読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

孫子の兵法

Kbj6b404
新横浜に来てからあまり漫画を買っていなかったのですが、ひさびさに面白そうなものがあったから買ってみた。

香港出身の漫画家が描いている。
一般的に孫子と言えば、孫武と孫ビンですが、これは孫武の話。

1巻で師匠が鬼谷子で学友にホウケンと出てきたときには大丈夫かこれと思った(本当は孫ビンの師匠で学友)。
全5巻読みましたが、結構面白かった。
大まかな流れは横山光輝の史記を読んで知っていましたが、これではもう少し細かく書いていた。
各巻末で、孫氏の兵法の日本語訳と解説も書いてあるので、孫子の兵法とかに興味を持っている人がいれば読んでみてもよいのではないかと思う。


以前に書いた虹で少し間違ってました。
普通ではない副虹の水滴での分散の仕方が間違っていた。
Tjhs4ooi
こんな感じだった。どこかの大学入試の物理の問題であった。

追伸
鬼谷子について間違ってました。
鬼谷子は孫ビンの師匠ではなく、縦横家の祖ともいうべき人で、蘇秦と張儀の師匠でした。

2007年7月21日 (土)

脳内メーカー

Xd2jjqq2
Shinjiさんのblogを見て私もやってみました。
Hと金が隙間なくぎっしりと。
人間だれもがHなのでそれを書いとけばはずれることはないと思って大体の人に書いているのではないか。
兎にも角にもShinjiさんとの違いは金がぎっしり。
まあ間違ってはいないけど。
愛なんてないらしい。

2007年7月15日 (日)

回鍋肉

Eocfzs3k
回鍋肉(ホイコーロー)を作ってみた。
ちなみに回鍋とは一度調理したものを再び鍋に戻して調理すること。
私が作った方法は、どこかのページのものを参考にしたのですが、豆板醤とにんにくをいれ、豚バラ肉を炒め、その後、キャベツとピーマンを炒めたて、合わせ調味料を加えて完成。
なので回鍋はやってない。
たぶん普通は肉を炒めて、鍋から取り出して、野菜とかを炒めてから炒めた肉を加えるんだと思う。
豆板醤と味噌が効いてご飯によく合いました。
調理法を覚えるまでこれから頻繁に作ろうかと思います。
ちなみにCook Doのやつは使ってませんので。


ホイコーローを食べながら平成教育予備校を見ていたら虹の話をしていた。
やたらと普通の虹を強調していたと思う。
普通でない虹は見たことはないが、存在は知っている。
それは普通とは逆で一番上が紫で一番下が赤である虹。
4melzjj_

図は水滴に光が入ったときの光の経路。左は通常の虹。右が逆になる虹だったと思う。ちょっと考えたんですが、たぶんこれで合っている気がする。見ればわかるようにたぶん上空でできるんだと思います。

また、太陽光だけでなく月光でも同じような現象が起きると思う。
仕事帰りに満月を見たとき、その周り(リング状に)が軽い虹っぽく光が分散されているように見えたことがある。
虹といっても3種類の色しか見えなかったけど。
月光は光が弱いのでなかなか虹が見えずらいのが残念。

2007年7月 8日 (日)

お中元

実家にお中元を送ってみた。
ユニーとかで見てみたらだいたい3000円くらいのが多かった。
実家に送るものなのですぐに何を送るか決定したので悩まずに済んだ。


そもそも中元とは?
上元、下元ってあるのか?
調べてみると予想通りあった。総称して三元といって中国の道教の行事が日本に伝わったもの。
中元は旧暦7月15日に半年間無事に暮らせたことを祝い、祖先の霊を供養する日らしい。
お盆(盂蘭盆の略)の行事と習合して、祖先の霊を供養し、両親に食べ物を送るようになったらしい。

2007年7月 7日 (土)

親知らず

昨年、同期で同じ研究室のI氏が親知らずを抜いてえらい痛がっていた。
痛くて昼飯としてヨーグルトを食っていた記憶がある。

ついに私も親知らずを抜いちゃいました。
そもそも歯医者に行っていたのは2週間前にやたらと親知らずあたりが痛かったから。
その原因は奥歯のかみ合わせが悪かったからだったので親知らずは関係なかった。
そのときにいろいろと虫歯が発見されたので先週も治療して今週もそうなのかなと思っていたら虫歯になっていた親知らずを抜くことになった。

親知らずを抜く前に歯石を取っていた。機械のチップの先端が超音波振動して歯石をつぶしていたようです。これが歯茎に当たってちくちく痛いわ、血が出るわ、音も厭でした。


そのあと、親知らずを抜きました。
麻酔を結構大量にされました。歯科用麻酔、ジンジカインゲル(バナナ味)を使用してました。なぜバナナ味?確かにバナナっぽい味はした。
抜くときは力技っぽかった。
麻酔しているのにやたらと痛かった。
親知らずをグラグラさせるとき、最初に軽くやって痛くないですかと質問されてうなずくと、次に力強くグラグラされた。
そんなに力入れたら痛いだろうと突っ込みたかった。
痛かったら手を上げてくださいと普段は我慢できるのでたぶん挙げない人が大半だと思うのですが、今回はマジで痛かったので挙げちゃいました。
久々に痛みで涙が出た。
微妙に抜かれる野菜(というより大地か)の気持ちになった。
結構根付いていた。
歯医者さんも結構根深かったと言っていた。

また今度もう一本抜く予定であります。
この痛みをもう一度・・・鬱


どうでもいいことですが、親知らずは成人後に生え始め、多くの人は親元を離れるため、親が歯の生え始めを知ることはないから親知らずという名がついている。
英語ではwisdom tooth。智歯。物事の分別がついてから歯が生え始めることに由来する。

やっとプログラムに

研修が終わって開発演習に入って2か月。
やっとプログラムに入りました。
この2か月は仕様を理解し、プログラムを作りやすくするための設計書づくり。
忙しかったけどあんまりおもしろくなかった。

最初のころにやったjavaのことなど大分忘れてましたが、なんとかなってます。
DBを読み込んだりするのでなかなかやっかいなところがありますが、プログラムを作るのは楽しい。
動くとうれしいし。
この辺はものづくりと同じ。
私の担当している箇所はもう少しで終わるのだが、ほかのメンバのが期限内に終わるのかどうか心配なところです。


話変わりますが、
浅草の写真をHPにUPしました。

2007年7月 2日 (月)

残業解禁

入社して3ヶ月が過ぎ、試用期間が終わり今月から残業が解禁になりました。
今日から早速残業かと気合を入れていたら、今のプロジェクトは新人を残業させるほど無駄金はないとのことで残業はなし。
もっと余裕がなくなってこないと残業はできなさそう。

奨学金の返済やらなんやらでどんどん給料が減っていくからもっと稼ぎたかったんだけどなあ。