読書メーター

  • BINさんの読書メーター

ブクログ

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月27日 (土)

修論提出まで後1週間

水曜日にコロキウムで修論の内容を発表しました。
修論発表当日には発表する予定のない数値計算のところでいくつか突っ込まれた。
私が編み出した数値計算でもなく、特に疑いもせずその計算を行ったので結構困った。
結果的にはうまくいっているので問題ないのですが・・・
何気にアニメーションまで作ったのに反応が薄かった。
確かに全く意味はないけれど・・・

やはり発表は疲れました。
どうも発表する前は内容が薄すぎて1時間もかからずに終わってしまうのではと思うけどなんだかんだで2時間かかりました。
後は修論を仕上げ、発表するのみ

修論はおおよそできているので安心です。
4回生で結構苦労している子がいるみたいですが。



話は変わりますが、京都にマンガの博物館があるそうです。
明治の頃の雑誌やら古いマンガも展示しているらしい。
5万点ほどのマンガも読めるみたい。
観覧量大人500円だから結構安いかもしれない。
京都行くついでに見に行こうかなあ。

2007年1月20日 (土)

修論提出まで後2週間

とりあえず修論を書いて指導教官である教授に提出しました。
修論は40ページほど。
結構頑張って書いてこれだけ。
少ない・・・


どちらにしろ、かなり手直しをしなければいけないと思うし、構成から直さないといけないかもしれない。

2007年1月13日 (土)

ポンチ絵

修論を書いているときにポンチ絵を描いた。
ポンチ絵のポンチとは何か?調べてみた。

1862年ごろ、画家ワーグマンが創刊した英文の漫画雑誌「ジャパン-パンチ(The Japan Punch)」に掲載された漫画を称したころによる

goo辞書に書いてある。
パンチがなまってポンチになったらしい。
punchはサンスクリット語から英語に入ったらしく、意味は「五」だそうです。
フルーツポンチは5種類の果物が入っているということらしい。

普通、「漫画」は英語でcartoon,comicといった感じですが、日本の漫画は「manga]というそうだ。
また、Wikipedeiaのmangaの項ではなぜか代表的な漫画かどうか知りませんが犬夜叉が一番上にでています。
漫画家もmangakaというそうです。

2007年1月 9日 (火)

修論提出まで1ヶ月

なんだかんだで修論提出まで残り1ヶ月。
時間が足りない。
というより問題が解決してくれさえすれば足りなくもないんですが。
なぜかKerr時空にするとうまくいかなくなる。
Schwarzschild時空では磁力線もちゃんと赤道面対称になるが、Kerrだとなってくれない。
バグかと思ったがそうでもなさそう。
原因不明。
かなり追い詰められています。