国時代の符堅なども書かれていて新鮮でした。

ますます読みたい本が増えてきて困ったもんです。

10年前の私が見たらこんなに活字本を読むようになるとは思わなかっただろうなあとなんとなく思いました。