読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月27日 (木)

半休

また咽喉を痛めたことにより風邪をひきました。
もう結構治りかけだとは思うのですが、今日(というより今年)でやっておくべき仕事はほぼやったので休んでもいいかなと思って、半休とりました。
課長には明日も体調悪いなら休んだほうがいいと言われた。
休むつもりはありませんが。


14時くらいに会社を出て、家に向かいました。
家の近所の内科に行って、軽く診察してもらってカルテでも作っておこうかと思いましたが、ついでにゴルフ練習場のほうへと足を伸ばしました。
ちなみに子安農園ゴルフ場というところです。
地図で言うほど調べていなかったのですが、適当に行くとなんとかそれっぽいのが見つかりました。
入口が見当たりません。
ぐるっと一周回りました。
丘の上にあるのでちょっと大変でした。
一周回ってきてないなと思い、適当に近づいてみると、最初の地点に入口のようなところがありました(年末年始の営業時間等が書いてあったので間違いないでしょう)。
入口らしきところも見つかったので、帰りました。
家に帰るまで特にアップダウンもなく12分程度でつきました。
普通に毎週打ちに行けるので嬉しい。
意外と私の家はいいところにあります。

ちなみに帰る途中に内科に行ってみたら、休診日が木、日、祝日ということで休みだった。
最悪です。

自分へのクリスマスプレゼント

X7rn2791 12/24に買って12/25に届きました。
自分へのクリスマスプレゼントです。
虚しい・・・

昨日、打ちっぱなしの後にヨドバシカメラにある店で買いました。
途中でやめてもこれぐらいならあきらめがつくという値段の6万円ほどでした。

ほかに35万円のが14万円で売っていたので気になったのですが、初心者向けではないだろうということでやめた。

趣味であるボウリングですらマイボール買ってないのに1回しか行ってないゴルフでマイゴルフセットを買うとは・・・と自分で思う。
ボーナスでたせいか、それなりに金がたまっているせいか結構金に無頓着になっているところがなくもない。
もうそろそろ質素倹約モードに戻ろうかな・・・


といいつつ、私の家の近所にゴルフ練習場を発見してしまいました。
次はそこに偵察に行く予定です。

2007年12月24日 (月)

ゴルフ始めました2

Ohjilpqm
以前、ゴルフ始めましたと言ってWiiゴルフをやってましたが、今日は本当に打ちっぱなしに行ってきました。
ちなみに漢字では、孔球と書きます。

とりあえずフルスイングでボールに当てることを目標としました。
なんとなく最初はボールに当てるにも苦労するのだろうなあと思っていましたが、全く問題なくボールに当てることができました。今日やった240球(2000円)すべて当りました。
友人曰く、「最初のうちはなかなか当たらんから、飽きてやめてしまうのでは」と思っていたらしい。
やはり最初はなかなか当てられないのだろうか。
兎に角、最初に軽くフォームやらを教えてもらい、Pと書かれたクラブ(ピッチングウェッジか?)というものでやってました。
ちなみに2階席から打ちました。
最初は50yも飛ばないし、やたらと右に飛ぶはで苦労しました。
右に飛ぶのはヘッドの角度のせいだろうと思い、簡単に修正できました。
60球もすると慣れてきてまともに飛ぶようになりました。
友人曰く、「初めてなのになぜそんなにまっすぐ飛ぶのだ?」
そんなこと私にはわかりません。

次にクラブを変えて9番アイアンで打ちました。
少し慣れてくると100y近く飛びました。
飛距離は十分とのこと。

その次に7番アイアンで打つと100yを超え、5番アイアンで打つと150yくらい飛んだ。

最後にドライバーで打ったのですが、これは難しい。
角度がなかなかつけれない。
つけるとやたらと高く当たり、天井に当たって跳ね返って飛んできたボールが隣の人の方へ飛んだ時にはびっくりした。
でも、打球は低くても伸びがすごいので150yは飛んでいた。
まともに飛んでいかないのでまだ修行が必要です。

あとは気分で適当に打ってました。
結局、3時間ずっと打ってました。


初心者のわりにはフォームが綺麗だの、飛距離もあるだのと言われたので、動けるデブの面目は保てたかと思います。
やはりデブになっても運動神経は変わらずみたいです。

これでゴルフの打ちっぱなしも趣味にできそうです。


問題は帰る時に横浜駅に出てみるとカップルばかりでこちらは男2人でゴルフ・・・
非常に淋しい

2007年12月17日 (月)

ボーナス

そういえば12月10日に初ボーナスをもらいました。
およお月給の2倍強でした。
同期の友達の情報によるとどちらかというと高いみたいだ。
今のところ、使い道はないけど・・・

ところで調べてみると、新入社員のボーナスで1170万円もある会社があるそうだ。
ゴールドマン・サックスというアメリカの証券会社。
平均ボーナスが7250万円らしい。
ロンドンにある欧州本部の幹部は1億ドル(117億円)らしい。
レベルが違いすぎますな。

日本にも東京にあり、従業員1000人程らしい。

2007年12月16日 (日)

忘年会

忘年会の次期が到来しました。
といってもまだ忘年会にはまだ出ていませんが。
他の新横浜の同期は忘年会に出ています。
私は新横浜の事務所の方にほとんどいませんので、なかなか出席できないのです。
出席した同期も若い先輩も上司に気を遣いながら飲まなければならないのであまり行きたくない感じです。

2次会、3次会へと問答無用に連れまわされたそうです。
そのとき、カラオケ行くぞと言われ、それなりの年齢の先輩方がどんな歌を歌うのか興味を持ち、喜んで行ってみたらキャバクラへ連れて行かれたそうです。
感想は「10年早い」そうです。
オジサンたちは非常に楽しそうだったみたいですが、何がそんなに嬉しくて楽しいのかがいまいち感じられなかったみたいです。
行った2人とも私と違っておやじっぽい所がないのでよくわからないようだ。
私が行っていたらどうか・・・
それなりに楽しめるような気もする。

普通キャバクラなんて高いので絶対に行きたくないのですが、新人だから先輩方が奢ってくれるので、経験を積むためにもちょっと行ってみたいなあと思います。
自分からは言い出せないけど。

2007年12月 8日 (土)

まだ直りません

パソコンを故障に出して2週間。
もうそろそろ直って帰ってきてもいいのではと思っていたら連絡があった。

部品の在庫が切れていて、まだ時間がかかると・・・

今年の夏のモデルなのに部品がないのかよと思った。
ハードディスクの中身が消されなければ、時間がかかっても別にいいのですが。
ノートパソコンを買っておいてよかった。

2007年12月 1日 (土)

射雕英雄伝

宮城谷昌光氏の小説もほとんど読み終えたので(玉人やら夏姫春秋など女性が主人公のやつは読んでませんが)、何を読もうか迷ってました。
史記を読んだり、また孟夏の太陽などの宮城谷氏の小説を読んだりしていた。
趙家の滅亡を救った程嬰の話はよかった(主人公じゃないけど)。
まあ、それはともかく少し違う人の中国の小説を読もうと思った。
陳舜臣とか塚本�史などもあったが、金庸にしてみた。
中国の武侠小説で有名らしい。
中華圏で大ヒットしているらしく、「中国人がいれば、必ず金庸の小説がある」と言われるほどの人気ぶり。
映画やドラマ、漫画、ゲーム化されている。
1995年に、現代中国の代表的な作家を選んだ「二十世紀中国文学大師文庫」で、魯迅、沈従文、巴金に続く、第4位に置かれている。

今回読んだのは射雕(しゃちょう)英雄伝
宋の時代で北部を金に乗っ取られ、モンゴルが力をつけつつある時代の話。
テムジンが登場する。
宋の武芸をたしなむ義兄弟の二人がいろいろな事情により殺され、身重のその妻たちが連れ去られたり、逃げたりして、それぞれモンゴルと金に行って、そこで子供を産み、その二人の子供がなんかしていく話。
1巻はモンゴルで育った子供(主人公?)が舞台。
復讐(?)のために7人の師匠から武芸を習うも愚鈍なせいでなかなか成長できず悩み苦しむまっすぐで勇気ある少年の戦いの話。
まだ1巻を読んでる途中なのですが、さすがは武侠小説というだけあって戦いまくってます(戦争ではない)。
そういう小説は読んでないのでなかなか面白い。
1日で1冊読んでしまった。
本来は電車の中で読むようだったのだが・・・


ドラマ化されており、日本語のホームページもあった。
ちょっと見てみたいような気もする。